こまだこまのロバの耳ブログ

旅行と生活。ときどき読書。だいたい酒。

おっぱいの持ち腐れ

わたしのおっぱいは腐ってるらしい

高校時代の友人がFacebookで三人目の妊娠を報告していた。

今まで子供が欲しいとさほど思ったことのない35歳独身の私は、すごいねーおめでとー!とコメントしたところ、

 

こまちゃんはうらやましいくらい独身生活を謳歌してるねー!

でかいおっぱいがあるのに宝の持ち腐れ(笑)

とコメントを返されて驚いた。

 

しかも、それにいいね!してる人がいる。

マジか。

 

ん?私のおっぱいは腐ってるのかい?

じゃあなにかい?

ついでに羊水も腐ってるってのかい?

 

って返したら間違いなく私がおかしい奴認定されてしまうので、適当なスタンプでコメントを終わらせた。 

 

きっと今彼女にとってはおっぱいは自分のものでも男のためのものでもなく、子供のためのものだってことなんだろう。

 

彼女に悪意がないのもわかるし(マウンティングではない…と思いたい)、

私もとくべつ傷ついたり腹を立てたりしているわけじゃないけど、

 

ここにこうやって書き込む程度にはモヤッとしているわけで、

まったく女っつーのはつくづくめんどくさい。

 

私はこれから子供を産む予定も産まない予定もないけども、

子供を産まないってことは、ある程度の年齢になるまでこういうことをあちこちで言われ続けるってことなんだろうな。

 

そしてある程度の年齢になればまた違った形でいろいろ言われるってことなんだろうなーーー。

 

いやわかってたけどさ。

 

あーマジめんどくせぇ。

 

周りの人たちに早く結婚しろ子供産めと言われて、そのたびに愛想笑いでのらりくらり交わすのも、

 

まるで私が悪いことをしているかのように言われるのも、

 

私がそう言われるのは当然のことで、言っている人には悪気がないどころかむしろ良かれと思って言ってるフシがあるのも全部めんどくせぇ。

 

もしも私が結婚して子供を産んだとしても今度は、やっとお前も人並みになったなおめでとう、って祝福されるんだろうか。

 

他人の幸せを決めたがるやからが多いのはほんとなんなんだろう。

 

自分の幸せを確認するためかなんか知らんけど、人を勝手に不幸にするのはやめてほしいものです。

 

 

最初はかしこぶって何か考察めいたことを書いてみようと思っていたのが徹頭徹尾ただのグチで終わってしまいました。

 

すみません。

 

現場からは以上です。

 

 


にほんブログ村