こまだこまのロバの耳ブログ

旅行と生活。ときどき読書。だいたい酒。

『カレーライス‼』

 わたしはなぜだか食べ物に関する本が好きだ。

 

 

というわけで、食べ物に関する本だけ、一冊ずつ感想を書いていこうと思います。

このアンソロジーシリーズは5冊あるようで、あとの4冊はビール、そば、餃子、おやつ、となってます。

 

カレーライスにだけ、!!をつけるあたり、カレーライスに対する思いの強さが感じられます。

確かに、日本人ならカレーライスについて誰もがひとつはエッセイを書けるんじゃないでしょうか。

 

 

33人の豪華な執筆陣が、それぞれのカレーライスについて語ってます。

戦中、戦後を生きた方たちの文には、カレーライスがいかに「ごちそう」であったかということや、「メリケン粉」、「中村屋のカレー」というワードがたびたび出てきて、カレーライスの歴史がしのばれます。

 

独自のカレーライスのレシピを紹介したり、カレーライスをめぐる周辺の人にまつわる話など、作家の切り口はさまざま。

 

 

そのなかでわたしが最も印象に残ったのが、

藤原新也さんの「アルプスの臨界現象カレー」です。

 

長野県駒ケ根市にあるカレー屋「アンシャンテ」を、藤原さんが初めて訪れたときのエピソード。

 

今まででインド滞在期間が延べおよそ6、7年におよぶという藤原さん。本場のカレーを相当数食べているので、よほどのカレーでないと旨いとは思わないのだが…

 

決して本場のカレーに似せようとしているわけではない。しかしそこにはある独自の個性を持ったまろやかで丁寧な底味が一品一品に染みこんでいるのである。そして満たされた食卓がいつもそうであるように、食が進むごとに世間の雑念雑事を忘れ、味覚三昧の小宇宙に浸っていく幸福感を覚えつつあった。

 

小宇宙……。

藤原さんの陶酔感が伝わってきます。

そして藤原さんの興味は、こんなに旨いカレーライスをつくる人がどんな人なのかというところへ向かいます。

はてさて、そのご主人とは?

 

これを読むと、俄然ここのカレーライスが食べてみたくなります。そして、わたしたち日本人が生きている時間とは……とかって、なんだか急に遠い目になったりします。カレーライスから哲学へ。

ここはおとりよせもできるらしいのですが、いつか実際にお店に行ってみたいところです。

 

 

 

それからもうひとつ。

吉本隆明さんの「即席カレーくらべ」。

 

自ら11種類のレトルトカレーを買ってきて食べ比べ、表をつくって批評する、ということをやっておられます。

吉本隆明さんと言えば、なんか難しいこと書いてる思想家、というイメージだったんですが、こんなブロガーのようなこともされていたとは。

 

一気に親近感がわいたのでした。

 

 


にほんブログ村