こまだこまのロバの耳ブログ

旅行と生活。ときどき読書。だいたい酒。

わたしと彼氏がケンカにならない理由

連休に、男女ペア4組(プラス子ども3人)で軽井沢の貸し別荘に泊まりました。

 

男はみんな大学時代の友人。

女はそれぞれの男のパートナー。

という8人。

夏の恒例の集まりらしいです。(いろいろあってわたしだけ初参加)

 

そして

4組中、

2組が不妊治療中。

2人がうつ。

 

なんか、時代だなぁ…、って感じです。

 

いろいろと話しているなかで、わたしたち以外のカップル3組はわりとケンカをしているという話を聞きました。

 

わたしは今の彼氏とつきあって10年くらい経ちますが、ケンカらしいケンカというものをしたことがありません。

 

 

なぜケンカにならないのか?

と聞かれたので考えてみました。 

 

 

①お互い基本的に機嫌がいい人間である。

 基本的に情緒が安定している二人だというのはやはり大きいです。

 

②こだわりがない。

 お互いいろんなことに対して、「これはこうでなければならない」というこだわりがほぼないので、いくらでも相手に譲歩することができます。

 

③悪いところを指摘されたらすぐあやまる。

 相手の指摘が正しいと思えばお互いすぐあやまります。

 そして指摘した方もしつこく怒らない。

 

④悪いところを指摘するときに、人格を否定するようなことを言わない。

 悪いところを指摘されたときに、人格を否定されたと受け取らない。

 相手に対して「人格を否定しない」というのは言わずもがな、何か指摘されたときに、それを「自分に対する攻撃」だと受け取らない、ということも大事です。

 ふたりのどちらかが、このどちらかをやってしまうと、それは「議論」ではなく、ただ相手に負けを認めさせるためだけの感情的な「ケンカ」に発展しがちです。

 

 

 

でもこれってすべて、男女間に限りません。

 

特に大事なのは④だと思います

ここがうまくいってないと、あとあと取り返しのつかないことになりかねません。

 

 

そういえばネット上でよく見るケンカってだいたい④のパターンじゃないですかね。

果てしないマウンティング合戦。

目の前の相手にさえ難しいことは、顔も名前もわからない人に対してはもっと難しいってことなんでしょうか。

 

 

まぁなんだかんだ結局は「おもいやり」の5文字ですむ話なんでしょうけども…。

 

Sleep

 

おこるってつかれますからね。

へいわにいきたいもんです。