こまだこまのロバの耳ブログ

旅行と生活。ときどき読書。だいたい酒。

セックスのときの「イク」は、世界的に見ると三つに大別されるという話

 

 セックスのとき「イク」って他の国ではなんて言ってるの?

セックスのときオーガズムにいたることを日本では「イク」と言ってますが、英語では「I'm coming」でcomeだから「クル」になる、というのはよく言われている話です。

(これに関する疑問はのちほど)

 

ていうか唐突かよ。

すみません。

こういう話はGoogle先生に怒られないか心配ですが続けます。

 

 

じゃあ他の言語ではどうなのか?と気になったので調べてみました。 

 

軽い気持ちで検索しはじめたものの、意外にもちゃんとした情報が載ってるサイトがない。

そのなかで、これはちゃんとしてるっぽいんじゃないか?と見つけたのがこちらのサイトです。

 

Improbable Research

マニアックな研究を集めている団体のようです。 

 

Behold, I am Coming Soon! A Study on the Conceptualization of Sexual Orgasm in 27 Languages

 そのうちのひとつがこちら。

「イク」は世界ではなんて言うのか、27の言語で調べた人がいるみたいです。ありがとうございます。

 

詳しくは、二つめにあげたサイトの表を見てみてください。

ここではざっくりとまとめてみます。

 

Sexy girl

  「come」派、「go」派、「end」派にわかれる

それぞれの言語で「イク」を英語に訳したとき、

ざっくり言うとcomegoendを使ったものの、三つに大別されるようです。

 

  

「come」派

ボスニア語

ノルウェー語

北京語(中国)

オランダ語

英語

フランス語

ドイツ語

ヒンディー語(インド)

インドネシア語

イタリア語

韓国語

リトアニア語

スペイン語

タイ語

トルコ語

 

 

大半が「I'm coming」と訳されるようですが、

 

ボスニア語と北京語は「I'm coming out」

インドネシアと韓国は「about to come」

フランス語とイタリア語は「I come」

タイ語は「power to come already」

 

となってます。

 

「come」を使っているという点では共通していますが、表現がそれぞれ微妙に違うようで。

でもその細かいニュアンスまではわたしにはいまいちよくわかりません……。

 

誰か教えてください!

 

 

「go」派

日本語

ポルトガル語

ホロ語(台湾?)

 

英訳はみんな「I'm going」でした。

 

 

「end」派

ロシア語

セデック語(台湾の先住民セデック族の言語)

タガログ語(フィリピン)

 

ロシア語は「I'm ending/finishing」

タガログ語は「(I'm)done」

セデック語は「I'm finishing/exiting」

 

となってます。

 

これまた細かいニュアンスの違いが……(以下略

日本の「イク」はマイノリティだった

細かいニュアンスの違いはともかく、世界的にに見ると圧倒的に「come」派が多いことがわかりました。

 

昔みうらじゅんさんが、

「日本は極楽浄土へ『イク』、欧米は神が迎えに『come』」

 

ってどこかで言っていたのを読んだ記憶があります。

日本と欧米の宗教観の違いが現れているのではないか、という考察でした。

ネットを見るかぎりでは、けっこうその説が浸透しているようです。

 

でもちょっと疑問に思ったのが、「I'm coming」って、「I'm」って言ってるから「移動」してるのは自分ですよね⁇

 

神は迎えにcomeしてない

 

でしょこれ。

 

 

「come」=来る

っていう単語の意味にひっぱられた解釈をしちゃったんだと思われます、みうらじゅんさん。

なんだか一見もっともらしい説明なので、納得しちゃいそうだし、してる人いっぱいいるみたいなんですけど。

 

世界「イク」「クル」分布図、なんてのもあるみたいですけど、

果たして「クル」という解釈で正しいのか?と。

 

 

とりあえず中学生のときに習ったことを思い出すと、

 

「go」は話し手目線。

「come」は話し相手目線。

 

とするとイメージ的には、

 

「go」はロケットが発射

「come」はロケットが月に到着

 

っていう感じでしょうか?

 

宗教観の違いじゃなくて、どの瞬間のことを言おうとしてるか、の違いなんだと思います。

 

 

f:id:komadakoma:20170831101013j:plain

 

 

そして、「end」派があったとは知りませんでした。

「終わる」って。

「終わる」っていう感覚はどちらかと言うと男性目線のような。

男性だけ終わっちゃう場合ありますよね……。

 

End

 

それから、国同士の距離は近くても、日本と中国や韓国では表現が違っていたり、

 

ポルトガルとスペインは、国同士の距離も近ければ言語も近いのに、違うっていうのも興味深いです。

しっくりくる表現を考えてみた

世界的には3パターンということですが、

自分はどんな表現がいちばんしっくりくるのか?

を改めてまじめに考えてみました。

 

 

とりあえず最初に彼氏に聞いてみることに。

ちょっと考えた末に彼が出した答えは、

 

 

「でちゃう」

 

英語で言うと……

 

「サムシングイズカミングアウト」

 

かな。

ってなぜかどや顔で言われました。

 

ハァ? 

いや、サムシングっていうかあんた………… 

 

 

まぁいいでしょう。

わたしも考えてみます。

・・・

・・・

・・・・・・

 

 

 

https://stat.ameba.jp/user_images/20160116/23/sapatugi/fd/e6/j/o0220021913542581260.jpg

 

ですかね?

 

ですかね?って言われても困りますよね。

 

 

 

 

あなたが一番しっくりくる表現はなんですか? 

 

 

 

こちらもあわせてどうぞ。

 

www.komadakoma.com

 

 


にほんブログ村