こまだこまのロバの耳ブログ

旅行と生活。ときどき読書。だいたい酒。

『ダンケルク』のジャック・ロウデンがやばい

「ダンケルク」を観た

2017年9月9日公開の映画、『ダンケルク』を観てきました。

 

f:id:komadakoma:20170910230010j:plain

いままでに観たことのないタイプの戦争映画で、

CGを使わず撮影された映像、少ないからこそなおさら印象に残るいくつかのセリフ、

俳優たちのとてもこまやかな演技、淡々とした描き方など、

 

静かなおもしろさのある映画でした。

 

で。

 

これ以上の映画評はとてもわたしには書けないので他のひとにお任せするとして。

 

 

ジャック・ロウデンですよ!!

 

問題は。

 

イギリス空軍のパイロット、コリンズを演じた

ジャック・ロウデン

という俳優さん。

 

わたしは彼をこの作品で初めて知ったんですが、日本ではまだあまり知られていない俳優さんのようです。

 

近いうちにジャック・ロウデンブームが来るのではあるまいか(ネタバレ警察は読まないでください)

パイロット役のジャック・ロウデンは、映画の3分の2ほどはコクピットにいるシーンなので、マスクをしていて、顔があまりちゃんと見えません。

 

その段階ですでに、ん?これはもしかして………と思っていました。

 

 

映画の後半、不時着したところを民間船に助けられて初めて、その顔がしっかり見えます。

 

 

 

だよねーーーーーー!!!

わたしもそう思ってた!!!

 

 

サイモン・ペグはこちら。

f:id:komadakoma:20170910200525j:plain

 

 

もいっちょ。

f:id:komadakoma:20170910200656j:plain

う~ん、すてき。

www.komadakoma.com

以前もこの記事でふれましたが、サイモン・ペグ好きです。

愛嬌があってカッコかわいいオジサン。

 

ハンサム化したサイモン・ペグって言うのはすごくよくわかりますが、

サイモン・ペグの愛くるしいお顔も大好きですよ!

 

 

同じようなツイートはいくつか見かけました。

同じことを思いながら映画を観てた人がけっこういたんだなぁと思うと、なんだかうれしいです。

 

 

演技もかっこよければ顔も美しいジャック・ロウデンについて、調べてみました。

 

  • 1990年6月2日生まれ(2017年現在、なんとまだ27歳!)
  • イングランド生まれ、スコットランド育ち
  • 身長181cm
  • 映画の出演は『ダンケルク』が6作目
  • 映画『否定と肯定』が、日本では2017年12月8日公開予定

 

少なくとも日本語サイトにはまだあまり多くの情報はないようです。

 

 

27歳であの落ち着いた感じ、渋いたたずまいはすごいです。

というかもうただのイケメン。

 

 下から見てもイケメン。

 

『ダンケルク』が終わるころには、ジャック・ロウデンのファンが大増殖しているものと思われます……。 

 

 

そして3か月後にはもう彼の出演作が観られるので楽しみです!!! 

 

……と、この記事を書いてからわずか1週間、かなりのアクセスがありました。

間違いなくきてますねジャック・ロウデン!!!