こまだこまのロバの耳ブログ

旅行と生活。ときどき読書。だいたい酒。

『フィリピンパブ嬢の社会学』フィリピンパブ嬢と結婚するということ

 体をはってフィリピンパブの実態を見せてくれた筆者

f:id:komadakoma:20171205125851j:plain
f:id:komadakoma:20171205125925j:plain

紀伊国屋書店ではまだ平積みにされてたので、けっこう売れてるみたいですね。

タイトルには「社会学」とありますが社会学と言えるほどの考察はなく、最初から最後まで筆者の体験談です。

 

当時大学院生だった筆者はフィリピンパブの研究をしていて、その調査のために訪れたフィリピンパブのホステスに恋をしてしまいます。

先生、友人、親、みんなに反対され、ホステスの雇い主のヤクザのところへ乗り込むなど紆余曲折をへて結婚するまでの話が書かれていて、実体験ならではのリアルな話が盛りだくさんで、読み物としてはとてもおもしろかったです。

 

www.komadakoma.com

 以前書いたこの記事で、フィリピンパブ嬢にハマって結婚しフィリピンに移住した結果、全財産をむしりとられて「困窮邦人」となってしまった人たちを取材した本を紹介しましたが、この本と合わせて読むとまた「うーん……」となるのでおすすめです。

フィリピンパブ嬢と日本人、どちらが奴隷のような生活か

そもそもフィリピンパブ嬢はどのようにして日本に来るのか?というと、

「興行ビザ」が規制されてしまった現在は、偽装結婚が主なようです。

それを斡旋するのはもちろんヤクザ。

 

筆者の妻となるミカちゃんも、偽装結婚で来日しています。

給料は月6万円、休みは月2日、しばらくは入管対策のため偽装結婚相手と同居、その後はゴキブリがうじゃうじゃいるボロアパートで他のフィリピン人ホステスと同居、外出はほぼ店と家の往復しか認められておらず、ヤクザの監視つき。

売上ノルマが達成できないと、この少ない給料のなかからペナルティとして罰金をとられるので、客がつかないと逆に借金ができる。

 

とここだけ聞くと「奴隷同然」と思いますが、

 

1年のうち2週間の長期休暇が里帰りのために認められている、給料は1年ごとに1万円ずつあがる、客に気に入られればチップがもらえる、がんばればドリンクバックだけで月5万円ほどにはなる、契約期間は3年で、契約が終わると給料は通常のホステスと同じに戻るので、月30万~40万以上稼ぐことも可能。

 

と聞くと、

3年耐えれば「一発逆転」とも思えます。

 

実際のところ、トイレはバケツ、大も小もいっしょくたにして裏の山に流していた、というような貧しい生活から一転、

ミカちゃんと、先に来日していた姉のメイちゃんの送金によって、今や一家は高級住宅街に家を建てメイドまで雇ってるわけですから。

 

こうなると、「貧しさゆえに来日せざるをえずヤクザに搾取されるかわいそうなフィリピンパブ嬢」どころか、日本のブラック企業で働く人たちのほうがよほど搾取されているし奴隷のようじゃないか?と思えてきます。

そこで3年耐えたとしても「一発逆転」もないわけですし。

 

筆者が、ミカちゃんの雇い主のヤクザの人と話をしにいくシーンがあるんですが、意外と?ヤクザの人はまともなことを言っていて、ますますそう思ってしまいました。

とは言え偽装結婚は違法ですけどね。

「一発逆転」のあと

money

姉妹の送金によってフィリピンで裕福な暮らしを送る一家ですが、浪費以外のお金の使い方を知りません。

そして相変わらず日本は裕福な国で、お金は湯水のように湧いてくるものだと思っているので、姉妹に対して親戚中から金の無心が続きます。

そして「フィリピン人は家族を大事にする」というイメージ通り、姉妹は惜しげもなく金をばらまきます。

 

 あー、こんな感じで「困窮邦人」もできあがっていくんだろうなぁ……と感じるくだりです。 

 

本文は、二人が結婚して

「僕たちの今の夢は、いつかフィリピンで結婚式を挙げることだ」

というところで終わっていますが、続きが気になる……。

 

と思ったらありました、続き。

フィリピンパブ嬢のヒモだった僕が結婚し「送金地獄」にハマるまで(中島 弘象) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

 

なんというか……おそらくおおかたの人が予想したであろう通りの事態になられているようです。

これから彼ら夫婦やそれぞれの家族はどうなっていくんでしょうか。