月の土地と、日本中のTSUTAYAはわたしの倉庫であるということ

 

月の土地」は誰でも買えるらしいです。2700円で。(約1200坪)

月の土地|ルナエンバシージャパン
月の土地を販売している、米ルナエンバシー社の日本代理店公式サイトです。「月の土地は」第3期分譲中。ご自分で「月」を楽しみたい方や、誕生日や結婚祝いのサプライズプレゼントに。地球圏外不動産はルナエンバシーへ。

どういうことかというと、

世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した宇宙条約しかなく、
この宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかった

この盲点を突いて合法的に月を販売しようと考えたアメリカ人のデニス・ホープ氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立てを行ったところ、正式にこの申し立ては受理されました。

だそうです。

購入すると、土地の権利書が送られてくるようです。 

 

ここを読んだだけでもかなり疑問がわいてくるんですが、法的なことはわたしにはよくわからないのでとりあえず置いといて。

 

 

これ、実際に購入している人がけっこういるってことに驚きました。

上記のホームページにも、購入者の声として「大切な人へのプレゼントへ」とか「とてもロマンチックなアイディア」とかって書いてあります。

マジっすか。

 

だって、これを購入するってことは、デニス・ホープ氏とやらが月の持ち主だってことを認めることになりますよね。

そんなばかな。

月が誰かひとりのものだなんてーーー!⁉

そんな考え方が「ロマンチック」⁇

  

それでもやっぱり「所有したい」と考える人たちは多くいるってことなんでしょうねー。

 

 

わたし個人としては、2700円を払って「月のあの部分がわたしのもの」とか思ってながめるより、

ただ月は月としてながめているほうがよっぽどゆたかな気持ちでいられると思うんですが……

 

 

たとえば、DVDを一枚も所有していなくても、日本中のTSUTAYAぜんぶが自分の倉庫だとかんがえたら、なんとなく心がひろびろとするというか、ゆたかな気持になれるのと似て……ませんかね。

 

 

「所有しないことでゆたかになる」……

ってべつにわたしはミニマリストでもなんでもないですけどね。

 


にほんブログ村

スポンサーリンク
本を読んで考えた
スポンサーリンク
気になったらぽちっと
こまだこまをフォローする
こまだこまのロバの耳ブログ

コメント