『一汁一菜でよいという提案』 シンプルにすれば見えてくるもの

食べ物に関する本の話
スポンサーリンク

『一汁一菜でよいという提案』に救われる

 料理番組でのやわらかい語り口でおなじみの、土井善晴さんの本。

f:id:komadakoma:20170912163033j:plain

 一汁一菜とは、ただの「和食献立のすすめ」ではありません。一汁一菜という「システム」であり、「思想」であり、「美学」であり、日本人としての「生き方」だと思います。   

 

 

おお、なんだかいきなり話がでかいですが…。

はじまりからおわりまで、「ご飯を食べることと作ること、そして日々を生きること」に対する土井さんの愛と哲学にあふれている本です。

 

本の帯にもあるように、

大切なことは、一日一日、自分自身の心の置き場、心地よい場所に帰ってくる暮らしのリズムをつくること。

 

そのためには、なにも豪華な料理をつくらなくてもいい。

「ご飯、お味噌汁、漬物」

基本、それだけでじゅうぶん。

 

お味噌汁を具だくさんにすれば、おかずを兼ねることもできる。

疲れているのに無理して、栄養バランスだなんだと難しいことを考えて料理がストレスになってしまうより、一汁一菜という型に、一回初期化してみよう。

 

そこからはじめよう。

ということが、ひたすら書かれています。

 

外食ばっかじゃアレだし、でも疲れて料理する気も起きないし…でもちゃんとしたもの食べたいし……って考えてる人はたくさんいると思うので、わたしも含めて、そういう人たちにうってつけの本だと思います。

 

まいどまいど献立かんがえて、クックパッド見ながら料理つくるのもしんどいですしね。

 

お味噌汁は万能食

この本には土井さんが実際にふだんつくって食べている具だくさんのお味噌汁の写真も、たくさん載っています。

f:id:komadakoma:20170721211014j:plain

これがまたなんともフォトジェニック

具はほんとうになんでもアリで、トマト、きゅうり、ウィンナー……などなど、とにかくおいしそう!

 

お味噌汁ってこんなに自由な食べ物だったのか!

 

と、目からウロコです。

そういえば卵っていれたことないなぁ。

今度やってみよう。

 

これぐらいしっかり具をいれれば、汁ものでありながら、実際じゅうぶんに「おかず」として機能しますよね。

逆に、しっかりめのおかずを作ったときは、お味噌汁の具はひかえめにしてバランスをとる。

 

そのときどきに合わせて、「適当」にやっていけばいいんだよ。

 

というやさしくも実践的な提案です。

 

 

そしてこの本を読んで驚いたのが、そもそもの味噌のすごさ。

味噌の中では、食中毒などを引き起こす細菌はほとんど生きられないそうです。

生きられるのは、人間の健康にもいい乳酸菌(有用菌)などだけで、

歴史上、味噌にかかわる食中毒の報告例は一件もないんだとか。

 

やっぱり発酵食品はすごい。 

 

そして、おいしくて体にも良くて簡単につくれるお味噌汁って万能食!!

とあらためて気づきました。

 

 

一汁一菜という型を通して考える、日本人の暮らしと生き方。

哲学書とも言える一冊でした。

 

 

 

www.komadakoma.com

 発酵に興味のある方はこちらの記事もどうぞ。野生酵母ってなんぞや。

 

www.komadakoma.com

こちらは発酵学者・小泉武夫先生の本の紹介です。

 

                


にほんブログ村

スポンサーリンク
食べ物に関する本の話
スポンサーリンク
気になったらぽちっと
こまだこまをフォローする
こまだこまのロバの耳ブログ

コメント

  1. Nagi1995 より:

    味噌の中では、食中毒などを引き起こす。
    最近はほとんど生きられないそうです。
    …昔の人は強かったから、生きられたのでせうねえ。味噌の中でもねえ。

  2. komadakoma より:

    あっ
    ご指摘ありがとうございます!笑