「風邪でも、絶対に休めないあなたへ。」に「風邪をうつされると迷惑だから休め」とつっこむ人はどんな人か

つぶやくにしては長い話
スポンサーリンク
スポンサーリンク

喫煙者も風邪をひいている人もただの「迷惑な人」なのか

先日ツイッターでこんなのが流れてきて驚いた。

わたしはこの広告自体は通勤途中の電車のなかで見たのだが、そのときに思ったのは

「いやいや、休ませてくれよ……」だった。

体調がいちじるしくすぐれないときは休む。休ませる。それがふつーじゃん…と。

以前の職場で40度近い熱があるにもかかわらず出勤させられて本当につらかったことが思い出され、こんな広告やめてくれよ、と思ったのを覚えている。

そしてこのツイートにわたしが驚いたのは、「風邪をうつされたら迷惑だから休め」というその視点だ。

あくまで「わたし」の、「わたしたち」の迷惑になるから休め。

心配しているのは風邪をひいている人でも、風邪をひいた人が休めないような状況でもない。何より自分の健康が損なわれるリスクを一番に考えている、その視点に驚いた。

しばらくして、あ、この感じはあれと同じだ、と気がついた。

www.komadakoma.com

この記事でふれた、禁煙ファシズムの人と同じだ。

「身体の私的所有」という感覚。

彼らにとって自分の身体は共同体から切り離されたもので、

「完全に自分だけの領土であり資本である自分の身体が他人によって『損なわれる』ことは許せないことだし、あってはならないことだ」

と考えている。

だから、受動喫煙も風邪の人が自分の近くにいるのも許せない。

自分が健康被害という「損」をするかもしれないから。

彼らは、べつの場面においては、自分が喫煙者であったり風邪をひいている側の立場に立つことだってある、ということを想定しない。

そんな想定をしていたら、相手に対してそうそう厳しいことは言えないはずだ。だってそれってブーメランだから。

スポンサーリンク

自分の身体は自分だけのもの、という考え方は誰もしあわせにしない

自分の身体を共同体から切り離して、100%自分だけのものだから、自分の思い通りになってしかるべきだという考え方は、誰もしあわせにしない。

そもそもそんなことは物理的に無理なのだし、その無理を通そうとすると他人を拒絶したり、場合によっては攻撃的にまでなったりする。

そしてそういう人たちが増えると他人に対して不寛容な社会になって、それは結局、「自分の身体は自分だけのもの」だと考えているその人自身をも苦しめることになる。

不寛容という名の大きなブーメラン。

つまるところ、彼らが拒絶したり攻撃したりしようとしているのは自分自身ということになるわけで……。

なんか悲しいですね。

……それにしても、このツイートは内田樹さんがリツイートしていたのだけど、どういうことなんだろう。この方けっこう妙なのをリツイートされますよねー。

この本は何年前に読んだのだったか。いいタイトル。

コメント

  1. 匿名 より:

    全体を通して言いたい事は分かる。
    ただ、私はいわゆる風邪引いてるなら来るな、休め派だし、公共の場で煙草をプカプカさせられて煙を吸うとキレそうに腹が立つタチである。

    その上で、この視点を持った人に対する捉えられ方が、根本的にここまで軸ズレして捉えられるのか。と言う事に、逆にさらに驚かされた。
    同時に、こんなことですらここまで違う捉え方、感じ方をする人々同士が理解し合うなんて事は猶更、不可能に近いとも感じさせられた。

    ただ同時にこれは、ネット等の短い文面だけでは伝わり切らない、文章としての限界。
    あるいは、昨今よく見られるネット上での煽り合いである、何でも0か1か、構造としてだけ捉えた極論の言い合いに終始してしまい、程度のバランス感を鑑みた話になっていない事による不毛さ。
    と言う物を感じる。

    以下インラインで違和感を感じたことにコメントしてみたい。

    >「いやいや、休ませてくれよ……」だった。
    いや、あなたの意思を以て休みなさいよ。
    自分にも高熱でも出なければならず強制労働させられた過去はあるから、気持ちは分かる。

    でも、そもそも有休があるなら遠慮なく休めばいい。
    それこそ、休めないと勝手に思っているのはブログ主なのでは。

    有休に対して制限があるのは時季変更権だけ。
    上司や周りの気分や管理力不足で休む休まないを決める様なら立派な労基法違反。

    休む、”休ませる”
    と言ってる所に感じる他力本願。

    休みなさいと言って貰える事をデフォルトで望んでやしませんか。私にはそれは甘えに感じます。

    >「風邪をうつされたら迷惑だから休め」というその視点
    何かこう、十把一絡げに、あなたがファシズム認定する人たちに対して
    俺様に風邪を移すとは何事だ、ふざけるな。死ね。と言っている様な人間像をイメージで当て嵌めて考えていませんか。

    まあ、確かにそういう考えで見てる愚か者もいるかとは思いますが、もっと話はシンプルなんですよ。

    まず100回くらい頭の中で考えた上で、単刀直入に言います。

    風邪をうつされたらやっぱり迷惑なので、休んで下さい。
    (一応、私はよっぽど重要な日でない限り、風邪を引いたら小さなものでも休みます。)

    これは、赤の他人になんで風邪を移されなければならないのか?と言う気持ちも確かにあります。勘弁してくれよ、と。

    ですが同時に、あなた1人が無理して出社して周囲に風邪をまき散らし、10人が1日ずつ休めば10人日のコストになる。

    風邪を引いてる人は、それは心配ですよ、そんなのは人として普通の感覚。
    ですが、その明らかに風邪で咳をし続けている1人が出社してくる事で10人をダウンさせたらその10人はどうでも良いんですか?

    チーム戦をしている様なプロジェクトではこういうのは致命的です。

    小さな風邪程度でピーピー言ってるのはアレですが、これがインフルエンザや重篤な症状を引き起こす感染症でも同じ事が言えますか。

    また、真に心配すべきは風邪を引いた人が休めない様な状況。
    これに関しては正にその通りだと思います。

    本当にまず正さねばいけないのは、ここでしょう。そうすれば、こんな不毛な議論は起こらないのだから。

    それでも尚、いや、有休あるならそれで休め。なんですけどね。
    有休が持つ権利の強さを全く理解していない国民性にも問題がある気がします。

    だからこそ、言うんですよ。

    風邪を引いたら休め、と。

    言い方は大事でしょう、ですが言ったら言ったで、この様に排他だファシズムだと曲解して受け取られる。

    風邪の人が休めない状況を憂いながら、休んで下さいと言う意見に対しては、迷惑だと言われた事に違和感。と。

    ご自身の発言と受け取り方に矛盾がある様に見えるのは私だけでしょうか。

    まあ、重篤な風邪なら有休なんてあってもなくても休ませてあげられるような雰囲気や制度があればもっと良いのですがね。

    ただそうすると、その制度を悪用してズル休みする者が必ず出て来る。
    だから安易にそういう事は出来ないと言う側面もあります。

    >「身体の私的所有」という感覚。
    コレも2時間くらい考えた上で言いますね。
    いや、私の身体は、まず私の物ですよ。少なくとも、一度もお会いした事が無いあなたの物などでは、断じてありません。

    もちろん、色々な人のお陰で維持できている自分の身体であり人生です。

    恩返し出来る様に働いて、そして守るべき大事な妻の為に身体を張る。

    だから私の身体は私だけの物では確かにない。

    ですがそれと、ろくに付き合いも無い他人から、共同体なので、なんて言葉を免罪符に
    身体が動けなくなる病原菌をまき散らされる事も、有害な煙草の煙を吸い込まされる事も、私だけの身体では無いのだからOK.
    とはなりません。

    すべきことや守りたい人がいるからこそ、”明らかに有害”である物を平然とまき散らしてくる人に対して、害であり迷惑だからやめてくれ。
    と訴えているんです。言わないと、伝わらないからですよ。

    これら全て、俺が何となく気に入らないからダメと言っているのではなく
    風邪も煙草も、分かり易く明らかに害であるからこそ、近くに来るなと言っているんです。

    >彼らは、べつの場面においては、自分が喫煙者であったり風邪をひいている側の立場に立つことだってある、ということを想定しない。
    なんとなくお前の顔が気に入らないとか、趣味がキモいから近くにいるな、なんていうのは明らかな差別行為でしょう。

    けれど、そういう事全てと一緒くたにしていませんか?
    自分にも加害者になる可能性は在り得るからブーメラン。

    言いたい事は分かりますが、これが冒頭で言った、程度の問題です。

    例えば私が髪の手入れが不十分で、後の髪が常にハネていたとする。
    これが気に入らなくて不愉快だと感じて仕方ない同僚がいて、このハネを見て髪位整えろや!と毎日イライラしていたとする。

    だから、知らず知らず同僚を不快にさせ続けていたから、私は加害者でありブーメランなんでしょうか。

    もし共同体だからこそ、目の前で咳をされるのも、隣で延々煙を吸わされるのも許されるのなら

    何か気に入らないからストレス発散の為にイジメるのも、酒に酔ってベタベタ身体触ってセクハラされるのも、共同体なんでお互いさま。
    って事になりますよ。

    それは迷惑行為だからダメ?
    ですよね、だったら風邪まき散らすのも有害な煙を撒き散らすのも、立派に加害行為だから止めて頂きたい。

    結局、自称フェミニストに多くみられるような、自分に都合の悪い事はダメで、気にならない事なら言い方がアレだからってだけで排他やファシズムと認識してしまう受け取り方にも、大きな問題があるんじゃないでしょうかね。

    総論として
    何か意見を主張しようとする時には
    ・前後関係などのコンテキスト
    ・構造だけで二極論化しないよう、程度の問題を明確にする
    ・無意識に反発をうむことが無い様な、伝わり易く気の利いた言い方

    これらが重要だと思っています。
    でないからこそ、このような記事が出て来るのでしょうから。

    政治家の失言を見ていても、言ってる内容そのものを見ず、言い方ひとつで過剰反応するメディアがなんて多い事か。

    真に学ぶべきは、政治手法でも社会原則でもなく、まず、国語なんじゃないですかね。

    • こまだこまこまだこま より:

      コメントありがとうございます。
      全体的にわたしの国語力が足りずお恥ずかしい限りです。

タイトルとURLをコピーしました