お酒のまわりの話

お酒のまわりの話

バーで一人飲みする女におじさんが言ってはいけない一言

 「どんな感じのが好きなの?」 わたしは酒好き話し好きなので、たまにひとりでバーに行きます。 ひとりは何かと気楽だし、解放感があって、いまこの時間だけは完全な自由、って感じがあって満たされます。   『孤独のグルメ』の井之頭五郎のセリフ ...
お酒のまわりの話

電車内でゲロを吐く人が多すぎる件について

 電車内で吐くということに抵抗感はないのか? 先週から今週にかけて、深夜0時台の電車に何回か乗ったのだが、車内で嘔吐している人を3回連続で見た。 1回目は、電車がとまり扉があくと、座っているわたしの目の前に立った人だった。 わたしがスマ...
ヨーロッパ60日間旅行記

㉓オランダ編・アムステルダムでジンの元祖、ジュネヴァの正しい飲み方を知る

オランダ生まれのジュネヴァを飲みに行ってみる 「オランダで生まれ、イギリスで洗練され、アメリカで栄光を与えられた」 と言われているジンですが。 そのジンの元となったのが、オランダで生まれたジュネヴァです。 わたしたちがふだんジン・トニ...
ウィスキー

キヌアウィスキーを飲んでみた。エンターテインメントとしてのバー。

先日、ふらりと入ったバーでおもしろいウィスキーを飲んだので紹介したいと思います。  キヌアで作ったウィスキー? たまたま入った小さなバーに、なんと600種類ものウィスキーが置いてあるってことでテンションあがりました。   そしてそのなかで、...
国内旅行

宮古島のリゾートバイトは行って良かった!そのまま移住しちゃう人が多いのもうなずける。

ちょっと前にこんな記事を書きました。 www.komadakoma.com ポスターは街なかのいたるところに貼られているので、気になってる方もいたみたいですね。 まぁでもググるほどじゃないけど。っていう。   今日はそんなシリーズ第2弾とい...
ヨーロッパ60日間旅行記

ヨーロッパ60日間旅行記㉒ベルギー編、ゲントでじーちゃんとはしご酒。

アントウェルペン、ブリュージュに続いて、次はゲントに行きます。 ベルギーは国土が小さいので、近郊の街へ気軽に足がのばせて本当に便利! そして魅力的な街が多い! いろんな国に行ってつくづく思いますが、首都よりも地方都市の方が楽しいです。当たり...
ヨーロッパ60日間旅行記

⑮ドイツ編・ミュンヘンでビールとソーセージざんまい(3/2~3/7)

ミュンヘンで何杯飲めるか ウィーンからバスでミュンヘンへ。 6時間長い…と思ってましたが、朝早かったのでぐうぐう寝てる間に到着。 早朝出発なのでちょっと料金安め?19ユーロ(2280円) ミュンヘンでは本当にひたすらビールを飲んでばか...
お酒のまわりの話

祝福のビール

今週のお題「晴れたらやりたいこと」 日本人の多くが、「こんな昼間っから飲むなんて」とか言ってるのって、いざ自分が酒を昼間っから飲むときに、ああ、私はいまイケナイことをしている…という背徳感を味わいたいからなんじゃないかと思うのです。 背徳感...
ウィスキー

三冷ハイボールより三冷ホッピーを推したい

三冷ハイボールは飲むタイミングが大事 こないだほろ酔いでふらりとバーに入って、とりあえず何かマスターのおすすめでハイボールください。と注文したら、何も言わずいわゆる三冷ハイボールというやつが出てきた。ウイスキーは角。   三冷ハイボールとい...
お酒のまわりの話

やってはいけない家飲み

今週のお題「家飲み」 昨日もやってはいけない家飲みをやってしまった。外で飲んだ帰りにコンビニで缶チューハイとポテトチップスを買って、家飲み。 居酒屋でビールと日本酒を飲みながらおいしい肴をつまみ、バーでウィスキーとカクテルを飲んだのだから、...
スポンサーリンク