お題シリーズ

つぶやくにしては長い話

わたしの部屋にはわたしの選んだものしかなくてつまらなかった

一人で暮らす、ということ 一人で暮らす。 それは、部屋が「わたし」で充満する、ということだ。   鳥取の山奥からのこのこ東京へ出てきて、はじめて一人で暮らしてみてしばらくしてそのことに気がついた。 まだ友達と呼べる人も彼氏もいないわたしの部...
国内旅行

モロッコのマラケシュのすみっこで愛を叫んだら命拾いした話

今週のお題「ちょっとコワい話」   マラケシュのすみっこで愛を叫ぶ むかーしむかしもう10年も前、わたしのお肌にまだシミもシワもなかった頃、モロッコのマラケシュという町でコワい目にあった。   マラケシュには、一人で行った。   広場に大勢...
お題シリーズ

初心者だからできること

わたしたちに寿命というものがある以上、 「期限なんてない」 は嘘だ。「自分の期限について他人にとやかく言われても知ったこっちゃない」とは思うけれども。 わたしたちはみんな老いてゆくのは初めてで、初めてだからどうしていいのかわからずに戸惑うの...
お題シリーズ

高校球児以前、高校球児以後。

  今週のお題「私の『夏うた』」   この曲はいまや、世に出たときとはまったく違う情景を想起させる曲になっている。     かつて「かっこいいお兄さん」として憧れのまなざしで見ていた高校球児が、いつのまにか「年下の男の子」になっていると気づ...
お題シリーズ

えんぴつを転がすサルとの戦い

今週のお題「テスト」 モンキーダーツ(またはモンキーポートフォリオ)って知ってますか? わたしは最近知りました。   投資の用語で、ようはプロの投資家が選んだ株と、サルがダーツを投げて決めた株で結果に大差はないってことらしいです(あるいはサ...
お題シリーズ

不完全な、魔法使いのわたしたち

今週のお題「もしも魔法が使えたら」   進歩したテクノロジーはもはや魔法で、100年前を生きる人たちからしたらわたしたちは魔法使いだ。 東京の家から一歩も出ずに、アメリカに住んでいる友人といつでも顔を見ながら話せるし、フランス国立図書館の資...
お題シリーズ

奇跡の謎など解けないよ

お題「雨の日に聴きたい曲」 雨の日に聴きたい曲というわけではないけれど、雨の曲を考えていたら最初に思いついたのが、「ロマンティックあげるよ」でした。 そう、ドラゴンボールのエンディング曲です。 ドラゴンボール 「ロマンティックあげるよ」  ...
お酒のまわりの話

祝福のビール

今週のお題「晴れたらやりたいこと」 日本人の多くが、「こんな昼間っから飲むなんて」とか言ってるのって、いざ自分が酒を昼間っから飲むときに、ああ、私はいまイケナイことをしている…という背徳感を味わいたいからなんじゃないかと思うのです。 背徳感...
お酒のまわりの話

やってはいけない家飲み

今週のお題「家飲み」 昨日もやってはいけない家飲みをやってしまった。外で飲んだ帰りにコンビニで缶チューハイとポテトチップスを買って、家飲み。 居酒屋でビールと日本酒を飲みながらおいしい肴をつまみ、バーでウィスキーとカクテルを飲んだのだから、...
お題シリーズ

すべての山に登れ(できれば登りたくない山もある)

お題「自分を励ます言葉」 くら~~~~いむえ~~~~ぶりまうんて~~~~~~~ん♪ の出だしでおなじみ(?)の歌。   映画『サウンドオブミュージック』の中で歌われる「Climb every mountain」。 確か中学生のときに、音楽の...
スポンサーリンク