こまだこまのロバの耳ブログ

旅行と競艇。ときどき読書。だいたい酒。

バーで一人飲みする女におじさんが言ってはいけない一言

 「どんな感じのが好きなの?」

わたしは酒好き話し好きなので、たまにひとりでバーに行きます。

ひとりは何かと気楽だし、解放感があって、いまこの時間だけは完全な自由、って感じがあって満たされます。

 

『孤独のグルメ』の井之頭五郎のセリフ

モノを食べるときはね
誰にも邪魔されず
自由で なんというか
救われてなきゃあダメなんだ
独りで静かで豊かで……

  っていうこの感じです。

 

パイプのけむり

(記事内の写真はすべて宇都宮の「パイプのけむり」)

 

こないだも職場の近くでちょっと良さげなショットバーを見つけたので入ってみました。

そこはジャパニーズウイスキーが多くそろっているお店で、値段も手ごろそうでとりあえずひと安心。

カウンターに座ってバックバーを眺めながら、一杯目は何を頼もうか……と真剣に考えていると、近くに座っていた常連と思しきおじさんが話しかけてきました。

 

「どんな感じのが好きなの?」

 

……出た。

うるせぇ。

と心の中で思いながらわたしは自分でも気づかないうちにそのおじさんを無視してしまいました。

ということに、ちょっとしてから気づきました。

おじさんは若干機嫌を損ねたように見えました。(知らんがな)

 

バーでこういう話しかけ方をするおじさんにわたしはわりと遭遇してしまうんですが、女性のみなさんいかがでしょうか。

おじさんもこういう声のかけ方してませんか。

どんな感じのが好きかはマスターに言います

わたしは初めて入るバーで一杯目を注文するときに、かなり悩むほうです。

行きつけのバーなら、置いてあるお酒がだいたいわかっているのでそんなに悩むこともないんですが。

 

それを自覚しているので、店に入る前にある程度の方向性を決めようと思うのですが、店に入って珍しいウイスキーがあったり、旬の果物を使ったおいしそうなカクテルがあったりするとすぐに心が動かされるので、事前にプランを決めるのは無理だ、ということがわかりました。

なので席に着いてから一杯目を注文するまでは、わたしの頭のなかはとても忙しいです。

 

f:id:komadakoma:20180411151702j:plain

バックバーやメニューを熟読しながら、いま自分はあとどれくらい飲めそうだろうか、仮に三杯くらいだとしてその三杯をどう組み立てるか、〆の一杯にはアイラ系のウイスキーで終わるかそれとも甘めのカクテルを持ってくるか、……それによって一杯目になにを飲むかが変わってくる……

この店は珍しいウイスキーが多く置いてあるからカクテルはやめてウイスキーだけで組み立てるか……イチローズモルトの飲んだことないやつあるけどいくらかな…高いだろうな……とりあえず何か軽めのものでハイボールからはじめるか……

 

などと、とにかく真剣に、少なくとも三手先くらいまで頭をフル回転で考えているわけです。

そこへ急に知らないおじさんに

「どんな感じのが好きなの?」

って。

 

その言い方と態度には、

「バーにひとりで入ってみたもののお酒のことはよくわからないから何を注文していいかわからない女」に俺が教えてあげよう。

という気配がありありと感じられて、しかもわたしのことをそう決めつけたのは単にわたしが「年下の女」だから、というおそらくただそれだけのことで、その思考回路にイラッとします。

タメ口で道を聞いてきて、教えてあげると礼も言わずに立ち去るおじさんがたまにいますが、それと同じ種類のおじさんだと思われます。

 

f:id:komadakoma:20180411151938j:plain

ていうか仮におじさんのお酒の知識がすごくても、わたしが何も知らなくても、わたしはマスターに聞きたいし、「年下の女」だというだけで初手からこちらを下に見たような態度で声をかけてくるおじさんの話を聞く気にはなれません。

どんな感じのが好きかはマスターに言います。

そしてマスターという酒のプロの前で、俺が教えてあげようなんてよくそんな態度とれるな。恥ずかしいやつめ。とも思います。

 

ここでもう一度井之頭五郎の名言。

モノを食べるときはね
誰にも邪魔されず
自由で なんというか
救われてなきゃあダメなんだ
独りで静かで豊かで……

五郎さんにだったら話しかけられたいけど、五郎さんはむやみに知らない人には話しかけないような気もします(特にマンガの方の五郎は。)

わたしは初対面でも感じのいい人とならいくらでも話したいし、話しかけられることにも全く抵抗はありません。

むしろそれが一人で酒を飲むときの楽しみのひとつでもあります。

 

おじさん、とりあえず「どんな感じのが好きなの?」という質問は、あるていど親しくなってからの時のためにとっておいてください。

鳥取は、水木しげるだけではない。