こまだこまのロバの耳ブログ

旅行と競艇。ときどき読書。だいたい酒。

【旅打ち競艇@三国】ボートレース三国で競艇場グルメ福井のソースカツ丼

 

三国競艇場で旅打ち

三国競艇場1号館の入り口
競艇をはじめてまだ2年そこらの初心者、ゆるーく24場制覇を目指して。

記念すべきブログ記事一発目は、福井の三国競艇場です!

 

三国競艇場の春・夏は、モーニングという朝早くからはじまるレースが多いんですね。

この日(2018.7.15)の第1レースの投票締め切りは8時55分。

早ぇーーー!

てことでがんばって早起きして、朝イチで行きました。

三国競艇場の特徴

まずは、三国競艇場の特徴をおさらい。

 ボートレース三国 Official Site参照です。

【インコースが有利】

夏場は海風が、冬場は強い北風が吹くため、年間を通してホーム追い風が多く、インコースが主導権を握る傾向が強いです。

年間で見るとインコースは2連対率は70%、3連対率は80%を超えています。

 

スタートライン上のコースの幅が62mと全国でも有数の広さなので、アウトの選手からは1マークが遠くまくりが届きにくく、そのあいだにインコースの選手が逃げるというパターンが多いです。

 

 【インコースが負けるパターン】

ではどんなときにインコースが負けるのか?

 

1マークのターンのときに、風を受けて流れた場合は②③の差しが決まりやすくなり、進入が乱れた場合は④⑤からのまくり差しが決まりやすくなります。

予想するときは追い風に注意。

⑥コースはとにかく不利です。

コンクリート護岸に囲まれている影響で、2マークは引き波が残りやすく、逆転が見られることもあります。

【春は①コースの1着率が最も高い】

2017年~2018年にかけてのデータだと、春(3/1~5/31)の①コースの1着率は55%と最も高いです。

逆に③④⑤⑥コースの1着率は、全期間中最も低くなっています。

【夏は①コースの1着率が最も低い】

夏(6/1~8/31)の①コースの1着率は49.4 %と最も低いです。

そのぶん②③コースの勝率が他の季節より少し高めです。

【秋は春に次いで、①コースの1着率が高い】

秋(9/1~11/31)も①コースの1着率が54.6 %と高めになっています。

そのぶん④コースの1着率は全期間中最低の9.6%となっています。

【冬は⑤⑥コースが2着3着に食い込んでくる率が高い】

冬(12/1~3/31)は⑤⑥コースの1着率が低く、そのぶん2着3着に食い込んでくる率が高くなっています。

三国競艇場の中の様子

三国競艇場のマスコットキャラクターカニ坊バスを降りて入り口を入ると、三国競艇場のマスコットキャラクターカニ坊がお出迎え。

なんとも雑なキャラデザインです。

ちなみにここは2階です。

三国競艇場1階フロア1号館2階フロア。朝イチなのでまだ全然人がいません。

右側の黄色い明りがついている部分が食堂です。

 

三国競艇場1階のシートピットに近い、1号館の方の2階の座席。

古いけど、2人掛けのゆったりした座席でわりといい感じです。

 

三国競艇場2階、1マーク側の方のフロア第1ターンマークに近い2号館の方の2階フロア。

手前にある「福ちゃん」という予想屋さんがなかなかエネルギッシュな感じだなぁと思ってよく見てみると、

 

三国競艇場の予想屋「福ちゃん」こんな貼り紙が。

レースの予想だけでなく宿泊までお世話してくれるとは。

いたれりつくせりです。

 

三国競艇場の2号館の2階のシート2号館の2階の座席。

1号館の座席よりも席と席の間隔が狭くて、しかもなぜか冷房の効きがわるい!!

 

三国競艇場2号館の2階からの眺め第1ターンマークの攻防を真上から見下ろせるので、選手のコース取りの様子がよくわかってとてもおもしろい席だと思ったんですが……

冷房の効きがわるくて暑かったので、やっぱり1号館の方に移動して観戦しました。

眺めはとてもいいです!!!

この猛暑が悪い!!

 

三国競艇場3階の指定席切符売り場こちらは3階の指定席切符売り場。

わたしはいまだに指定席でレースを観たことが一度もないんですよね…。

外に出て第1ターンマークのところで観戦するのが一番好きなので。

ただ、やっぱり夏は暑いし冬は寒い。

一度指定席でゆったり観るというのもやってみたいです。

 

三国競艇場3階の指定席机があるっていうのはいいですよねぇたしかに…。

 

三国競艇場2階のレディースラウンジ「レディースラウンジ」とあったので、?と思い行ってみると

ただのだだっぴろい休憩所にテレビがぽつん……

なんかもったいないスペースですね。

 

三国競艇場の1階芝生やっぱり外で観るのが一番気持ちいいっしょ!と思い外へ。

けど暑ぃぃぃぃ!

この日の気温は35度です。

てか芝生の部分狭っ!

 

f:id:komadakoma:20180718141106j:plainでもそのぶん、水面がとても近く感じます!

スタート幅の広さも実感。

 

三国競艇場の第1ターンマーク第1ターンマークでの攻防も、ものすごい間近で見れるのでテンションあがります。

ヒャッホウ

 

とあるレースを観戦中に、横にいたおっちゃんが

「○○(選手の名前)ー!!クソボケカスゥゥゥーーー!!!」

と怒鳴っていましたが、これだけ選手と距離が近ければばっちり選手の耳に届きますね。

三国競艇場グルメ

三国競艇場の食堂2階の三国売店へ。

どれも900円、高いなぁ。

 

三国競艇場の食堂他のメニューはこんな感じ。
玉子丼はせめて500円にしてほしいところ。

 

三国競艇場の食堂寿司300円ってなんだ?と思ったら干ぴょう巻きの巻きずしでした。

老眼鏡1000円。

 

三国競艇場の食堂お菓子、アイス、バナナ、ドーナツ…

こまごまとしたものが売ってていい感じの売店です。

 

三国競艇場の食堂お昼どきでしたが人も多すぎず、のんびりとした雰囲気の食堂。

高いと思いながらもわたしはカツカレーを、彼氏はソースカツ丼を注文しました。

 

三国競艇場のカツカレーやっぱこれで900円は高いよなァ。

ソースカツ丼にお味噌汁がつくなら、カツカレーにもお味噌汁つけてくれーい。

 

三国競艇場のソースカツ丼
安定のソースカツ丼(900円)

福井のカツは薄めでソースがたっぷり染みこんでて良き。

でもやっぱり900円は高い……。

 

三国競艇場の食堂お隣の小さな食堂。
基本的なメニューは一緒ですが、こっちはタコ焼きとカルビ丼がありますね。

 

一般席の食堂はこの2か所だけですが、ゆったり座れました。

旅打ちの結果と反省

朝イチではりきって行ったはいいものの……

この日わたしは-8000円でフィニッシュ。

買ったのは全部で9レースですが、そのうち当たったのは予想屋福ちゃんから予想を買ったときだけで、あとは全部ハズレるという。。。

ははは……こんなこともありますよね……はは……ははははは……

 

出目を見るとこの日は、①が頭に来たのは3回だけ。

②と③どちらかが頭に来たレースは、合わせると7回。

他の季節に比べると①が1着に来る確率が低く、②と③の勝率がやや高い、というデータ通りの結果…ではあるんですが……ぐぬぬ

 

万舟は2回出て、そのうちの1回はとれた可能性があっただけに、大ダメージ食らいました。

24場全部まわる頃には、今よりもっと買い方がうまくなっていることを願います……。

三国競艇場へのアクセス 

詳細はこちらから。

ボートレース三国 Official Site - 所在地・交通情報

 

ここでは福井県内からの主な行き方だけ書いておきます。

金沢からも無料バス出てます。

 

【バス】

JR芦原温泉駅から無料バスで15分。タクシーで10分。

 

JR芦原温泉駅前発(えちぜん鉄道 あわら湯のまち駅経由)

<モーニングレース開催時>
8:00・8:30・9:00・9:30・10:00・10:30・10:50
<デイレース開催時>
9:50・10:30・10:50・11:30・11:50・12:30・12:50
※ JRの列車到着時間により運行時間を変更する場合あり。

※帰りのバスは12レース終了後に出ます。

 

JR芦原温泉駅前発三国競艇場行きのバス芦原温泉駅前ロータリー、マンガ「ちはやぶる」の大きな看板のところがバス停です。

 

JR福井駅東口貸切のりば
8:15(4月~9月)9:50(10月~3月)

JR町屋町バス停
8:20(4月~9月)9:55(10月~3月)

※帰りのバスは12レース終了後に出ます。

 

【車】

北陸自動車道
金津ICから約15分
丸岡ICから約30分
加賀ICから約30分

【お得な情報】

鉄道および高速道路を利用した人を対象に、切符または領収書の持参で「ペアシート招待券」がもらえます!!(わたしはあとで知りました……)

 

鉄道の往復券の復券か、高速の領収書と引き換えにもらえるそうです。

(SG、GⅠ、GⅡ、初夢賞、GW三国ボートフェスタ、しぶき賞および満席時をのぞく)

 まとめ

わたしは今回はJR福井駅近くに宿をとったので、三国競艇場へはちょっと時間がかかりましたが、芦原温泉に泊まったら競艇場は近いし「温泉+競艇」という最高の組み合わせ!

冬はそのプランもいいなぁ…と思いました。

競艇場はこじんまりとした感じで、人も多すぎずゆったりとした空気が流れていてよかったです。

 

ちなみにわたしが競艇に興味を持ったきっかけは、弟が買ってきたこのマンガでした。

選手自身がモーターの整備をすることや、レースのスタートの仕方などにいちいち感心しながら読んだ記憶があります。

弟よ、ねーちゃんいま競艇場巡りしようとしてるよ。