こまだこまのロバの耳ブログ

旅行と競艇。ときどき読書。だいたい酒。

戸田競艇場でペアボート試乗会に初参加したら最高過ぎた!

 

戸田競艇場で超気持ちいいペアボート初体験!

戸田競艇場の水面2018年7月29日(日)

前日の土曜日は台風のためレースは中止になりましたが、この日は台風一過で気持ちよく晴れました。

土曜日のレースが中止になったからか、いつもより人が多いような気がします。

 

わたしはふつうに競艇をやりに行ったんですが、ブログにアップする写真を撮るため施設内をうろついていたところ、今日ペアボートの試乗会があることが判明!!

知らなかったーーーラッキーーー!

 

ってことで、彼氏と一緒に申し込んでみました。

戸田競艇場・ペアボート試乗会、申し込みから当選が決まるまでの流れ

戸田競艇場ペアボート試乗会
受付は1階のメディアギャラリー前のカウンターでやってます。

一般の人は12時~13時のあいだにここに来て、いろいろな注意事項を読んで同意のうえ、応募用紙に名前を書きます。(13時をちょっとでも過ぎると受け付けてもらえないので注意!)

 

戸田競艇クラブ会員の人は、受付は10時~12時のあいだで、12名まで優先的に乗れる枠があるそうです。

会費は年間3000円で、毎回入場料が無料にもなるので、これは入ってもいいかも……。

 

戸田競艇ペアボート今回のペアボート協力選手たちはこちら。

おおお、ここはやっぱりA1の平石さんがいいかな…いやでも自分の両側にも艇がいるセンターの艇もおもしろそうかも……6号艇で外から他の艇を見ながら行くのもいいな……

などと妄想がふくらみます。


妄想しながら応募用紙を抽選箱に入れ、応募用紙の半券は控えとして持っておきます。

当選者は42名(戸田競艇クラブ会員12名含む)

そして抽選結果が発表されるのは15時。

またここに来て確認します。

 

戸田競艇場ペアボート受付カウンター15時、受験発表みたいな気持ちで貼りだされた紙を見ると、、、

わたしの番号あったーーー!
彼氏の番号もあったーーー!

受付するときにわたしの前に並んでて、たまたま話した知らないおじさんの番号もあったーーー!

3人で、よかったねーーー!キャッキャッと喜びをわかちあったのでした。

 

今回はたまたま戸田競艇クラブ会員の人がいなかったらしく、会員の優先枠が一般の人に開放されたため、確率的にはちょっと当たりやすかったものと思われます。

ラッキー。

 

落選した人は、当選した人のキャンセルが出た場合に再抽選があるので、応募用紙の控えを16時までに再び抽選箱にいれます。

そして16時05分に再抽選の結果が出ます。

 

戸田競艇ペアボート乗艇証当選した人は再びカウンターに並んで、改めて注意事項を確認、同意のうえ、名前と住所、緊急連絡先を書いて、無事に乗艇証をゲット!

 

乗艇のための次の集合時間は16時20分。

最終12レース前に、またこのメディアギャラリー横のカウンター前に集合です。

 

落選した人も、同伴者に当選した人がいれば、ピットに一緒に入って見学・撮影ができます!

ついにピットへ! いざ乗艇!

戸田競艇場ペアボートの準備当選者とその同伴の見学者たちが並んで、ぞろぞろとピットへ向かいます。

ピットの裏側につくと、ユニフォームと救命胴衣、ヘルメットと長靴が用意されていました。

自分がどの艇に乗るかは完全にランダムなので、どきどき。

 

戸田競艇ペアボート体験わたしは6号艇になりました!

ワーイ!

ユニフォームの下に着ている救命胴衣がかなりがっしりしていて、動きづらいです。

そして暑い!ユニフォームの中に熱がこもって、順番を待っているだけで汗をかいてきます。

長靴もサイズが大きくてかなりぶかぶか。

動きづらいのでロボットみたいな動きでピットに向かいます。

 

戸田競艇ペアボート体験番号順に並んで待ちます。
彼氏は5号艇。

ちなみに、5号艇の中西裕子選手と6号艇の黄金井力良選手がご夫婦だってことをあとで知りました。

 

f:id:komadakoma:20180730143134j:plainなんて気持ちのいい眺め

 

戸田競艇場ペアボート体験、ピット離れ
うおー

ピット離れをうしろから見られるとは~~~

 

f:id:komadakoma:20180730142640j:plain

f:id:komadakoma:20180730143048j:plainわたしを乗せてくれた黄金井力良選手。

イケメンです。

こんなふうにボートに乗せてもらったら、好きにならないわけがない。

好きです。応援してます。

 

f:id:komadakoma:20180730143506j:plainある程度実際のレースみたいに走るのかな?と想像してたんですが、1号艇から順番に出ていき、6号艇のわたしはみんなが出たのを見ながら最後に出発。

それぞれの艇は離れて走ります。

 

わたしは出発してすぐにぶしゃーーーと勢いよく顔に水がかかり、ヒャーーーーと変な声が出ました。

 

……楽しい!!

わたしはとにかく遠慮なくスピードを出してほしいので、重心を低くし、艇が安定するよう努めます。

黄金井選手、大丈夫です!わたし、やれます!(心の声)

 

「選手に操縦の要求をしないこと」

と注意事項にあったので、あくまで心の中で念じるのみ。

「多少スピードを出しても大丈夫な奴」だと思ってもらえるように重心の安定を心がけました。

 

お客さんに慣れてもらうためもあるのか、まずは第2ターンマークを大きくゆっくりまわり、そこからどんどんスピードをあげて第1ターンマークへ向かっていきます。

水面近い!

水面硬い!

 

わたしの頭のなかでは完全にターンマークすれすれのモンキーターンがイメージされてるわけですが、危ないからそんなことはしてくれませんよね……

第1ターンマークをゆっくり大きくまわって、直線で再びスピードアップ!

 

艇の底が水面を打つ硬い音、モーター音、舞い上がる水しぶき、すべてがしびれるーー!

水面からスタンドや橋を見るのも、とても新鮮で気持ちいいです。

 

そして2周目。

大時計に近い一番外側をぐんぐんスピードを上げて走っていきます。

大時計の横を通る瞬間に時計の針に目をやると、時計がぴったり!

スタートタイミングを合わせて走ってくださったみたいです!

おおお……。(感動)

 

1周目では大きくまわった第1ターンマークも、2周目では舳先すれすれ!

目の前にターンマークが見えてまたもや感動。

そして1周目よりも直線のスピードが速い!(気がする!)

 

と思っていたのも束の間、ボートはあっという間に第2ターンマークの先へ……。

スピードを落としながらゆっくりとピットに戻り、これにてペアボート体験は終了。

あ~~もう終わりか……

興奮しすぎて本当にあっという間でした。

 

戸田競艇ペアボート体験ボートから降りるときに、「こっちから降りてもいいですよ」

と先に降りた黄金井選手が声をかけてくださっただので、遠慮なく黄金井選手が立っている側から降りさせていただきました。

 

ハイ、黄金井選手に手を取ってほしかったんでね。へへへ。

ちゃっかり手を取ってもらってボートから降りました。

 

ありがとうございました、黄金井選手!!

 

戸田競艇ペアボート帰りの橋の上からもパチリ。

黄金井選手を見ると、モンキーしてる!(焦ってブレた)

自分が乗っているときはわからなかったですが、わたしのときもしててくれてたんだー!と思うとまた嬉しくなりました。

ペアボートに乗ってみた感想

最高です。最高すぎます。

選手と一緒にレースを体験なんて、他のスポーツではなかなかできないことだし、しかも無料。

ほんとにすばらしいファンサービスです!

 

唯一デメリットがあるとすれば、ペアボートの受付カウンターに、

応募のとき、当選確認のとき、乗艇のとき

の3回足を運ばなければならないので、その日のレースのうち何レースかは落ち着いて賭けることができない、ってことくらいでしょうか。

ま、わたしは賭けても大体負けてるんで、むしろ助かった的な……。

 

ペアボートの試乗体験、ここ最近で一番テンションが上がった出来事でした!

帰りのバスはあるの?

ペアボート試乗会は最終12レースが終わってからやるので、帰る頃にはもう駅への無料バスの最終は出てしまっています。

ですが、わたしたちがバス乗り場に行ってみると従業員用のバス(戸田公園行き)があって、ペアボート試乗会で遅くなったと説明するとそちらに乗せてもらうことができました。

 

一年にそう何度もやるわけではない、ペアボートの試乗会。

機会があれば絶対にやった方がいいです!

 

www.komadakoma.com

 あまりに楽しいので2回目、乗りました。