こまだこまのロバの耳ブログ

旅行と生活。ときどき読書。だいたい酒。

【旅打ち競艇@江戸川】レース予想もレース場での過ごし方も難しい江戸川競艇場

f:id:komadakoma:20180827165010j:plain江戸川競艇場へは、2年前か3年前?競艇を始めたばかりの頃に一度行ったことがあったんですが、そのときにあまりいい印象がなく、それからずっと行っていませんでした。

 

でも、この「目指せ競艇場24場制覇!」の記事を書くにあたって、もう一度行かなければなるまい……

ということで、ひさしぶりに行ってみました。

 

江戸川競艇場の特徴

江戸川競艇場の水面

全国で唯一、河川の水面を利用した競艇場である。

河口近くに位置し、水質は海水である。年中風の影響を受けやすく、そのために競走(レース)中止がよく発生する。

また、川の流れの他、河口に近いことから上げ潮や下げ潮による水位の影響を受けやすく、競艇場の中でも屈指の難水面として知られている。

(Wikipediaより引用)

 

ここに書かれていたことは、実際に走るボートと水面を見ているとすぐに納得。

ボートが水面の上をものすごいばうんばうん跳ね上がりながら走っていきます。

わたしが行った日は女子選手はいませんでしたが、跳ねるボートを抑えながら走るのはすごく力がいりそうなので、女子選手にとってはけっこうきついんじゃないかなーと思いました。

 

川の流れがあり、他の競艇場とは全く違う水面。

スタンドから見て右側が川の上流、左側が下流なので、選手たちはスタートから1マークまでは川の流れに逆らって走ることになります。

 

さらに地図を見るとわかるように、江戸川競艇場は河口に近いところにあるので、潮の満ち引きの影響も受けます。

 

一般的に、

上げ潮のときはスロー有利、下げ潮のときはダッシュ有利

追い風のときはスロー有利、向かい風のときはダッシュ有利

 

ですが、潮流と風向きがぶつかりあうと、うねりをともなう波水面なるのでよくわからん。

さらに、雨が降ったりすると水量が増えて流れも速くなり波も高くなるので、ますますよくわからん。

とりあえず、「波巧者」「江戸川巧者」と呼ばれる選手には注目。

選手も大変ですが、予想する方も難しい!競艇場です。

 

江戸川競艇場のピットまた、江戸川はピットの位置の関係上、暗黙の了解でほぼ進入固定になっています。

 

ということは、インの選手が深インすることもないのでインに有利なのでは?と思いますが…

1マーク付近の幅は戸田や平和島とほぼ同じ狭さで、全国的に最も狭い部類にはいります。

さらに川の流れに逆らって走ることになるのでスピードも乗りづらく、1号艇が必ずしも有利とは言えないようです。

 

わたしが行った日も、1マークで1号艇がセンターやアウトの艇に差される場面をよく見かけました。

1号艇の1着率は全国の平均よりは少し低めとなっています。

江戸川競艇場の中のようす

江戸川競艇場の入り口入り口の両脇にいるこの武将みたいなのなに??

と思ったら

 

f:id:komadakoma:20180828122827j:plain「1966年(昭和41年)大映京都撮影所が、日本初の特撮時代劇として世に送り出した作品」

とあります。

で?なぜそれがここに??どんなゆかりがあるんでしょうか…。

 

江戸川競艇場外向発売所すぐ横が外向発売所です。

 

江戸川競艇場2階投票所入場ゲートを入った1階には、インフォメーションとレストラン、手荷物預かり所があります。投票所はありません。

エスカレーターに乗り2階へ。

こちらは完全に室内の投票所。

 

江戸川競艇場2階投票所こちらは外に面した投票所。

なぜか昔の映画の看板がずらっと並んでいます。ほんとになぜ???

 

江戸川競艇場の建物とスタンドの間の都道外に出るとスタンドの手前は都道になっていて、レース開催日は締め切られ、レースがない日はふつうに道路として利用されています。

f:id:komadakoma:20180828131928j:plain都道からこの堤防を上がると競争水面とスタンド。

しかしこの炎天下のなかこの席はキツイでしょうよ。

f:id:komadakoma:20180828132239j:plainスタンドの対岸には首都高速が通っているので、オッズなどが表示される大型電光掲示板がありません。

首都高の向こうにうっすらとスカイツリーが。

 

f:id:komadakoma:20180828132513j:plain外にある電光掲示板は、スタンドのはじっこにあるこの小さいものだけ。

見づらいので、わたしはほとんど見ることはありませんでした。

 

f:id:komadakoma:20180828133612j:plain水面が近いうえに、波の立った水面をばうんばうん跳ねながらボートが走っていくので、臨場感がすごい!

ただそのぶん、スピード感はないです。

 

江戸川競艇場のスタンドスタンドは一日を通してずーっと日向なので、とにかく暑い!!!

1マークのところで観戦するのが好きなわたしですが、さすがにこれは焼け死ぬ…。

 

江戸川競艇場の1マークこの日の前半は風向きと潮流がぶつかりあい、けっこうな波水面でした。

なので、選手たちはみんな1マークのところでかなり減速せざるをえず、どの艇もバタバタっとモタつく感じ。

ズバッとキレのあるターン!みたいなのは見られません。

ただそのぶん臨場感はあってこれはこれでおもしろいです。

 

江戸川競艇場でボートが転覆3レース、1マークを旋回中に波にぶつかった4号艇が転覆、そこに6号艇が乗り上げ、3号艇はエンスト

という場面。

さすが江戸川……。

 

江戸川競艇場3階投票所あまりに暑いので、4階の投票所へ避難。

場外発売がかなり充実してるっぽいです。

 

江戸川競艇場3階投票所前に一度だけ江戸川競艇場に来たときに、いい印象がなかった理由を思い出しました。

ここは、室内にスタンドがない!!!

一般席の2階と4階では、ゆっくりと座って観戦&予想をする場所がないんです。

(2階はそもそも地形的に無理)

しかも、競争水面を一望できるつくりでもなければ大型モニターもないので、どの艇が今勝っているのかわかりづらい。

とにかくレースが見づらくて落ち着かない。

だからあまりいい印象がなかったのか…と思い出しました。

 

指定席ならモニターもあるし、次回は指定席から観戦してみたいと思います。

(この日は1レース前に行ったものの、指定席で水面が見える席はすでに満席だった)

江戸川競艇場「名物」もつ煮は味が濃かった

江戸川競艇場1階レストラン「笑和」1階の入場ゲートを入って右手側にあるレストラン「笑和」

一般席のフロアではここが唯一のレストランで、あとは売店しかありません。

 

f:id:komadakoma:20180828151509j:plainもつ煮込みが名物らしいので、わたしは豚もつ煮込み定食を、彼氏はカツカレーを注文。

全体的に値段は特別安くもなく高くもなくって感じですかね。

 

f:id:komadakoma:20180828153510j:plain外のスタンドはくそ暑いし、室内にはスタンドないしで、ここへ来てやっと初めてゆっくり椅子に座れた気がします。

ふー、やれやれ。

 

江戸川競艇場1階レストラン「笑和」のもつ煮込み定食もつ煮込み定食750円。

ボリューム的にはちょうどいい感じ。

もつの味付けがけっこう濃い!ご飯がすすむと言えばすすむんですが、個人的にはもうちょっと薄くていいような。

もつもちょっと噛みづらいかなぁ。

 

江戸川競艇場1階レストラン「笑和」のカツカレーカツカレー700円。

模範的見た目のカツカレーというか、食品サンプルみたい。

けっこうピリ辛で、学食のカレーっぽいイメージの味。

カツカレーで700円は安い方かな。

ちなみにこのレストラン「笑和」、このマンガの第1話にも登場しています。

新人アイドルの主人公が、営業先のいろんなギャンブル場で「バクチめし」を楽しむ、という内容です。

主人公は、「笑和」のカレーに牛もつ煮をいれて、さらにじゃがいものおでんと生卵をのせる、というオリジナルアレンジメニューを食べていましたが…

わたしはそんな重い食べ方無理。笑

f:id:komadakoma:20180828153743j:plain2階1マーク側売店「竹林」

メニューが少ないなぁー。

でも焼きそば350円は気になる。

 

f:id:komadakoma:20180828153834j:plain都道に出ていた売店。

玉こんにゃくにもつ煮込みなど。

せめて日陰の席を作ってくれれば……。

 

f:id:komadakoma:20180828154458j:plain2階2マーク側、揚げ物専門店「楽」

アジフライ170円が良さげ。

 

f:id:komadakoma:20180828154543j:plain4階2マーク側売店「雀」

ここでも牛すじ煮込み(400円)をおしてます。

 

 

f:id:komadakoma:20180828154629j:plain1階から2階にあがった階段のところにひっそりとある窓口。

外の風が吹き込んでくる場所なので、冬は売れるんだろうなぁ、とん汁。

旅打ちの結果と反省。江戸川競艇場はいろんな意味で手強い。

春や秋の、外にいてちょうどいい時期なら外のスタンドに座って観戦できるのでいいんでしょうが、炎天下の中ずっと外にいるわけにもいかず。

かと言って、室内にも落ち着いて座って観戦&予想をできる場所がない。

 

だから今日全然当たらないんだーーーー!

と、6レース連続ではずした彼氏。

わたしは3レースやって1レース的中で、2840円のプラスでした。

彼氏の傷口が広がらないうちに、今日は早めに撤収。

 

でも確かに、今まで行った競艇場とはいろんな意味で勝手が違います。

潮流と風向きで荒れまくる水面、大きな電光掲示板がない、室内にスタンドがない、

などなど。

 

これらに慣れるまでは、江戸川競艇場はちょっとやりづらいかなぁと感じました。

普段と違うレースが観れるので、それはそれでおもしろいんですけどね。

 

江戸川競艇場のハズレ舟券を食べるマッシロー帰りぎわ1階インフォメーション横にある、ハズレ舟券を食べてくれるヤギ「マッシロー」に、ハズレ舟券を食わせてみました。

「食べる」というよりは「吸い込む」という感じだったけど。

けっこう口の奥まで紙をつっこんであげないと、吸いこんでくれません。

ちなみに、「マッシロー」という名前は和田アキ子命名だそうです。

 

f:id:komadakoma:20180828162641j:plain2階エスカレーター横にあるガチャガチャもやってみました。

 

f:id:komadakoma:20180828162825j:plain出たのは「全速まくり」

「まくり差し」がよかったなぁ~。

また今度行ったらやってみよ。

江戸川競艇場へのアクセス

【無料送迎バス】

  • JR総武線 平井駅北口から 約15分
  • 地下鉄東西線 西葛西駅南口から 約10分
  • 都営新宿線 船堀駅から 約5分 

詳しくはこちら→ボートレース江戸川 - 交通アクセス・サービス

 

※江戸川は悪天候で強風になるとよくレースが中止になるので、遠くから旅打ちに来られる方は要注意です!

江戸川競艇場に行くなら買わない理由がない本

本の値段は810円なのに、指定席MIYABI無料招待券(2000円相当)と、場内の売店やレストランで使える無料券(1000円相当)がついてくる!!

江戸川競艇場に行かれる方は買わない理由がない本です。

わたしも次は指定席で観るぞっっ!