こまだこまのロバの耳ブログ

旅行と生活。ときどき読書。だいたい酒。

【旅打ち競艇@桐生(2回目)】毒島誠選手馴染みの店「姫寿司」に行ってみた

 

競艇選手が通うお店に行ってみる、という企画

きっかけは、わたしも彼氏も好きな選手のひとり、毒島誠選手のこのツイートでした。

横にいるのは関浩哉選手です。

 

桐生の「姫寿司」……

へぇ…どこにあるんだろ?と思ってまずはググってみました。

森高千里の名曲「渡良瀬橋」にも登場する渡良瀬川をはさんで、すぐ向かい側には競艇場、という位置関係で、開業37年のお店だそうです。

なるほど、やっぱ競艇場から近いんだな。

いつか行ってみよう。

 

と思ってそのときは終わったんですが、思いがけずすぐ桐生に行く運びとなったので、行ってみることにしました、姫寿司。

 

ていうかこれシリーズ化しよう!

と思いついたらなんかわくわくしてきたので、「競艇選手が通うお店に行ってみる」企画、これが記念すべき第一回目です。(需要あんのか)

毒島誠選手他、たくさんの競艇選手が通うお店「姫寿司」で昼飲み

群馬県桐生市「姫寿司」の外観わたしたちは日曜日のお昼、12時の開店と同時にお店にうかがいました。

おもてにだいたいの値段が書いてあります。

握りは、並1200円、上1500円、特上2000円。

 

f:id:komadakoma:20180911133443j:plain開店直後で他にお客さんもいないので、カウンターの真ん中にすわらせていただきました。

けっこう広い店内で、テーブル席もゆったり。

どこかに毒島選手のサインなんかもあったりするのでは……と思いキョロキョロしてしまいましたがありませんでした。

 

握りを食べたらあっというまに食事が終わってしまうので、まずは少し適当につまみをいただくことに。

ゆっくり食事をしながら、大将のお話も聞きたいですからね。

 

f:id:komadakoma:20180911134709j:plainメニューとかはないみたいなので、大将とおかみさんにおまかせしました。

サラダと冷ややっこ、お刺身が何点か。

昼からかんぱーい。

 

まぐろがかなりぶ厚い!イカの刺身ってあまり好きじゃないんですが、これはおいしかったー。

 

 

さて……

毒島選手のことを聞きたいけど、いきなりそんなことを聞いてもいいものか……とためらっていると、

「今日はどちらから来られたんですか?」と大将が話をふってくれたので

チャーーーンス!と思い、

「競艇やるために東京から来たんですけど、毒島選手がツイッターでこちらのお店のことをつぶやいてるのを見たんで来てみたんですよー!」

と言うと大将が、あぁ、そうなんですか!と笑顔になってくれたので、ほっ。

 

「彼(毒島選手)はねぇ、ほんと優しくていい子ですよ」

と、なんだか付き合いの長さをうかがわせるような言葉が。

他にも競艇選手や、競艇関係者の人たちがよく来られるそうです。

レースのない夜に来れば、競艇選手に会えるかも⁉

 

f:id:komadakoma:20180911140328j:plain(穴きゅうはもうちょっとタレたっぷりめがよかったかな…。)

 

聞けば大将は、40年ほど前は競艇場のなかで飲食店を営業されていたとのこと。

その頃の付き合いもあって、競艇関係者のお客さんが多いんでしょうねきっと。

 

大将がまだ舟券を買ったことがなかった当時、お客さんに

「④-⑥と⑥-④が絶対来るから買ってみろ」と言われ、何もわからないまま200円ずつ買ったら、いきなり万舟が大当たり!

そして配当金はなんと、当時の給料の2か月分ほどの金額。

それがきっかけで、「競艇やりに行ってんだか仕事しに行ってんだかわかんない」ほど4年ほどどっぷり競艇にハマっちゃったそうです。

 

あー、こういう話を酒飲みながら聞くのってほんと楽しい。

 

その頃はもちろんまだマークシートなんてものはなく、①-②、①-③など自分が買いたい出目の窓口に並ばなきゃいけなかったんだ

予想屋も今よりいっぱいいたよ

などなど、当時の話をいろいろとしてくださいました。

今は、年に1,2回しか舟券は買わないそうです。

そっかぁ、なんだかさみしいなぁ。

 

f:id:komadakoma:20180911144935j:plain
f:id:komadakoma:20180911145018j:plain

つまみはそこそこにして、握りへ突入。

このあといくらやシメサバなんかもいただきました。

シャリはほんのりあたたかく、大きさもほどよくイイ感じ。

寿司屋のカウンターであんまり写真撮ってるのもアレなんで、写真はこのへんでおしまいに。

 

途中から奥さまもカウンターの端に座られて、いろいろと話してくださいました。

わたしは競艇よくわかんないから、選手の名前もあんまり知らないのよー、と笑ってる

感じがかわいらしかったです。

 

ほぼずっと競艇の話をし続けて、気がつけば1時間が過ぎていました。

ではでは、お会計を……。

出された伝票を見てびっくり。

予想してた1.5倍くらい高い!笑

〇〇〇〇円くらいで適当にお願いします、って値段伝えとけばよかったなぁと、ちょっと後悔しました。笑

やっぱ寿司屋でつまみ頼んで飲んじゃうと、いっちゃいますねけっこう……。

 

 

「競艇選手が通う店に行ってみるシリーズ」

としては、個人的にとっても有意義な第一回目となりました。

 

なにより、競艇について話せるのが単純に楽しいしうれしい!!

わたしのまわりでは競艇をやっている人が彼氏以外にいないので、基本彼氏としか競艇の話ができません。(彼氏はわたしの影響で競艇をはじめた)

なので、彼氏以外の人から競艇の話をいろいろと聞けることが単純にとても楽しかったです。

大将、ありがとうございました!

姫寿司へのアクセス

JR両毛線桐生駅南口から約1km。

車で5分、徒歩13分。

わたしたちは散歩がてら歩いていきました。

桐生市市民文化会館の裏側にあります。

情報求ム

競艇選手が通うお店についてはネットで情報収集していますが、みなさんからの情報も

お待ちしてます!

なんかあの店競艇選手のサインがいっぱいあるとか、店主が元競艇選手だとか、俺は・わたしはこのお店大好きでよく行くよ!という競艇選手ご本人の方からのコメントもお待ちしています。

よろしくお願いします。