こまだこまのロバの耳ブログ

旅行と生活。ときどき読書。だいたい酒。

バガンの遺跡群に輝く朝日・夕日の鑑賞スポット2018

2018年3月時点では、主要パゴダには上れなくなっています バガンの遺跡群のなかには、上にのぼれて朝日や夕日を眺めることができるパゴダ(仏塔)がある、とガイドブックやネットにはあったんですが、そこに書かれていた場所へ実際に行ってみると、どこもの…

バーで一人飲みする女におじさんが言ってはいけない一言

「どんな感じのが好きなの?」 わたしは酒好き話し好きなので、たまにひとりでバーに行きます。 ひとりは何かと気楽だし、解放感があって、いまこの時間だけは完全な自由、って感じがあって満たされます。 『孤独のグルメ』の井之頭五郎のセリフ モノを食べ…

【マンダレー観光】ミングォンへの行き方。小さな村に驚きの巨大な名所

ミングォンってどんなとこ ミングォンへの行き方 歩いてのんびりミングォン観光 ミングォン・パヤー ミングォンの鐘 シンピューメェ ミングォンでランチ まとめ ミングォンってどんなとこ ミャンマー最後の王都となったマンダレー周辺には、ザガイン、インワ…

【ミャンマーのお酒】そば焼酎をつくるのは麻薬撲滅のためだった!

ミャンマーで出会った日本式のそば焼酎 マンダレーで、宿泊中のホテルに帰る途中に立ち寄ったスーパーマーケット。ビールでも買おうとお酒コーナーをうろついていると、急に日本語の文字が目に飛び込んできました。 『そば焼酎』!? (ボトルのうしろにある…

2018年3月に読んだ本

今月は図書館で借りた本ばかり読んでいた 超人気本を図書館で予約していたことをすっかり忘れていて、やっとあなたの番がまわってきましたよ、という図書館からのお知らせをミャンマー旅行中に電話でうけました。 もうその本に対する興味はさほどなかったん…

【宇都宮】驚きの観光スポット大谷資料館と周辺散策で石の町を楽しむ!

まるでダンジョン、大谷資料館 大谷資料館へのアクセス 大谷資料館のようす 大谷資料館周辺を歩いて散策 その他、大谷石で造られたもので見ておきたいもの2つ カトリック松が峰教会 長岡百穴古墳 まとめ まるでダンジョン、大谷資料館 都内から近くてなんか…

バガンからマンダレーへ8時間の鉄道旅。原付より遅い列車に揺られて

時速30㎞で8時間かけて移動する、鉄道で格安の旅 わたしがミャンマー旅行で楽しみにしていたことのひとつが、鉄道で移動すること。 東南アジア全鉄道制覇の旅 タイ・ミャンマー迷走編 (双葉文庫)も旅行前に読んで、 バス移動よりも相当時間がかかるというこ…

【ミャンマー】ヤンゴンの環状線で途中下車の旅。日本車両に乗って学生街へ。

ヤンゴンの環状線の乗り方 38ある駅を約3時間かけてのんびりと一周するという、ヤンゴンの環状線。 ヤンゴンに暮らす人たちの生活を垣間見たい、でも3時間乗ってるのははちょっとダルいな……ということで、 わたしたちはヤンゴン中央駅から乗り、ヤンゴン大学…

2018年2月に読んだ本

京都・一乗寺にある書店、恵文社に行ってみた 2月のあたまに京都に行く機会があったので、一乗寺にある有名な書店「恵文社」に初めて行ってみました。 イギリスのガーディアン紙が2010年に発表した「世界で一番美しい本屋10」に日本で唯一選ばれたお店だそう…

【バガン観光】寺院巡りに疲れたらミンナントゥ村でひと休み

人口600人の小さな村、ミンナントゥ村へ行ってみる ほんっっとーーーに数えきれないほどたくさんの仏塔や寺院が広い範囲にぽこぽこと林立しているバガン。 そのなかに、ミンナントゥ村という小さな村があるということを『地球の歩き方』で知りました。 いま…

わたしの部屋にはわたしの選んだものしかなくてつまらなかった

一人で暮らす、ということ 一人で暮らす。 それは、部屋が「わたし」で充満する、ということだ。 鳥取の山奥からのこのこ東京へ出てきて、はじめて一人で暮らしてみてしばらくしてそのことに気がついた。 まだ友達と呼べる人も彼氏もいないわたしの部屋には…

【マンダレー観光】夕日スポット・ウーベイン橋のたもとで過ごす贅沢な時間

160年前にかけられた世界最長の木造の歩道橋、ウー・ベイン橋 マンダレーを南に、約11kmくだったところにあるアマラプラ。 かつては都だったその場所に、夕日の絶景スポット、「ウー・ベイン橋」はあります。 ウー・ベインとは、インワからアマラプラへと遷…