こまだこまのロバの耳ブログ

旅行と生活。ときどき読書。だいたい酒。

『亡命ロシア料理』おたまを持ち、最前線で闘う兵士たちよ!

いちいち笑える異色の文学的料理エッセイ 1977年、ソ連からアメリカに亡命(移住)したふたりの文芸批評家、ピョートル・ワイリとアレクサンドル・ゲニスによって書かれた文学的料理エッセイ。 「マクドナルドやバーガーキングの世界に閉じこもるな」と、ア…

『目の見えない人は世界をどう見ているのか』/伊藤亜紗 「常識」がくつがえされる痛快さ。

目隠しをしても「見える人」は「見えない人」の体を体験できない 「目の見えない人は世界をどう見ているのか」を目が見える人が考えるとき、目隠しをすればそれが体験できるのではないか、というのは自然な考え方のように思いますが、著者はそれを、「大きな…

【京都】『レコード酒場 ビートル momo』で夕方から酒とレコードに酔う

銀座から京都木屋町へ。『レコード酒場 beatle momo』 京都木屋町の高瀬川沿い、両隣を居酒屋にはさまれて静かにたたずむバー、『レコード酒場 beatle momo』 以前こちらのお店のマスターは、銀座で『beatle lane』というお店をされており、わたしはそちらに…

2018年1月に読んだ本

100冊読めるかな 去年はあまり本が読めなかったので、今年はたくさん読もう。 記録して公開すれば張り合いでていいかも。 と思ったので、今年から読書記録をつけていこうと思います。 (マンガをいれるといろいろとややこしくなりそうなのでマンガ以外で) …

誕生日を祝われたくない。ていうかそもそも「誕生日」はわりと最近できた習慣。

誕生日はいつもどおり、何事もなく過ぎていってほしい わたしは誕生日を祝われることが苦手だ。 「今日誕生日だよね?おめでとー」と軽く言われるくらいなら「たはは…ありがとうございます」とへらへらしてればすむけれど、本格的に祝われる感じのやつがきび…

『波の音が消えるまで』沢木耕太郎/ギャンブルについて書かれた文章は楽しい

バカラに淫していく主人公の物語 いままで博打には全く興味がなかった主人公・航平が、たまたま立ち寄ったマカオのカジノでバカラにのめりこむ。 必勝法を求めてひたすらバカラと向き合ううち、正体不明の老人・劉、高級娼婦の李蘭など、さまざまな人たちと…

2009年にインドのカジュラホでバナナとスポーツドリンクをくれた男性、お元気ですか?ゆめこです。

アーグラーの駅のホームで出会った日本人男性のこと 2009年の11月、わたしはインドにいた。 タージマハルのあるアーグラーという町から、エロティック寺院群があることで有名なカジュラホという小さな村に向かうため、暗い駅のホームで寝台車が来るのをひと…

『オトコのカラダはキモチいい』男は自分の体が性の対象になるということに慣れていない?

男性に読んでほしい本 タイトルおよび、『昭和元禄落語心中』でおなじみの雲田はるこさんの美しい表紙絵と扉絵にひかれて買いました。 痴女ものAV監督として、マゾ男性や女装美少年の肛門をほぐし続けてきた二村ヒトシ。 ボーイズラブと腐女子文化の研究者と…

「~だと思っていて」という話し方はなぜイラつくのかについて考えてみたいと思っていて

「~だと思っていて」っていう話し方ってイラつくなー、ってわたしは思っていて 2018年元日にNHKでやっていた討論番組「ニッポンのジレンマ」を観ていたら、論客の人たちほぼ全員が自分の意見を言うときに「~だと思っていて」という話し方をしていてイラッ…

遊んでばかりいると一年は長いということを知った2017年

今年は遊んでばかりいた 去年の年末に仕事を辞め、今は働きはじめているものの今年は本当に遊んでばかりいた。 去年までわたしが働いていたのは小さな飲食店で、仕事を辞めたきっかけは、わたしが風邪をひいて40度の熱が出たことだった。 わたしはそれまで3…

【余市蒸留所見学】ウイスキー博物館とレストラン「樽」で限定ウイスキーを楽しむ満足度大の工場見学!

冬の余市蒸留所へ。予約なしで見学に行ってみた ニッカウヰスキーの創業者、竹鶴政孝さんによって設立された余市蒸留所を見学するため、余市町にやってきました。 ただ、完全に思いつきだったので、見学予約はしていません。 ガイド付きツアーは基本的には3…

【BAR一慶】『探偵はBARにいる』に出演&監修されているマスターのお店に行ってみた

映画『探偵はBARにいる』のバーは実在する? 札幌の歓楽街ススキノにあるバー、「ケラーオオハタ」を事務所代わりにしている探偵(大泉洋)と、助手の高田(松田龍平)が事件に巻き込まれながらもその真相を追っていく……というハードボイルド映画、『探偵はB…