本を読んで考えた

月の土地と、日本中のTSUTAYAはわたしの倉庫であるということ

  「月の土地」は誰でも買えるらしいです。2700円で。(約1200坪) どういうことかというと、 世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した宇宙条約しかなく、 この宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはな...
ヨーロッパ60日間旅行記

⑪ハンガリー編・キラーイ温泉の前でエホバの証人に勧誘される

温度が日本人向けで良い。キラーイ温泉 ハンガリーで一番楽しみにしていたことは温泉に入ること。 てことで、いろいろ検討した結果キラーイ温泉に行くことにしました。   キラーイ温泉をググると、「ゲイの社交場キラーイ温泉」こわい!!的なことが書か...
食べ物に関する本の話

『ごはんのことばかり100話とちょっと』 今日一日のテーブルをもっと大事に。

 これはもうほんとにタイトルどおりの本で、よくこんなにごはんのことばかり書いたなあ、と思います。もちろんいい意味で。   ごはんのことばかり100話とちょっと (朝日文庫) 作者: よしもとばなな 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 ...
スポンサーリンク
本を読んで考えた

ナスD「部族アース」おもしろいけど、『部族』という呼称は適切?

今、ある本を読んでいるんですが、そこに書いてあることにハッとしました。 そこには、 「部族」と「民族」と「氏族」の違い が書かれていました。  わたしの好きな高野さんの新著です。 謎の独立国家ソマリランド そして海賊国家プントランドと...
ヨーロッパ60日間旅行記

⑩ハンガリー編・セーチェーニ温泉で会ったじーちゃんのおうちでご飯

セーチェーニ温泉でナンパされる ハンガリーで一番楽しみにしていたことは、温泉に入ること。 ブダペストで最もメジャーと思われるセーチェーニ温泉に行きます。   アクセスは地下鉄で。 ブダペストの地下鉄は、電気運転の地下鉄としては世界初で、世...
ヨーロッパ60日間旅行記

⑨ハンガリー編・ブダペストのシナゴーグと中央市場(2/20∼2/25)

ヨーロッパ最大のシナゴーグ inブダペスト ここからひとり旅はじまります。 ブカレストからブダペストへ。(ややこしい) 夜行列車の寝台のチケットを購入…していたつもりが、なんとわたしのチケットは椅子席だったことが判明。がーん。いきなりミス...
食べ物に関する本の話

『京都の中華』 そこにしかない中華を食べに。

京都の中華って何がどう違うの? ほぼジャケ買いした本です。 「京都の中華」というワードはなんとなく知っていて気になってはいましたが、読んでみるとなるほど、そういう歴史があったとは……と納得します。  京都の中華 (幻冬舎文庫) po...
食べ物に関する本の話

『球場三食』 球場への入場料は野球を愛していることの証明だ

ふらりと入った居酒屋に置いてあって、ちょっと読んでみたら一気にひきこまれました。 なので帰りに本屋さんに行ったんですが2巻が売り切れてたので、とりあえず1巻だけ購入。  かなり読み応えあります。   球場三食(1) (アフタヌーンコミ...
つぶやくにしては長い話

友人がメンサ会員になった理由

メンサ会員になったと友人に打ち明けられた 一年ほど前だったか、久しぶりに友人と会っていろいろと話しているうちに、実は…という感じで、メンサ会員になったのだと彼は言った。 その時点では、まだ家族以外には誰にも言ってないということだった。   ...
食べ物に関する本の話

『君がいない夜のごはん』 ミスドのD‐ポップはださい?

10年ほど前に、エッセイ『世界音痴』をきっかけに歌人・穂村弘にハマり、トークイベントなどに足を運んでいたりもしていました。 でもいつしか、彼のキャラクターでもある幼児性に、「なんだかなあ」と思いはじめてしまい、彼の書くものからすっかり遠ざか...
スポンサーリンク