ポルトの夕日と夜景を観るなら修道院がおすすめ。

ポルトガル

普段はあんまり夜景ってものに全く興味がないわたし。

でもポルトの街は高低差がものすごいのと、建物がかわいらしくてまさに「魔女の宅急便」のイメージでかなり美しい街なので、夜景が見える場所を探してみました。

スポンサーリンク

修道院から眺めるポルトの夕日と夜景、良きかな

夕日と夜景が観られる「セラ・ド・ピラール修道院」は、ドン・ルイス1世橋の南側、小高い丘の上にあるので、反対側のカイス・ダ・リベイラ地区からもよく見えます。

写真右手奥に見えるのが修道院で、修道院の向かいには「モーロ庭園」があり、みんな思い思いに座ったり寝転んだりしてくつろいでいます。

夕暮れ時、ゆるい坂道を登って修道院へたどりつくと、まず夕日を浴びてオレンジ色にそまっている修道院そのものが美しい。。。

昼間もきれいで多くの人が訪れるんでしょうが、夕暮れ時は夕日と夜景目当てと思われる大きなカメラを持った人たちなんかもたくさんいて、みんな日が暮れるのを待っていました。

西日を浴びたドン・ルイス1世橋とその上を走るメトロ、オレンジに染まる街と川面が、何もさえぎるものなくいっぺんに見渡せてきれい&気持ちいい!

ほうきにまたがったキキがふわりと飛んできそうな景色です。

日が沈むと、橋や街にぽつぽつとやわらかいオレンジ色の明かりがともりはじめて、これまたきれい。

でも思っていたよりは明かりが少なくて、暗い部分も多いです。

なので、完全に日が落ちて真っ暗になったときよりも、夕方と夜のあいだくらいの方がきれいに見えました。

人口が減っているのか?古い空き家が多いんですかね。

そういえば街なかを歩いていても、古くて1階部分しか使われていない建物とかけっこう見たような気がします。

修道院からドン・ルイス1世橋のたもとまで降りてみてもきれいです。

ただ高低差がハンパないので足腰にきますが……。

スポンサーリンク

まとめ

街のなかで最も高い建物である「クレリゴス教会」の塔の上から夕日や夜景を眺める……っていうのもいいかもと思いましたが、塔の上はとても狭いので混雑している可能性が高いです。

セラ・ド・ピラール修道院からは街と川、沈んでいく夕日がぜんぶきれいに見渡せるのでおすすめです!

スポンサーリンク
ポルトガル
スポンサーリンク
気になったらぽちっと
こまだこまをフォローする
こまだこまのロバの耳ブログ

コメント