舟券買うならテレボート一択。マークシート派の人は損してるかも?

江戸川競艇場のハズレ舟券を食べるヤギ、マッシロー 競艇に関するあれこれ
スポンサーリンク

わたしは競艇をはじめた当初、舟券はマークシートで買ってました。

でも、テレボートに移行した彼氏がしばらくして、「テレボートにしてから的中率があがったような気がする」と言ったのをきっかけに、わたしもテレボートに登録。

だってあげたいもん的中率わたしも。ほんとにあがるのか的中率。

2019年4月現在でテレボートをはじめて半年たちましたが、結論としては「もっと早くテレボートにしとけばよかった!」

そう感じた理由をあげていきたいと思います。

スポンサーリンク

舟券はマークシートよりテレボートで買った方がいい9の理由

どこにいてもすべての場の舟券が買える

スマホさえあればどこにいても舟券が買える、というのは大きなメリットです。

「家にいながらにして…」というのがよく言われるところだと思うんですが、本場でレースを観たい派のわたしが感じる最大のメリットは、本場のどこにいても舟券が買えるということ。

マークシートだと投票所に並ぶことを考えて、締め切り時間前はなるべく投票所の近くにいなければ……などとちょっと行動に制約がでます。

でもテレボートだとどこにいてもいい!ごはん食べながらでもトイレにいながらでも舟券が買えます。

そしてSGなど大きなレースでは投票所に長い列ができますが、その列に並ばなくていい、というのはかなり大きなメリット。並ぶのダルいし焦ってマークシート書き間違えたりするし。

正直この点だけでも、テレボートに登録しない理由がわからねぇ……と思います。

締め切り時間ぎりぎりまで考えることができる

これもけっこう大きなメリットだと思います。

マークシートだと、記入する時間と投票所に並ぶことも考えて、締め切りの5分前くらいには予想を終えていなければいけないところを、テレボートなら時間ぎりぎりまで考えられる。

入力も購入もあっという間だし、書き間違えもない。

予想時間が長ければ予想が当たる……ってもんでもないですが、舟券を買う時間と手間についての心配がなくなるっていうのはすごく楽です。

フォーメンションで買うとき、点数とオッズがわかりやすい

マークシートだと、まだフォーメーションで買えない場とかもある?んですかね?さすがにもうない?

テレボートだと、フォーメーションで買うときの点数とそれぞれのオッズが一発でわかるのですごくイイです。

オッズ表を見て、自分の買い目がいくらつくのかを探して確認する必要がありません。

あとマークシートでフォーメンション買いするときって、「ん?これだと結局何点になるんだ?」って思って計算したりしますよね。テレボートだとそれもすぐわかるので超便利。

とりあえず入力してみてから考えることができる

フォーメーションで、とりあえず1着2着3着に来そうな人をざっくりいれてみて出てきた買い目を見てから、展開的にこの人がこの人より上に来ることはないだろう……など考えつつ買い目を絞っていくことができます。

わたしはだいたいそのやり方で買うことが多いです。

マークシートだと買い目を決めてからでないと書けません。

この思考の過程の違いは、けっこう買い目に影響するんじゃないか?と思います。テレボートのやり方に慣れると、マークシートはなんとも不便というか、不自由だったなぁ…。

さらに、マークシートを書き直すのはかなりめんどうですが、テレボートなら何度入力し直してもたいした手間になりません。

自分の予想に応じて金額に重みをつけやすい

フォーメーションで何点か買うときに、自分の予想に応じて賭ける金額をそれぞれ変えることが簡単にできます

マークシートでフォーメーションを買おうとすると、一律で同じ金額を賭けることになりますよね。

それでもそれぞれ金額を変えようとすると結局、1点1点個別にマークシートを塗らなきゃいけなくなるのでものすごくめんどくさい。

なので、まぁいいや全部100円ずつで。ってなっちゃう。そして本線が当たったとき、あーやっぱり!!あそこにもっと多く賭けとけばよかった!と後悔する。

という流れを防げるのがテレボートです。

自分の予想に集中できる

人の心は弱いものじゃないですか。

ちょっと予想が難しいなぁと思うレースのときなんか特に、何が売れてるかとか、何を買えば「つく」のか「おいしい」のか、とか見ちゃうじゃないですか。

見たらそれに影響されちゃうじゃないですか。

でも!!大事なのはやっぱり自分の予想だと思うわけですよ!!誰が来ると「自分は」予想するのか?ですよ!!

わたしはテレボートにしてから、予想するときはスマホのテレボート投票画面とにらめっこなので、全体のオッズをチェックするということが少なくなったし、チェックしたとしてもすぐに自分のスマホと予想に戻って集中できるようになりました。

全体のオッズよりも、「自分が来ると読んだ買い目はいくらつくのか?」が大事。オッズより先に自分の予想ありき。

テレボート投票画面に集中することによって、自分の予想に集中できるようになったと個人的には思います。

①~⑥の要因によって、的中率があがる?

これは正直なんとも言えないところです。

マークシートで買っていたときはちゃんとした収支をつけていなかったので比較できないというのと、もし的中率があがっていたとして、それはただ単に競艇を始めたばかりの頃より予想と買い方が多少うまくなった、ってだけのことかもしれないので。

ただひとつ言えることは、マークシートで買うのとテレボートで買うのでは買い方が確実に変わる、ということ。

わたしのように、フォーメーションで買うことが多い人は特に変わってくるんじゃないかと思います。そしてそれは上にあげた①~⑥の理由により、おそらくいい方に影響すると思います。

テレボート会員限定のキャンペーンが意外と当たる

キャッシュバックキャンペーンや、レース観戦ツアー、前夜祭に招待など、テレボート会員限定のキャンペーンを年中いろいろやってます。

わたしは過去にキャッシュバックキャンペーンで3,000円が1回と、プレミアムクオカード3,000円分が1回、手帳が当たり、彼氏はなんと10,000円が2回当たりました。

テレボート会員がまだ少ないのか、それとも応募者が少ないのかはわかりませんが、プレゼントや現金が意外と当たるなぁという印象です。

前夜祭とか、いつか行ってみたい……。

収支が確認できる

月別、年別、場別、などなど、いろんな条件での収支(的中率と回収率)が確認できます。

まぁ大半の人は収支なんて怖くて確認したくねぇ……って感じかもしれませんが(わたしもそうです)、やっぱり現実をきちんと見つめるのは大事。

だからこそ成長もあるってもんです。と、信じてます。

何かの間違いでプラス収支になってるときなんかは、収支を何回でも見たくなります。ま、すぐにマイナスになることはわかってますけどね。だからこそ見たいんす。

昨年(2018年)のわたしと彼氏の収支を紹介しています。参考までに。

スポンサーリンク

テレボートのデメリット

それはもう、「いつでもどこでも買える」ということしかないんじゃないでしょうか。

長所は短所。

わたしは今のところ、他にテレボートのデメリットは思いつきません。

 

競艇やってる人に「なんでテレボートにしないの?」と聞くと、だいたいの人は「いつでもどこでも買えるようになったら買い過ぎてヤバそうだから(笑)」というようなことを言います。

まぁ確かにヤバい人はヤバいのかもしれませんが……。

でもこれは本音半分、もう半分は単に、テレボートってよくわかんないし手続きとかめんどくさい、ってことなんじゃないかなぁと思ってます。

手続き自体は簡単ですぐ終わります。

あとは自分を律する心!!ですね。

スポンサーリンク

まとめ

以上、競艇歴2年目、テレボート歴半年のわたしが感じたテレボートのメリットとデメリットをあげてみました。

いろいろ細かくメリットをあげましたが、

舟券をマークシートで買うかテレボートで買うかによって、予想と買い方が変わってくる、ということは実際やってみるまでわからなかったことです。

テレボートによって時間と手間、行動の制約がなくなることが予想と買い方に及ぼす影響は想像以上にデカいです。

 

本場に行くと、競艇歴長そうな人たちでもまだまだマークシートで買っている人はたくさんいて、テレボートの方がいいよ……といつも思います。

登録しようか迷ってる人は、とりあえずやってみたらどうでしょうか。

テレボート会員募集サイト

スポンサーリンク
競艇に関するあれこれ
スポンサーリンク
気になったらぽちっと
こまだこまをフォローする
スポンサーリンク
こまだこまのロバの耳ブログ

コメント