競艇好き、旅打ち好き(旅好き)なら楽天カードは持っておこう

旅のノウハウ
スポンサーリンク

「旅行と競艇、ときどき読書、だいたい酒」というテーマで運営してます当ブログ。

最近ではかなり旅打ちの記事も増えてきて、それにつれて少しずつ競艇記事を読んでくれる人も増えてきているので嬉しいかぎりです。ありがとうございます!

本場の様子や指定席の取り方、旅打ちついでの観光情報など、なるべく、これから旅打ちしようという方のお役に立てるような記事を書こうと心がけています。(役に立たない自己満記事も書いてますが……)

ということで、今回のテーマはなんと「楽天カード

最近ふとしたことがきっかけで、クレジットカードについていろいろと調べていました。

そしたら、

わたしと同じように競艇好き&旅打ち好き(旅好き)の人には楽天カードめちゃめちゃおすすめじゃない?

という気づきが。

もうすでに楽天カードを持っていて活用している人も多いでしょうし、知ってる人からしたら今さら?って感じかもしれませんけど……。

この記事では、まだ楽天カードを持ってない人、持ってるけど楽天カードのメリットとかあんまりそういうのよくわかってない人(←かつてのわたし)向けに、「競艇好き、旅打ち好き、旅好き、の人は楽天カードを使うとお得だよっ!」

ってことを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

競艇好き・旅打ち好き・旅好きに楽天カードをおすすめする理由

競艇が好きで旅打ちもしたい、そもそも国内外問わず旅行自体よく行く、これから行きたい、というわたしと同じような人は、楽天カードにポイントを集約させるといいんじゃないかなぁ~と思います。

てかふつうに楽天カードって普段から使う機会も多くて、ただでさえポイントが貯まりやすいカードですよね。

しかもメリットもたくさん。

以下に、楽天カードのメリットや、競艇&旅行好きの人が楽天カードを持っておいた方がいい理由をあげていきます。

楽天カードは入会費・年会費永年無料

楽天カードは入会費・年会費が永年無料です。

日常生活のなかでポイントを貯めやすいし、国内旅行にも海外旅行にも使い勝手がよくポイントも貯まる、金利も高い、海外旅行保険もついてる。

無料カードのなかでサービスの充実度、使い勝手の良さは楽天カードが一番じゃないかと思います。

楽天銀行でテレボートを利用するだけで楽天ポイントが貯まる

まだテレボートではなくマークシートで舟券を買っている人は、こちらの記事をぜひ参考に。「まだマークシートで買ってる人、早くテレボートにした方がいいぞ⁉」って記事です。↓

わたしは去年(2018)の10月からテレボートをはじめました。

登録した銀行は楽天銀行です。

舟券を買うときにまず、楽天銀行からテレボートに入金するわけですが、それだけで楽天ポイントが貯まります。

なんなら、テレボートに入金するだけで、舟券買わなくても楽天ポイントは貯まります(笑)

>>ボートレースオフィシャルサイト・テレボートについて

楽天トラベルで楽天カードを使って決済するとポイントが普段の2倍貯まる

普段の楽天ポイントは、100円につき1ポイント。

でも、楽天トラベルで楽天カードを使って決済した場合は1ポイント追加でもらえるので、普段の2倍ポイントが貯まる計算になります。

わたしはこれを知らずに、旅打ちのときにふつうに楽天トラベルで予約して楽天カードで決済していたことが多く、気づいたらけっこうポイントが貯まっていました。

さらに、楽天トラベルで旅行予約した月の、楽天市場での買い物もポイントも2倍~最大15倍と、かなりお得に。

てことで、今まではAmazonで買い物をすることが多かったんですが、最近は楽天市場で買い物をする機会も増えました。

海外旅行での傷害・疾病治療補償額が200万円と高額

こちらは旅打ちなどの国内旅行には関係ないですが、海外旅行される方には超重要なポイント。

クレジットカードには海外旅行保険がついてるものがいくつかありますが、楽天カードはエポスカードについで、病気やケガをしたときの治療保険が200万円と高額なカードになっています。

年会費無料のカードのなかではトップクラスの金額です。

ひとつ注意が必要なのは、楽天カードの海外旅行保険は「利用付帯」であるということ。

カードを携帯しているだけで保険がきくのが「自動付帯」

「利用付帯」とは、自宅から空港までの交通費や、航空券・ツアー代金などを出国前に楽天カードで支払うと、出国日から保険が適用される、というものです。

(詳しくは、>>楽天カードオフィシャルサイト・海外旅行傷害保険

海外での治療費は高額になってしまうので、保険に入ってないと万が一のときにほんとにヤバいです。

楽天カードで旅行費の一部でも決済すれば、保険も適用されるしポイントも貯まります。

楽天証券とセットで使えば、金利が0.1%と大幅アップ⤴

これについては競艇や旅行とは関係ないですが、楽天カードや楽天銀行を利用するなら超重要なことです。

楽天銀行は、楽天証券との口座連動サービス「マネーブリッジ」をすれば、金利が0.1%とメガバンクの普通預金の100倍の金利になります。

マネーブリッジを設定したからと言って株取引をしなければいけないということはなく、設定しただけで金利は0.1%になるので、株はやらないという人でも大丈夫です。

楽天銀行に申し込んだら、忘れずに楽天証券もセットで登録しておきましょう。

こんなに使い勝手のいいカードで金利も高いとなると、もはや楽天を使わない理由がありません……。

最近世間をにぎわせた「老後の資金2000万円問題」で、金利の高いネット銀行への申し込みが増えたということを聞きましたが、楽天銀行もそのひとつです。

スポンサーリンク

楽天銀行カードより楽天カードがおすすめ

ということで、メリットばかりの楽天カード

そんな楽天カードには、楽天カード楽天銀行カードの2種類があります。

それってどう違うの??

という疑問についてざっくりまとめていきます。

楽天カードの主な特徴は、

  • 対応ブランドはVISA、Master、JCB
  • 楽天Edy、楽天ポイントカードの機能付き
  • 引き落とし口座が選択可能     

それに対して楽天銀行カードの主な特徴は、

  • 対応ブランドはJCBのみ
  • 楽天銀行キャッシュカード機能で、月に最大7回まで手数料無料で現金がおろせる
  • 引き落とし口座は楽天銀行のみ   

両者を比較してわたしがおすすめしたいのは、楽天カードです。

その理由として、

  • 楽天カードはまず、対応ブランドが3社から選べるので、海外旅行にも使えるカードであること。(海外で使いたいならVISAかMaterを選択しましょう)
  • そして、楽天Edyや楽天ポイントカード機能で、楽天銀行カードよりもポイントが貯まりやすい。

ということが大きな利点です。

  

ちなみに楽天Edyと楽天ポイントカード機能について説明すると、

楽天Edyというのは、suicaやPASMOなどと同じ電子カードの機能で、それが楽天カードにはもともと付いています。

Edyで支払いをした場合や、楽天カードからこのEdyにチャージすることでも、ポイントが貯まっていきます。

楽天ポイントカードというのは、その対象となるお店で楽天ポイントが貯められる機能のこと。

つまり、対象となるお店で楽天カードで支払いをすれば、ポイントのダブル取りができるということになります。(対象店舗は、マクドナルド・ミスタードーナツ・くら寿司など多数)

 

まとめると、楽天カードの方が楽天銀行カードよりも

  1. 海外でも使えるので便利
  2. 自然とポイントが貯めやすい

というメリットがあります。

楽天カードは引き落とし口座が選択可能ですが、マネーブリッジをするため楽天銀行に口座を開設して、楽天カードを作ることをおすすめします。

スポンサーリンク

楽天カードをうまく使ってお得に旅しよう

以上、この記事で紹介した、競艇好き・旅打ち好き・旅好きさんにとっての楽天カードのメリットについてまとめると、

  1. 入会費・年会費永年無料
  2. テレボートに楽天銀行を登録して、入金するだけでポイントが貯まる
  3. 楽天トラベルで旅行予約をして、楽天カードで決済するとポイントが2倍貯まる
  4. 楽天トラベルで旅行予約した月は、楽天市場での買い物でポイントが最大15倍貯まる
  5. 海外旅行保険がついている
  6. 金利が0.1%と、メガバンクの100倍

ということになります。

そもそも、競艇好き・旅好きさんでなくとも、金利の高さとポイントの貯めやすさという点だけでも、作っておいて損のないカード。

競艇好き・旅好きさんならさらに、わたしみたいにズボラでもポイントは勝手に貯まってくのでおすすめです。

わたしの競艇場24場制覇の旅も、ようやく折り返し地点を過ぎました。残りあと10場と、それが終わったらしめくくりとして韓国競艇も行ってみたいなぁ、と。

これからも楽天カードをフル活用して、ポイントを貯めながら旅を楽しんでいきたいと思いま~す!

コメント

タイトルとURLをコピーしました