浜松駅近『さわやか』で初げんこつハンバーグ。基本的に整理券をもらう必要あり!

ボートレース浜名湖

浜松に行くたびに、毎回行ってみたいと思いながら行けていなかったお店『炭焼きレストランさわやか

静岡県内にしかチェーン展開していないハンバーグレストランです。

あまりに人気のため、行列は当たり前。

公式サイトから全店舗の待ち時間が見れるんですが、浜松駅から最も近い店舗「浜松遠鉄店」の土日の待ち時間は、驚異の4時間となっている時もあるほど。

ふらっと行って入れる、という感じではなさそうです。

確実に行きたいなら早めに整理券をもらうのがベスト!ってかマスト!

ってことで、今回は初げんこつハンバーグ目指して朝から並んでみました。

日曜日に整理券を取ってからお店に行くまでの流れを紹介しているので、行ってみたい方はご参考までに。(平日の混み具合は、これよりマシだと思います)

朝イチで整理券を取りに行ってみた

さわやか浜松遠鉄店は、浜松駅前北口を出てすぐの遠鉄百貨店の8階にあります。

百貨店の開店が午前10時なので、開店と同時くらいに行けばさすがに大丈夫でしょ~と思って10時ちょっと前に行ってみたら、なんとすでに入り口前に長い行列ができていてびっくり。

係員の人が何やら説明に来て、ふつうに百貨店に入店する人の列と、『さわやか』がある8階直通のエレベーターに乗りたい人のための列をわけていることがわかって、またまたびっくり。

入り口に対して右側の長い列に並ぶ人はみんな、『さわやか』の整理券を取りに来た人でした。

 

開店と同時に、係員の案内に従って入店。

エレベーターで順番に上がっていきます。

8階に着いたら再び並んで、整理券をもらいます。

 

わたしたちは10時ちょっと前から並んだ結果、56組目でした。

入店してからは15分ほどで整理券がもらえたので、わりとスムーズだったかなと思います。

目安案内時間は「12:07」と、このとおりにいけばランチにちょうどいい時間。

結果的に、わたしたちが入店したのはほぼ目安通りの時間となりました。

キャンセルが多数出ると急に待ち時間が短くなることもあるので、それを考慮して時間をつぶすことを考えた方が良さそうです。

 

整理券に印字されているQRコードを読み取ると、待ち時間の目安と、あと何組待ちかが表示されます。

「お呼び出しメールを設定する」というボタンをタップして設定すると、メールで通知がきます。

入店可能時間が近づくと、「ご来店ください」という表示に。

自分の番が来てから20~30分くらい過ぎると自動的にキャンセルになってしまうことがあるみたいなので注意です。

呼び出しが来たら早めに行って、お店の前の待合スペースでスタッフさんが番号を呼んでくれるのを待ちましょう。

ちなみにこの日、わたしたちが入店したくらいの時間の待ち時間を見てみると、約254分待ち

何も知らずにふらっとお店まで来た人が、待ち時間を聞いて「えええ!!?」となっているのを何度か見かけました。

注文は事前に決めておこう

これだけ混雑しているので、できれば入店前に注文を決めておきましょう。

公式サイトにメニューが載ってます。

初めて行く人は、「げんこつハンバーグ+オニオンソース」がおすすめみたいです。

炭火焼レストランさわやか メニュー

待ち時間に浜松城に行ってみた

わたしたちの待ち時間は約2時間ほどあるってことで、時間をつぶすべく浜松城に行ってみました。

浜松駅から浜松城へは、駅北口のロータリーから路線バスに乗って約6~10分ほどで行けます。

以下、乗り場と降りるバス停です。

  • ①⑮番乗場から~「市役所南」下車
  • ⑬⑭乗場から~「市役所前」「浜松城公園入口」下車

 

「市役所南」「市役所前」で降りるとお城が近く、「浜松城公園入口」はお城と反対側になります。

わたしたちは「市役所南」で下車。

が、しかし……なんとお城は改装工事中!!

今年(令和4年)の年末ぐらいに工事は終わるみたいです。

気をとりなおして、けっこう広い公園内をお散歩。

  

本来ならあそこに天守閣が見えていたのか……。

広々として木々もうっそうとしていて、散歩にちょうど良かったです。

公園内にはスタバもあり、午前中からけっこうにぎわってました。

公園の近くにある小さいレストランも、Googleマップの口コミを見るとなかなかおいしそうです。

浜松城と公園をのんびり散歩して駅に戻ってしばらくすると、『さわやか』からの呼び出しメールがきました。

『さわやか』は確かに味も接客も最高!

順番が来たら、整理券を持って待合スペースへ。

座って待っていると、スタッフさんがテキパキと番号を呼んで案内してくれます。

人数によっては多少順番が前後することもあります。

 

席について一応メニューは見たものの、お互いあらかじめ決めていたものを注文。

これだけ混んでるお店だと、退店までなるべくスムーズに事を運ばなければ……という謎のプレッシャーを感じちゃいます。笑

ハンバーグは、中にはまだほとんど火が通っていない、ボール状のまん丸な形で運ばれてきます。

それをスタッフさんが席で半分に切って鉄板にジューーーと焼きつけて、お客さんの好みでソースを。

このときめちゃくちゃ油がとぶので、焼きつけている間は紙のシートでしっかりガードします。

250gのげんこつハンバーグは、1,155円。

牛肉100%の肉肉しいハンバーグで、ボリューム満点です。

スタッフさんが焼きつけてくれたあとにナイフを入れると、中はまだこの色。

ひき肉でこの色は大丈夫なの??とちょっと思いますが、『さわやか』の焼き加減は基本レアで、これによって肉汁を閉じ込めてお肉の旨みが味わえる!ってことみたいです。

たしかに、ガツンとお肉!!!!って感じで旨かった。

レアが苦手な人は、スタッフさんに伝えておくとしっかり焼いてくれると思います。

 

特に期待してなかったけど、セットのライ麦パンもふわふわもちでおいしかったー!

鉄板に余ったソースをパンできれいに拭って食べられるし、ご飯もいいけどパンもオススメです。

 

ハンバーグ250gというとけっこうなボリュームでしたが、小食のわたしも意外とペロリと食べられました。ほんとに旨いものは胃の負担も少ないのでしょうか……。

そしてすごかったのが、スタッフさんの接客とホスピタリティ!!

入り口で案内してくれた人もハンバーグを運んできてくれた人も、とにかく高いプロ意識を感じる接客で素直にスゴイ!!!と思いました。

スタッフの教育が行きとどいているというのはもちろんですが、提供する商品がすばらしいからこそ自信を持って接客できる、ってのも大きいのかなと。

トータルでの満足度が高く、大人気なのも納得の『さわやか』初体験でした。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました