【深川ワイナリー東京】100円から楽しめるワインの試飲と、丁寧な説明の醸造所見学が楽しい!

ワイン
スポンサーリンク

都内にある4つのワイナリーのうちのひとつ、「深川ワイナリー」

門前仲町駅、越中島駅からともに歩いて約5分ほどのところにあります。

11月は週末に新酒祭りをやっているとのことで行ってみました!

先月行った「清澄白河フジマル醸造所」に続いて、都内にあるワイナリー見学2軒目です。

>>清澄白河フジマル醸造所で贅沢ランチ。住宅街の中のワイナリーを見学!

深川ワイナリーの外観
スポンサーリンク

 醸造所を眺めながら楽しめるワインの試飲は、100円から!

深川ワイナリーの醸造所正面

道に面した店舗の正面が入り口かと思い近づいてゆくと……

入り口は右手通路奥とのこと。

あとでわかりましたが、この木の取っ手の扉の奥はワインの醸造スペースでした。

深川ワイナリーの入り口

建物の横の通路の奥が入り口です。

深川ワイナリーの店舗入り口

え?ここ?

と思いますが、ここです。

深川ワイナリーのバーカウンター

扉をあけると、右手側はスタッフの方が立つバーカウンター

深川ワイナリーのバーカウンター

左手側は、タンクなどが並ぶ醸造所が眺められるカウンターになっています。

この日は新酒まつりでお客さんが多いから?

それともお昼の間はいつもそうなのかな??立ち飲みスタイルでした。

深川ワイナリーのレストランスペース

バーカウンターの奥のスペースは、夜は完全予約制のレストランとして営業しているそうです。

この日は入りきれないほどの人で賑わっていました。

いつもはもう少し落ち着いてるのかな?

深川ワイナリーのワインリスト

新酒のワインリストがこちら。

どのワインも、20ml 100円、40ml 200円、60ml 300円で試飲できます。

ワインに合うおつまみとのセットメニューもあったので、わたしたちはそちらを頼んでみました。

お会計はキャッシュオンです。

深川ワイナリーのワインの試飲

Aセット1000円

新酒山梨勝沼生産農家矢野さんデラウェアスパークリング(白)
長野コンコード&山形マスカットベリーAのスパークリング(赤)

ライムオムレツとモルタデッラ

両方とも、瓶内二次発酵で無濾過のスパークリングワインです。

赤の方は、甘くてめちゃめちゃいい香り!

飲んでみると香りほどには甘くなく、すっきりとした甘さがなんとも心地いい。

これはなにもつまみがなくても、単品で飲んでおいしいです。

白の方は、わたしたちが飲んだのはタンクの下の方の液体だったらしく、かなり濁りが強いです。

でも見た目のイメージとは違って、すっきり爽やかな飲み口!

果実感がすごくあるし微発砲なのでぐいぐい飲めちゃいます。

深川ワイナリーのワインの試飲

Bセット1000円
南オーストラリア アーロンさんソービニヨンブラン(白)
南オーストラリア アーロンさんカベルネソービニヨン(赤)
ライムオムレツ とモルタデッラ

こちらはAセットのワインとは違って濾過してあるので、透き通った見た目で全然色が違います。

赤の方は、果実感に加えてけっこう渋みもあるので、食事と合わせたい感じ。

白の方は、見た目通り味もスッキリ!

さわやかで軽やかで、何の抵抗もなくするすると喉を通っていきます。

深川ワイナリーのライムオムレツとモルタデッラ

そして、AセットとBセットについてくる共通のおつまみ、ライムオムレツとモルタデッラ

ライムオムレツは白ワインと、モルタデッラは赤ワインと合わせます。

これが確かにすごく合うぅぅう!!!

オムレツにライムって発想はなかったですけど、卵がすごく爽やかになっていいですねこれ。

深川ワイナリーのワインの試飲

さらにもう1種類ずつ頼んでみました。

参考までに、左が60ml(300円)で、右が40ml(200円)です。

スポンサーリンク

10分ちょっとでも満足度の高い醸造所見学

醸造所見学は通常、土・日・祝だけやっていて、時間は13時~、15時~、16時半~の3回。

わたしが行った日は新酒まつりでお客さんが多かったので、15時台に2回、見学案内の時間が設けられました。

深川ワイナリーの醸造所スペース

通りに面した木の扉を開けると、醸造スペースが現れます。

深川ワイナリーの醸造スペース


いろんな機械や発酵タンクがずらり。

発酵タンクの奥に、さっきまでわたしたちがいたバーカウンターが見えます。

深川ワイナリーの醸造スペース

ぶどうの茎を取り除き、ぶどうの粒を軽く潰す機械。

「どうぞ近づいて、触ってみてもいいですよ」

と気さくに、かつ丁寧に説明してくださるのは、深川ワイナリー醸造責任者の上野さんです。

深川ワイナリーの醸造スペースにあるプレス機

こちらは、ぶどう果汁を搾るプレス機。

中で風船のようなものがふくらんで、その圧でぶどうを潰すんだそうです。

深川ワイナリーの醸造スペース見学のようす

実際の醸造の手順を、写真を使って丁寧に説明してくださる上野さん。

いろいろと質問などもしやすい雰囲気でとてもよかったです。

深川ワイナリーの醸造スペースにある、ボトルにコルクを詰める機械

これは、ボトルにコルクを詰める機械。手作業で一本一本詰めていくそうです。

一日に1000本以上も詰めるとなると、大変な作業。

「パートさん募集してます!」とおっしゃっていました。笑

他にも、仕込みのお手伝いなどをボランティアスタッフで募集しているそうで、「お礼にいくらでもぶどうを持って帰ってください!」だそうです。笑

ワイン造りに参加できてぶどうまでお土産にもらえるなら、ぜひやってみたいですねー。

醸造所見学は10分~15分ほどで終わりましたが、上野さんの親しみやすく丁寧な説明のおかげで、とても楽しかったです!

深川ワイナリーのワインの試飲

醸造所見学からお店に戻ってまた1杯ずつ飲み…

深川ワイナリーのボトルワイン

最初のAセットで飲んだ新酒山梨勝沼生産農家矢野さんデラウェアスパークリング(白)2592円

を買って帰りました。

無濾過で微発砲のこのワイン。

お店で飲んだものとは濁りぐあいが違っていて、ほんの少しだけ酸味も強いような?

栓を開けて少したつと発砲度合も味も落ち着いて、果実味を感じるものすごく飲みやすい感じに。

あっという間に2人で空けてしまいました~。

スポンサーリンク

深川ワイナリーへのアクセスと、完全予約制レストラン

f:id:komadakoma:20181119152014j:plain

お昼はワインの試飲と販売だけですが、夜は完全予約制のレストランを営業されています。

月・火は鮨懐石、水~日はイタリアンのコースで、どちらも4500円

ということで、わりと利用しやすい価格帯なのが嬉しいです。

個人的には鮨懐石が食べたい!

予約は前日までに電話かメールで。

深川ワイナリー

【アクセス】

深川ワイナリー
〒103-0045
東京都江東区古石場1-4-10
高畠ビル1F

電話:03-5809-8058
e-mail:info@fukagawine.tokyo

都営大江戸線・メトロ東西線 門前中町駅から徒歩5分

JR京葉線 越中島駅から徒歩5分

試飲・販売
月~金   :13:00~17:00
土・日・祝日:10:00~17:00
バータイム :17:00~22:00(L.O 21:30)
醸造所見学
土・日・祝日:13:00~、15:00~、16:30~

 「深川ワイナリー東京」直営のワインガーデンも、期間限定でオープンしているそうです。

こちらもコースは4500円。

深川ワインガーデン
ぐるなび

深川ワインガーデン

ジャンル:醸造所のワインガーデン
アクセス:都営大江戸線門前仲町駅 徒歩2分
住所:〒135-0048 東京都江東区門前仲町2-10-1(地図
ネット予約:深川ワインガーデンのコース一覧
周辺のお店:ぐるなび 門前仲町×ダイニングバー
情報掲載日:2018年11月19日

清澄白河フジマル醸造所にも行ってきました↓↓↓

>>清澄白河フジマル醸造所で贅沢ランチ。住宅街の中のワイナリーを見学!

勝沼で18000歩歩いてワイナリーを巡ってきました!↓↓↓

>>【勝沼】ワイナリー巡り・徒歩で11軒行ってみたなかからおすすめを紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました