【黒崎】エビス屋昼夜食堂すごすぎ。何度でも通いたくなる名店です

ボートレース若松

今回わたしたちは若松ボートと芦屋ボートに行くため、黒崎駅前に宿泊。

黒崎駅前にはアーケードがあり、想像していたよりはお店がけっこうあるなーという印象でした。

ただわたしたちが訪れたのは「まん防」期間中だったため、かなり多くの店が休業・もしくは時短営業。

黒崎の夜の、本来のポテンシャルを確認することはできませんでした。

でもそんななかでも圧倒的に凄かったお店が『エビス屋昼夜食堂』

本来ならなんと24時間営業の食堂です。

「まん防」中でも朝8時~夜21時まで営業してくれていてあんまりにもいいお店だったので、わたしたちは2泊3日のうち、朝・昼・晩の3回行きました。

さすが「黒崎と言えばここ」というぐらい、歴史もあり愛されているお店でした!

『エビス屋昼夜食堂』へのアクセス

黒崎駅「エビス屋昼夜食堂」の外観

エビス屋昼夜食堂は、黒崎駅から徒歩5分。

飲食店が集まる繫華なエリアのはしっこの方にあります。

大きな看板が目印です。

『エビス屋昼夜食堂』は朝昼晩いつ行ってもスゴイ

今回わたしたちはエビス屋さんに3回行ったので、夜・昼・朝とわたしたちが行った順番に食べたものを紹介します。

黒崎に来たら、一度は行っておくべきお店です.

夜は2人で5,000円でお釣りがきました

本来であれば、24時間お酒を提供しているエビス屋。

黒崎駅「エビス屋昼夜食堂」の外観

わたしたちが行ったときはまん防中だったため、お酒の提供は8時まで。

そのせいでみんな飲みはじめの時間が早くなっていたのか、一度18時頃に行こうとしたら満席で、外に並んで待っている人がいる…ということもありました。

  

店内はコの字型のカウンター席のみで、20席ほど。

黒崎駅「エビス屋昼夜食堂」の店内のようす

ショーケースの中にはおかずが並んでいて、カウンターの中には仕事のできそうな女性が数名。

みなさんムダの無い動きで、それぞれ黙々と仕込み・調理・盛り付けをこなしています。

 

そして眺めるのも楽しいメニュー。

黒崎駅「エビス屋昼夜食堂」のメニュー

赤字になっているのがオススメなんでしょうか。

ワンコイン以下のものも多く、ひとり飲みにもいいですね。

 

そば・うどん・ちゃんぽんなどの麺系も充実。

黒崎駅「エビス屋昼夜食堂」のメニュー

生中は570円と、このお店の中ではちょい高め。

ウイスキー640円にいたってはもはや高級品に感じられます。

このお店で、何のウイスキーがどんな状態できたら640円になるのか? 

   

「今日のおすすめ」は黒板に書いてあり、どれもそそる物ばかりでした。

黒崎駅「エビス屋昼夜食堂」のメニュー

山口県の下関に行ったときにクジラが名物ということを知りましたが、下関に近いここ北九州でもクジラはけっこう食べられているんですかね。

 

まずは瓶ビール大(640円)・マカロニサラダ(230円)・ゴマサバ(460円)ヒラアジ刺身(680円)を注文。

黒崎駅「エビス屋昼夜食堂」のゴマサバとマカロニサラダ
黒崎駅「エビス屋昼夜食堂」の店内のようす

提供がものすごく早い・値段のわりに量が多い・うまい。

瓶ビールが赤星なのも個人的にはうれしいです。

  

そして一杯チューハイ(390円)をはさんでから、お酒(430円)高菜の油炒め(230円)・かき揚げ(140円)を。

黒崎駅「エビス屋昼夜食堂」の高菜の油炒めとかき揚げ

高菜はお腹にたまらないツマミとしてちょうどよく、量もたっぷり。

かき揚げは案の定かなりのボリュームでおいしく、満足度大です。

 

メニューに「貝汁」を見つけるとなんとなく注文したくなる年齢になったなぁ……などと思いつつ。

黒崎駅「エビス屋昼夜食堂」の貝汁

貝汁(280円)

甘めの白みそ、というのがこのあたりの地域のスタンダードなんですかね。

 

このお店のメニューは量が多いということで期待してはいましたが、期待を大きく上回るアサリの数。

黒崎駅「エビス屋昼夜食堂」の貝汁

たった280円で、2人のツマミとしては充分な量が入ってました。

写真は撮り忘れましたがいわしみりん(300円)もつつきつつ。

2人で3杯ずつ飲んであれこれつまんで満足して、5,000円でお釣りがくるんだからすごい。

この店うちの近所にあってくれ!!!と強く思いながら、ホテルへと帰りました。

こんな完璧なお弁当見たことない

黒崎に滞在中1日はホテルにこもって仕事をしていたため、お昼ご飯もエビス屋で食べてみることに。

口コミを見ると「お弁当もすごい」とのことだったので、店内で食べずにお弁当を持ち帰り。

お弁当の値段は、(小)480円・(中)640円・(大)900円・(特大)1,130円

わたしたちが注文した(中)640円の中身はこちらです。

黒崎駅「エビス屋昼夜食堂」のお弁当(中)

感動。これはすごい。 

ひとつひとつのおかずにちゃんと存在意義があり、隙間をうめるためだけの具材がひとつもない、彩りもバランスもいいお弁当。

こんなにもおかずが充実しているのに、昆布たっぷり、梅干しでかい。

これでもか!というパワーを感じるパーフェクト弁当です。

ただ白米がこんもりパンパンに盛られているので、男性からしてもなかなかの量だと思います。

お店にいるときに(特大)を持ち帰りしている人を見ましたが、オードブルのような大きさでした。

お弁当の持ち帰りは、事前に電話して注文する人が多いみたい?です。

満足朝ごはん

メニューのカレーライスがどうしても気になったので、ホテルの朝ごはんを1日パスしてエビス屋に。

朝8時過ぎに行ったら席の3分の1くらいはうまっていました。

カレーライス(480円)

黒崎駅「エビス屋昼夜食堂」のカレーライス

ここのお店はとにかく量が多いということを学習したので、ご飯少なめにしてもらいましたが、それでもそこそこ多かったです。

黄色っぽいルーで味はまぁふつうかな…って感じでしたが、ルーたっぷりでうれしい。

 

彼氏は焼うどん(490円)豚汁(280円)

黒崎駅「エビス屋昼夜食堂」の焼うどんと豚汁

どちらももちろんボリュームたっぷり、おいしかったです。

豚汁はかなり具だくさんなので、これとごはんを頼めば朝ごはんとしてはじゅうぶんという感じ。

元気の出る朝ごはんです。

  

2泊3日のあいだにエビス屋に朝・昼・晩と3回行きましたが、すべてにおいてとにかくすごいお店だな……という感想しかありません。

ボートレース若松・芦屋に行くときは黒崎に泊まることになるかと思うんですが、そのときはまた必ず行くことになるでしょう。

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました