台中のリノベスポット審計新村と緑光計畫でジェラートとクラフトビールを味わう!

台湾

台中ではいま、古い建物をリノベーションして新たにおしゃれショップに再生!という流れがきてるみたいですね。

大きなものとしては、今や立派な観光名所のひとつであるお菓子屋さん、宮原眼科もそのひとつ。

今回わたしが行った審計新村と緑光計畫は、かつては公務員宿舎や水道局だった建物。そこに今ではおしゃれなショップやカフェがたくさん入り、リノベスポットとして人気を集めています。

台中駅からは少し離れていますが、わたしはホテルからぶらぶら散歩しながら行ってみました。

スポンサーリンク

クリエイターが集まる審計新村!お気に入りが見つかるかも

審計新村の露店

街なかからぶらぶら歩いていくと、審計新村一帯にはたくさん露店が出ていました。この日は週末だったので、もしかしたら週末だけ出店しているのかな??

ドライフルーツ、お茶、アクセサリー、皮製品などなど、いろんなお店があって見ているだけでも楽しいです。お店の数も多く、けっこう見ごたえがあります。

審計新村の露店

台湾ではおなじみのタピオカドリンクホルダーも。

審計新村の元公務員宿舎

この建物が、かつての公務員宿舎。午前中はまだあいていないお店が多いです。

というか、台湾はお店のオープン時間が日本よりちょっと遅め。お昼からオープンのお店も多そうだったので、行かれる方は午後からがおすすめです!

審計新村の街並み

宿舎に入っているショップはまだあいていないところが多かったものの、道のあちこちにたくさんのお店が出ていたので楽しめました。

審計新村のなかにあるジェラート屋

わたしのおすすめは、お店の前に置かれた大きなアイスが目印の「DOLCE LUNA(甜月亮)」というジェラート屋さん!

審計新村の中にあるジェラート屋

店内には見たこともないような色のジェラートが並んでいて全部気になるー!!ヤクルト味なんてのもありますね。

どれが何の味なのかよくわからず悩んでいると、お店の方がどんどん試食をさせてくれました。

審計新村の中にあるジェラート屋のジェラート

悩んだ結果、ドラゴンフルーツと烏龍茶、という謎の組み合わせに。まぁでもそれぞれ台湾ぽいと言えば台湾ぽい。

ドラゴンフルーツの方はねっとりしておいしく、烏龍茶は濃いお茶の味がしておいしい!!

審計新村の中にあるジェラート屋

かわいくリノベされて、お客さんが絶えない人気のジェラート屋さんでした。

そしてもう一軒気になるお店を発見。「三時杏仁」という杏仁茶と杏仁豆腐のお店。お店の佇まいからしてかわいいです。

審計新村の杏仁茶のお店

わたしは紅豆杏仁茶(85元・約300円)を買ってみました。

が…予想と違う味!あずきが入っているので甘いかと思いきやそんなことはなく、杏仁というよりは豆乳感がすごくて、意外とどしっとお腹にたまります。杏仁豆腐にしておけばよかったかな……。

杏仁のお店の隣にはなぜかメロンパンをかぶったモアイたちがいたり……

いろんなお店がたくさんあって全体的にすごく活気があり、歩くのが楽しい審計新村でした。

スポンサーリンク

ちょっと大人な雰囲気の緑光計畫

緑光計畫の入り口

緑光計畫は、2階建てコンクリート造りの水道局をリノベーションした場所。大通りに面していないので、ちょっと見つけるのにてこずってしまいました。

路地を一本入ったところにあって意外とひっそりとした雰囲気で、それがまた味があります。

緑光計畫の2階

2階にもお店や休憩スペースがあって、おしゃれ~。

緑光計畫の街並み
緑光計畫にあるクラフトビール屋「啜飲室 台中」

いろんなおしゃれショップがあるなか、わたしのお目当てはこちら、「啜飲室 台中」というクラフトビールのお店!

「台虎」という台湾の醸造所が経営するビアバーです。

緑光計畫にあるクラフトビール屋「啜飲室 台中」の店内

通りの雑踏を離れて、静かで大人な雰囲気。広々とした空間で落ち着きます。なんだかいい意味で台湾ぽくない(笑)

緑光計畫にあるクラフトビール屋「啜飲室 台中」のメニュー

ビールは200元(720円)から。

う~ん、台湾での一食の値段を考えると高いですね~。日本とさほど変わりません。

お店の方はとても親切で、試飲もいろいろとさせてくれます。

緑光計畫にあるクラフトビール屋「啜飲室 台中」のビール

わたしは一番スタンダードと思われる台虎IPA(200元)、彼氏はアルコール低めがいいということで台虎ブライトエール(200元)を。

台虎IPAはスッキリとした苦みでうまい。おもしろかったのは台虎ブライトエールで、焙煎した麦の味わいそのままというか、麦茶みたいな味わい。低アルコールということもあって、ぐいぐい飲めちゃう不思議なビールでした。

緑光計畫にあるクラフトビール屋「啜飲室 台中」のフードメニュー

フードはハンバーガーやポテトなど。

お酒が飲める飲食店が少ない台湾で、1杯200元もするクラフトビールを静かな店内でゆっくり飲んでいると、なんだか自分がどこにいるのかわからなくなってきます。

台湾というと、半分道にはみだしたような開放的かつ庶民的なお店でご飯を食べるのが常でしたが、たまにはこういう隠れ家的なおしゃれなお店もいいですね。

これもまた台湾。

こちらのお店の営業は、平日は17時~23時半、土日は15時~25時となっています。

審計新村のエリアに比べると、ひっそりとして少し大人な雰囲気がただよう緑光計畫。お酒が好きな方は、クラフトビールおすすめです!

スポンサーリンク

廃墟感ただよう忠信市場

忠信市場

国立台湾美術館の近くにある「忠信市場」

「1960年代に開設された市場がさびれて廃墟のようになっていたところに、若者たちがおしゃれなカフェやショップをオープンさせてひそかに人気の場所」

というふれこみをネットやガイドブックで見て来てみたんですが……予想以上の「廃墟感」

忠信市場

わたしが行ったのが午前中で、まだお店がオープンしていない時間だということを差し引いても…なかなかの廃墟っぷりです。

審計新村と緑光計畫が、古い建物とその周辺全体をリノベしているのに対して、ここ忠信市場はさびれた市場の跡はそのままに、ぽつん、ぽつんと新しいお店がある感じ。

忠信市場のカフェ

おしゃれカフェを発見したものの、午前中だからあいてないぃ~~。

想像していたよりもまだお店の数は少なく、「リノベしたおしゃれスポット」というよりは、さびれた市場の雰囲気の方が目立ちます。

でもこの廃墟感が不思議な雰囲気でいいっちゃーいいのかも。

この市場内で名物店となっているらしい「奉珈琲」というコーヒー屋さんがあるらしいんですが、そこも14時からの営業……。

ここも行くなら、午後から行った方がいいです!

スポンサーリンク

リノベスポットをまわるときの注意点

審計市場、緑光計畫、忠信市場、3つのリノベスポットを歩いてまわってみました。

この3つはそれぞれ近くにあり、途中の並木道にもアクセサリーなどを売る露店が並んでいて街歩きが楽しいです。

ただ、わたしはたいした下調べもせずはりきって午前中から出かけたところ、どこもお店がオープンしているのはほとんど午後から。お目当てのお店があるなら、営業時間のチェックを忘れずに!!

午前中は近くの台湾国立美術館をゆっくり観賞するなどしてから、午後から街歩きに出かけるといいと思います。

国立台湾美術館の外観

台湾国立美術館はなんと入場無料!で、タピオカミルクティー発祥の店として知られる「春水堂」も入っています。

国立台湾美術館の南側すぐが忠信市場、北側に少し歩いていくと審計新村と緑光計畫です。

スポンサーリンク
台湾
スポンサーリンク
気になったらぽちっと
こまだこまをフォローする
こまだこまのロバの耳ブログ

コメント