【下関唐戸】ウズハウス宿泊記。海と船を眺めながらワーケーションできる最高のゲストハウス!

Hafh(ハフ)で宿泊

2021年の夏に、京都でワーケーションしながらボートレースびわこに行く というプランを初めてやってみて、

「暮らすように街に滞在して、ボートも行くのめちゃめちゃ楽しい!!」

と、かなりテンション上がったわたし。

旅行と仕事の境目を曖昧にしていくのいいかもしれない……と思うにいたったので、今年は隙あらばどんどんワーケーションをしていこうと思っています。

てことで今回は、下関の唐戸というところにあるゲストハウス『ウズハウス』に6日間滞在してみました。

昼は仕事して夜はボートレース下関へ……って感じで過ごして、休みの日は対岸の門司港へわたって観光。

仕事も観光もしやすくて、個人的にはかなりお気に入りのゲストハウスとなったウズハウスを紹介します。

女性専用ドミトリーに宿泊

ウズハウスは、壁面に描かれたフグが目印。

ウズハウスの外観

赤間神宮という大きな神社の目の前(最寄りのバス停は『赤間神宮前』)で、わかりやすい場所です。

広い駐車場があるので、車やバイクもとめやすいかと思います。

  

わたしが泊まったのは、女性専用のドミトリー。(男女MIXのドミトリーもある)

ウズハウスの女性専用ドミトリー

1部屋に2段ベッド×4の、8人部屋でした。

でもこのときこの部屋には、わたしのほかに宿泊客は1人だけ。

海が見たくて来るお客さんが多いので、夏に比べると冬はもともと宿泊客が少ないうえに、コロナの影響が大きいですよねやっぱり。

 

枕はもうちょっと厚みがあったら良かったな~と最初は思いましたが、ぐっすり寝れたので問題ナシ(笑)

ウズハウスの女性専用ドミトリー

タオルや歯ブラシは、1セットだけもらえます。

 

ドミトリーの窓からは、赤間神宮がよく見える!

ウズハウスのドミトリーから見える赤間神宮

この赤間神宮は安徳天皇が祀られている神社で、耳なし芳一の木像もあるなど、なかなか見応えのある神社でした。

 

トイレは共同(男女別)で、つねに清潔に保たれていました。

ウズハウスのトイレ

洗濯機もあり、1回200円(だったかな?)で洗濯できます。

 

お風呂はシャワーのみ。

ウズハウスのシャワー室

ボディーソープとシャンプー・リンスは備え付けのものがあります。

ただやっぱり冬の寒い時期は、シャワーだけだと寒い!どうしても湯舟につかりたい…!

ってことで、わたしは街なかにある銭湯に行ったりもしてました。

唐戸の弁天湯

弁天湯」というこの銭湯、入浴料は420円で、小さなタオルをなんとタダで貸してくれます。

こじんまりとした昭和の銭湯、って感じでなかなか良かったです。

とにかく眺望が最高でリラックス&仕事もはかどる!

そもそもウズハウスに行くことを決めたのは、眺望がめちゃくちゃ良さそうだったから。

そして実際に行ってみたら、写真で見て想像していた以上の気持ちよさ!!

ウズハウスの屋上から見える関門海峡

宿泊客しか上がることのできない屋上スペースからは、関門海峡と対岸にある門司港が一望でき、ゆったりと行きかう船が間近に見られます。

ウズハウスの屋上から見える関門海峡

朝も昼も夜も、なんとなく上って景色を眺めたくなる場所。

冬はさすがに寒いですが、暖かい時期ならここでお茶してるだけでかなり満足度高いですね。

 

2階のカフェスペースも、居心地良かったです。

ウズハウスの2階カフェスペース

宿泊客以外にも、ふつうに地元の人らしきお客さんもちらほら来てました。

コンセントが使えるので、パソコン作業も快適。

疲れたらパソコンから顔をあげて、海と行きかう船を眺めて……とやっていると、不思議と集中できて仕事がはかどります。

ただ夏は混雑するみたいなので、休日はあんまり長居しづらいかもですね。

  

ベランダに出ると、海がほんとに目の前という最高のロケーション!

ウズハウスの2階カフェのベランダ

リーズナブルなゲストハウスなのに、チェックインのときにウェルカムドリンクとして1杯好きなドリンクがもらえました。うれしい。

赤間神宮の方に面したカフェスペースもあり、ここではときどき韓国語講座などをやってるみたいでした。

ウズハウスの2階カフェスペース

下関からは韓国の釜山を往復する関釜フェリーが出ていたり、下関駅前に韓国人街があったりと、韓国は身近な存在なんでしょうね。

  

1階にも作業スペースがあり、ここでもパソコン作業できます。

ウズハウスの1階作業スペース

ここはカフェスペースではないので、飲食物の持ち込みができるのが助かります。

  

ちらっとのぞいた3階のイベントスペースは、大きな窓から全面海が見えて気持ちがすーっとする景色。

ウズハウスの3階イベントスペース

ウズハウスは、ほんとにいつでもすぐ近くに海を感じられる、とにかく気持ちのいい建物でした。

キッチンで自炊もできる

屋上階にはキッチンもあります。

ウズハウスの5階キッチン

炊飯器や電子レンジなど、ひとおとりの調理家電はそろっているので、簡単な自炊は可能。

冷蔵庫に入っている麦茶は無料で飲めました。

  

キッチンから屋上スペースに出られます。

ウズハウスの屋上

朝日は対岸の方からのぼってくるので、天気のいい日は早起きしてみるといいかも。

ひれ酒のコップにコーヒーを入れて、夜明けの一杯を楽しみました。

唐戸市場まで歩いて5分・飲食街も近い

※唐戸~門司の観光については、以下の記事で詳しく書いているので、ここではざっくりと紹介します。

 

唐戸観光の目玉、唐戸市場へはウズハウスから徒歩5分で行けます。

唐戸市場

  

1階は鮮魚やその他食品などの卸売場が、2階には食堂が数軒あって、定食やお鮨が楽しめます。

唐戸市場1階のようす

 

金・土・日・祝日限定で、活きいき馬関街というお鮨のイベントも。

唐戸市場の活きいき馬関街のお鮨

たくさんの店舗がそれぞれお鮨や海鮮丼を販売するというもので、見てるだけでかなりワクワクしてきます!

パック片手にいろんなお店のお鮨が選べるのが楽しい~~~。

唐戸市場の活きいき馬関街のお鮨

お鮨とふぐのお味噌汁を買ったら、外で海を見ながらいただきます。

唐戸市場から見える関門海峡

仕事のあいまに、こんな景色を見ながらおいしいお鮨が食べられるワーケーション、ほんと最高です。

対岸の門司港へは関門トンネルを歩いてわたれる

ウズハウスから対岸に見えている門司港へは、関門トンネルで歩いて行けます。(徒歩は無料)

関門トンネル人道入り口

ウズハウスから関門トンネルまではちょっと距離があるので、バスで行くなら「御裳川」というバス停で下車です。

  

エレベーターで地下道に降り、15分ほど歩いてトンネルを出たら、そこはもう福岡県。

関門トンネルの福岡県と山口県の境目

関門トンネルを出てから、門司港までは歩いてさらに20分ほどかかります。

福岡からは高速バスで140分・1,570円

下関へは、福岡空港から「ふくふく号」という高速バスが出ていて、140分・1,570円で行けます。

わたしは今回ジェットスターで成田~福岡の便を取って、福岡からバスで下関に入りました。

移動時間的にけっこうきつかったんですが、LCCの安さはやっぱり魅力的……。

福岡からバス1本で1,570円で行けるってのは気軽でいいですね。

Hafh(ハフ)で宿泊可能

ウズハウスは、定額宿泊サービス Hafh(ハフ)からも予約できます。

Hafh(ハフ)の使い方や、使った感想については以下の記事にまとめているので、参考にしてみてください。

わたしは旅打ちとワーケーションで使ってますが、おもしろいサービスだなーと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました