東京ジャーミイ見学ツアーレポ。所要時間・服装など注意点まとめ

東京観光
スポンサーリンク

「東アジアで最も美しい」と言われるモスクが、代々木上原にあります。

イスラム教徒じゃなくても誰でも、平日・週末ともに見学OK。

見学だけなら毎日10時~18時まで可能(金曜日のみ、14時以降から)

日本語ガイド付きの無料ツアーは土・日・祝日の14時半から行われています。

ガイド付きツアーは予約がいらず気軽に行けるということもあり、ちょっと観光気分で行ってみることにしました。

とは言えイスラムの施設なので、男女とも露出は少ない格好で、女性は髪をかくすため、持ち合わせがあればスカーフなどを持参されることをおすすめします。(貸出もアリ)

スポンサーリンク

日本最大のモスク「東京ジャーミイ」はなぜ代々木上原にできた?

東京ジャーミィの外観

東京・小田急線代々木上原駅から徒歩5分ほどのところにある「東京ジャーミイ」

オスマン・トルコ様式による日本最大のモスク(イスラム教の礼拝堂)です。

東京ジャーミィの2階の礼拝堂の天井

「ジャーミイ」とはトルコ語で、金曜礼拝を含む1日5回の礼拝が行われる大規模なモスクのことで、「人の集まる場所」を意味するアラビア語が語源だそうです。

ここ代々木上原に最初にモスクができたのは、1938年。

1917年のロシア革命のときに、ロシア帝国にいたイスラム教徒やトルコ民族の多くが国外に避難し、日本には約600人が移住してきました。

そしてそのうちの200人は東京へ。特に渋谷区に多く住んだようです。

  

そして彼らのために、日本人有志たちからの寄付が集まり、初代モスクが建てられました。

ですが初代モスクは木造建築で、老朽化により1984年に閉鎖。

そして今度はトルコ国内で寄付を募り、今のモスクが完成したのが2000年。

モスク建築のため、トルコからも多くの職人が来たということです。

東京ジャーミィの入口

そんな歴史のあるモスクの入り口の扉の上部分には、アラビア語と日本語が。

アラビア語では、「神の家へようこそ」と書いてあります。

スポンサーリンク

1時間半以上におよぶ、無料ガイド付き東京ジャーミイツアー

東京ジャーミイ1階部分の外観
東京ジャーミイ1階入り口の扉

わたしたちは14時過ぎにモスクへ到着。

美しい入り口の扉を開けて、1階部分へ入っていきます。特に受付などをする必要はありません。

男女とも、露出は少ない格好で。

女性が頭にスカーフを巻かなければいけないのは2階の礼拝堂に入るときだけで、それ以外は巻かなくても大丈夫です。

予想していたよりも参加者が多いことに驚きました。50人くらいはいたと思います。

イスラム文化に興味がある人ってけっこういるんですねー。

東京ジャーミィ1階のお土産屋

入り口を入ってすぐのところ右手側がおみやげ屋さん、左手側は休憩スペースになっています。

東京ジャーミィ1階に並べられているお土産
東京ジャーミィ1階に並べられているお土産

おみやげコーナーには、中東でよく食べられているデーツ(ナツメヤシ)などの食品類や、礼拝のときに下に敷くマット、女性が頭を隠すためのスカーフなどが売られていました。

東京ジャーミィのイスラム入門の貼り紙

イスラム入門やトルコ語入門など、いろんなイベントもやってるみたいですね。

東京ジャーミィ1階の多目的ホール

こちらの多目的ホールでは、イスラム教徒の方たちがお茶をしていました。

ラマダン(断食月)のときには、夕食をここでみんなでとるそうです。

しかも、東京ジャーミイのホームページから予約すれば、イスラム教徒ではない人でも夕食会に参加できるとか。行ってみたいー!

tokyocamii.org

そうこうしているうちに時間になり、ガイドツアーがはじまりました。

まずは外に出て、外観の説明から。

東京ジャーミィ1階入り口横の蛇口

モスクとは、あらゆる人間や動物のためのシェルター(避難所)としての役割を持っているとのこと。

人生に迷った人、困った人はみな平等に受け入れて、導くための施設だということです。そこに、貧富の差や人種などは関係ありません。

 

入り口に向かって左側にあるこの蛇口。

この蛇口も、人間と動物、両方のための水飲み場として設置されているそうです。

モスクは人間だけでなく動物にも開かれた場所なんですね。

東京ジャーミィ1階入り口横の蛇口のうえ部分の装飾

そして上の部分にあるこの装飾、トルコを代表する3種類の花が施されているとのこですが……

それは、バラ、カーネーション、チューリップ。

花びらの先がひょろひょろと細くなっているのがチューリップだそうですが、あれがチューリップ???

それについてガイドの方がかなり力説しておられたのは、

チューリップと言えばオランダと思っている人が多いけどあれはトルコの花だ!!

  

もともとトルコ原産だったチューリップがとても美しかったので、これは売れると考えたオランダ人が大量にトルコから球根を仕入れ、品種改良を重ねてうまれたのが現在の形のチューリップなんだとか。(そのときにチューリップバブルが起こった)

花びらの先が細くなっているのがチューリップのもともとの形ですが、野生のチューリップは今ではなかなか見られないそうです。

東京ジャーミィの裏側の上部にとりつけられた鳥小屋

モスクの裏側にまわると、上の部分にふたつ、小屋みたいなのがくっついてます。

これは鳥が住めるようにとつくられたもので、こんなところにも人間と動物の共生というイスラム教の思想があらわれてるんですね。

工事中のトルコ文化センター

そして今工事中の写真右側の建物は、トルコ文化センター。

モスクとの連絡通路もでき、1階にはカフェもできるそうです。

2018年の7月末には完成するとのことなので、オープンが楽しみです。

東京ジャーミィ2階の外観

外観の説明が終わったら、ようやく2階の礼拝堂へ。

東京ジャーミィ2階の外廊下の天井

柱のストライプ模様がなんだか意外です。

東京ジャーミィの壁に書かれたアラビア語

モスクの壁にはいたるところにはカリグラフィーと言われる、アラビア語で書かれた絵のような文字が書かれていて、意味はわからないながらもきれいです。

ちなみにこれは、「できるだけ早く罪を悔い改めよ」という意味だそうです。

東京ジャーミィ2階礼拝堂入り口の扉

この美しい扉を開ければ礼拝堂。

入ってすぐ左手のところにスカーフが置いてあるので、女性でスカーフを持っていない人はここで借りられます。

でも数に限りがあるので、できれば持っていったほうがいいのかなーと思います。わたしが行ったときは見学者の数が多くてスカーフが足りず、やむなくそのままモスクに入っている人もいました。

そのへんはけっこう大目に見てくれるんですかね。

東京ジャーミィ2階礼拝堂の中

天井が高くひろびろとした空間で、ステンドグラスや独特の模様が美しい!

わたしが海外で見たことのあるモスクをいくつか思い出してみても、ここはかなり装飾的で豪華できれいなモスクだと感じました。

東京ジャーミィ3階の女性専用礼拝スペース

3階部分には女性専用の礼拝スペースがあります。
男女別になっている理由は、
礼拝するとき、正座をした状態から頭を床につけお尻を高く上げる格好になるので、男性の目の前に女性のお尻が来ると男性が集中できないから!
だそうです。笑

東京ジャーミィ2階の礼拝堂の中の説教台

偉い人が上からお話をするところ。

東京ジャーミィ2階の礼拝堂の窓に置かれた書見台とコーラン

窓のところには書見台にコーランが置いてあり、誰でも見られるようになっています。

コーランは神聖な本なので、床に直接置いてはいけないそうです。

「コーラン」とは、人生という長い旅のガイドブック、という説明にはなんだかしっくりきました。

「無宗教」だという人は、ガイドブックも持たずに旅をしている人に見えるってことなんですかね?

東京ジャーミィ2階礼拝堂の中

ちょっと色味を変えて撮影してみました。

美しい。

  

座ってガイドさんの話を聞いていると、若い男性がひとりやってきてマイクを取り、「アザーン」がはじまりました。

「アザーン」とは、礼拝への呼びかけです。

「神は偉大なり」という意味の「アッラーフ・アクバル」という言葉の4度の繰り返しからはじまります。

伸びのある澄んだきれいな声で、独特の節まわしで音楽のように繰り返されるアザーン。

その声にじっと聞き入っていると、東京が遠くなります。

このアザーンも昔はモスクの外にも流していたそうなんですが、近隣住民から苦情が出て今では礼拝堂の中だけで流しているそうです。

1年に1度の除夜の鐘にすらクレームつけるようになっちゃった国民ですもんね……。

なんか悲しい。

東京ジャーミィ2階礼拝堂の中
東京ジャーミィ2階礼拝堂の中

そして礼拝がはじまり、祈りの声がドーム内に響きます。

(※礼拝中は撮影禁止)

東京ジャーミィ2階礼拝堂の中を3階から見たところ

礼拝が終わってからも、ガイドさんの話はまだまだ続きます。

この時点ですでに、1時間半は経過。

このガイドさん、イスラム文化を理解してほしいという情熱がバシバシ伝わってくる人で、話がとまりません。笑

   

曹洞宗の開祖・道元の話からボクサーのモハメド・アリについてなど、話はモスクについての説明にとどまらず、多岐にわたります。

とにかくあらゆる方向からイスラム文化について説明をしようという熱意がすごい。

ガイドツアーが終わったあとも、質問がある人はいくらでも聞きに来てください、ということで、1階でさらに深いお話を数人の方にされていました。

ツアーは、モスク見学と礼拝見学を含めて、だいたい2時間くらい見ておくといいと思います。

スポンサーリンク

「東京ジャーミイ」へのアクセスと、見学できる時間

【住所】〒151-0065 東京都渋谷区大山町1-19

【開館日】年中無休(土日祝日と年末年始も通常通り開館)

【開館時間】10:00 ~ 18:00

見学だけなら毎日10時~18時まで可能(金曜日のみ、14時以降から)

ただし祝日が金曜と重なった場合、見学ツアーはお休みとなります。

基本的に予約しなくても見学できます。

日本語ガイド付きの無料ツアーは土・日・祝日の14時半からです。

5人以上での見学の場合は、東京ジャーミイのホームページから予約をすればガイドさんをつけてもらえます。

※礼拝時間中も見学可。

【アクセス】

小田急小田原線・代々木上原駅 徒歩5分
地下鉄東京メトロ千代田線・代々木上原駅 徒歩5分
京王バス・大山町バス停 徒歩2分

スポンサーリンク

東京ジャーミーを見学するときに気をつけること

  • 男女とも、露出の少ない服装で行くこと。
  • 女性はできればスカーフを持参。(無料貸し出しもありますが、見学者の数が多いと足りなくなることもあるので、あれば持っていった方がいいと思います)
  • 礼拝中は基本的には撮影禁止。
  • 金曜日は、礼拝する人以外の見学は午後14時以降から。

tokyocamii.org

とても美しくて落ち着く場所でした。

スポンサーリンク

イスラム教についてまずはかるーく触れたい人におすすめする本

日本人のサトコと、サウジアラビア人でイスラム教徒のナダがアメリカでルームシェアするお話。4コマで二人の日常を描いています。

絵も二人のキャラクターもとにかくすっごくかわいくて、ナダを通して描かれるイスラム教徒の考え方などは新鮮でおもしろい。

イスラム教に興味はあるけどよくわからない…って人におすすめです。

そしてわたしの好きな高野秀行さんの著書。

飲酒が禁じられているはずのイスラム文化圏で、密造酒や密輸酒など、とにかく酒!を求めてどこまでも行く著者の執念はすごい!

でも気持ちはわかります……。

この本に限らず、海外の文化に興味がある人は、高野秀行さんの体当たりノンフィクションをどれか1冊でも読んでみたらハマるはず!

宗教に無関心な典型的日本人である著者が、イスラム教徒の男性との結婚生活を描いた漫画。

タイトルの「共存」という言葉がなんだかしっくりくるというか、自分とは違う人の考え方を受け入れたり受け入れられなかったりしながら、それでも仲良く「共存」する二人が面白いです。

スポンサーリンク
東京観光
スポンサーリンク
こまだこまをフォローする
スポンサーリンク
こまだこまのロバの耳ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました