海外旅行

ヨーロッパ60日間旅行記

㉑ベルギー編・アントウェルペンと言えば『フランダースの犬』だけど

フランダースの犬を観ていた人なら、「アントウェルペン」というより「アントワープ」、と言った方がしっくりくるかも? わたしもそうです。 でもGoogle先生で検索するとアントウェルペンと出てきたので、ここではアントウェルペンと表記したいと...
ヨーロッパ60日間旅行記

⑳ベルギー編・ブリュージュで運河クルーズとドゥハルヴマーン醸造所見学

「屋根のない美術館」は本当だった!ブリュージュ Google先生でブリュージュと検索すると「ブルッヘ」と出たんですが…… ブルッヘ……ブルッヘ…… 響き的にはブリュージュの方がきれいじゃないですか⁉ てことでここでは先生に逆らってブリ...
ヨーロッパ60日間旅行記

⑲ベルギー編・ブリュッセルの街を歩きまくって4万歩(3/8~3/13)

今までとはがらりと文化が変わったような気がするブリュッセル ケルンから電車で3時間でブリュッセルに到着。41ユーロ(約4920円) 車体に落書きされた電車がふつうに走ってます。 今まで訪れた国の言語が、 モルドバ(主にルーマニア語...
スポンサーリンク
ヨーロッパ60日間旅行記

⑱ケルン編・ヴァルラフ・リヒャルツ美術館でくつろぐ

ヴァルラフ・リヒャルツ美術館へ 雨の日の美術館は落ち着きます。 てことでヴァルラフ・リヒャルツ美術館に来てみました。 なんか舌を噛みそうな名前です。   入場料は8ユーロ(約960円) NOW: Wallraf-Richartz-...
ヨーロッパ60日間旅行記

⑰ケルン編・ケルン大聖堂と愛の南京錠(3/6~3/7)

駅を出たら世界遺産!ケルン大聖堂 ミュンヘンからケルンへは、夜行バスで22ユーロ。(約2640円) すっかりバスにも慣れてきました。 と思ったらなんと寝過ごしてしまい、ケルン駅まで電車で戻るハメに。 焦った…。 ようやくケルン駅に到...
ヨーロッパ60日間旅行記

⑯ミュンヘンの美術館、アルテ・ピナコテークとノイエ・ピナコテークは日曜日に行こう

「ピナコテーク」とはギリシャ語に由来していて、「絵画の収蔵所」という意味なんだとか。 そして、 「アルテ」は古い 「ノイエ」は新しい アルテ・ピナコテークのあとにノイエ・ピナコテークができたってことみたいですね。 どちらも、街の中...
ヨーロッパ60日間旅行記

⑮ドイツ編・ミュンヘンでビールとソーセージざんまい(3/2~3/7)

ミュンヘンで何杯飲めるか ウィーンからバスでミュンヘンへ。 6時間長い…と思ってましたが、朝早かったのでぐうぐう寝てる間に到着。 早朝出発なのでちょっと料金安め?19ユーロ(2280円) ミュンヘンでは本当にひたすらビールを飲んでばか...
ヨーロッパ60日間旅行記

⑭オーストリア編、シュテファン大聖堂の地下でカタコンベ見学

2000人もの遺骨が眠るカタコンベに行ってみる カタコンベとは、地下にある墓所のことです。 ウィーンの繁華街を歩いているとどこからでも見えるシュテファン大聖堂 この地下にカタコンベがあります。 広い大聖堂の中ほどに地下への階段...
ヨーロッパ60日間旅行記

⑬オーストリア編・ウィーンで行った美術館たちとフォルクスオーパー(2/26~3/1)

ウィーンで美術館ざんまい ブダペストからバスで3時間、あっというまにウィーンに到着です。 お値段3900フォリント(約1560円)で国境越え。安い! ウィーンといえば芸術の街、くらいのイメージしかなく具体的には何も知らなかったわたし...
ヨーロッパ60日間旅行記

⑫ハンガリー編・センテンドレは女子ウケしそうなかわいい町。

特に女子におすすめ、センテンドレ ブダペストから電車で40分ほどのところにある小さな町センテンドレ。 ここもエホバの証人の人が教えてくれました。     メトロ2番線のBatthyany ter 発 Szentendre ter 行きの...
スポンサーリンク