クロックスは海外旅行にも最適すぎる靴だった(今さら)

旅のノウハウ
スポンサーリンク

このページにたどり着いたあなた。「クロックスって海外旅行にも履いていって大丈夫なの?」と思ってますか?

わたしもそう思ってました。

わたしは海外旅行に行くとだいたい、1日に2~3万歩くらいは歩きます。

なのでスニーカーを履いて行き、部屋履きや軽い散歩用にビーチサンダルを持っていく、というのが今までの基本でした。

ですが、「少しでも荷物を減らしたい!楽したい!」と考えているうちに、「クロックスで行けばいんじゃね?」と思いつきました。

f:id:komadakoma:20180307220907j:plain

クロックスを履いていけばビーサン持ってかなくていいし。

暑い国なら靴下も持ってかなくていいし。

荷物がすこし少なくなります。

道連れで、彼氏もおなじくクロックスで行ってみよう、ということになりました。

わたしたちはとにかく歩きまくるので途中で足が痛くならないかということだけが心配だったんですが、そんなこともなく、結果としてはクロックス最高!!でした。

なんでいままで履いていかなかったんだろう。

登山など、よほどの悪路を歩く予定がなければクロックスでじゅうぶんいけるし、クロックスは旅行に最適すぎます。

実際にクロックスでミャンマーと中国を旅してみて感じたメリット・デメリットと、おすすめのクロックスを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

旅行にクロックスを履いていくメリット

実際にクロックスで旅行してみたら、思っていた以上に快適で楽ちんでした!

f:id:komadakoma:20180307225510j:plain

軽くて足が疲れない

クロックスは軽いので、長時間歩いていても足が疲れませんでした。

「運動靴じゃなくてこんなサンダルで1日歩いて大丈夫かいな……」と不安に思ってましたが、意外と大丈夫。足が痛くなったりすることもなかったので良かったです。

せまい機内や車内でも快適

見ての通り、脱いだり履いたりがすぐにできて超絶楽ちんなクロックス。

機内の狭いシートでも、手を使わず簡単に着脱できるので快適でした。

お寺やモスクなど、靴を脱いで入る観光地が多い場所でも、ストレスなく脱いだり履いたりができるのでとても楽に観光できました。

汚れても丸洗いができてすぐ乾く

f:id:komadakoma:20180307225758j:plain

写真はミャンマーに行ったときにホテルのバスルームで撮ったものです。

土ぼこりで汚れたクロックスを丸洗いしました。 わたしが履いているクロックスは横の穴から水が出ていくので、履いたままシャワーを浴びても簡単に洗い流せます。

きれいに洗ったらそのまま部屋履きにも。

ミャンマーの乾期はとくに、乾燥していてほこりっぽくてすぐに靴が汚れたので、毎日丸洗いしてスッキリできるのはとても良かったです。

雨で濡れても歩いているうちにすぐに乾く、ってのもかなりポイント高いです。

荷物が少なくなる

f:id:komadakoma:20180523132734j:plain

クロックスで旅行に行くと、靴とはべつにサンダルを持っていく必要がなくなるので、荷物が減ります。

さらに、場合によっては靴下も持っていかなくていいので、さらに荷物は軽量化&洗濯の手間もはぶけます。

意外とすべらない

クロックスを履く前に心配していたことのひとつに、すべるんじゃないか?というものがありました。

でも、これが意外とすべらない。むしろ、濡れた道ではキュッとすべり止めがかかる感じで歩けます。

医療現場や飲食店などでも採用されるほどの機能性と耐久性

長時間の立ち仕事でも疲れにくく、毎日履いても丈夫で壊れにくいので、医療現場や飲食店の厨房などでも定番シューズとして採用されているというクロックス。

布の靴と違って洗いやすくて臭くならないっていうのも大きなメリットだと思います。

そしてこれが、旅行に向いていないわけがない。

よくよく考えてみると、意外に高機能な靴だと思います。

以上が、わたしが実際にクロックスで海外旅行に行ってみて感じたメリットです。

クロックスは旅をかなり快適にしてくれました。

スポンサーリンク

旅行にクロックスを履いて行くデメリット

機能的にはわたしは特にデメリットは感じませんでしたが、感じ方は人それぞれ。デメリットと考えられる部分をあげてみます。

オシャレじゃない。のかな?どうかな?

デザインに関してどう感じるかはほんと人それぞれですが……

クロックスって確かに、「おしゃれな靴」っていうイメージはあまりないかもしれません。わたしもなかったです(笑)

でもカラーバリエーションが豊富だったり、いわゆるクロックスっぽくないデザインのものもたくさんあるので、好みのものが見つかるはずです。

これなんかクロックス感なくて、ふつうにかわいい。

冬の寒い時期には適さない

これは言わずもがな……。ボアのついた秋・冬用のデザインのクロックスもありますが、さすがに冬の旅行はわざわざクロックスで行かなくてもいい気がします。

日焼けに注意

これはクロックスに限らずすべてのサンダルに言えることですね。日焼けに注意です。

あまりの楽ちんさに、日焼け止めを塗るのを忘れるとクロックス型に日焼けしてしまうので気をつけて~。

以上、わたしが考えるクロックスのデメリットでした。

クロックスがその真価を発揮するのは夏で、夏は日焼けに注意しようね!ってことです(笑)

スポンサーリンク

わたしが実際に海外旅行に履いて行ったクロックスと、その他のおすすめクロックス

わたしが海外旅行に実際に履いていったクロックスと、その他のおすすめクロックスを男女別にいくつか紹介したいと思います。

わたしが実際に履いていったクロックス

色のバリエーションが少ない(4色)のが残念ですが、つま先部分がごつくなくてスッキリしているので、デザイン的にはわりと気に入ってます。

というか、個人的にはこれが一番おすすめ。

わたしはこれを、近所のコンビニにも、海外にも履いていってます(笑)

写真で見るより実際に履いてみると、意外とかわいい感じになるところが好き。

うしろのバックルを前にたおせばスリッパとしてはけます。

クロックスはデザインによってサイズ感に差があるみたいなんですが、これはいつもの靴のサイズで大丈夫でした。

コンパクトで歩きやすいので、旅行のときだけでなく普段使いにも役立ってます。

女性用クロックス

わたしが個人的にいくつか気になったものを紹介していきたいと思います。

ふつうに靴として歩きやすそうだし、メッシュで通気性もよさそうで気になります。

マリンシューズとしても使えそうな感じ。濡れたときの乾き具合が気になるところ。

これはサンダルとしてふつうにかわいい!色もきれいだしクロックス感ないですね。見るからに軽くてよさげ。

めちゃくちゃスッキリとしたシンプルなデザイン。きれいめな感じで履けるので、これならちょっとおしゃれなお店にも行きやすいかも?

男性用クロックス

これはクロックスぽくなくてかっこいい~。女性用はないみたいなので残念です。

【追記】2018/7/5 

彼氏がこれを買ってみたところ、ちょっと甲の部分がきつく感じるとのこと。

甲高の人には向かないかもしれません。

甲高でなければ、がっちり足がホールドされてる感があるので安定感もあっていい感じです。

これは医療現場でも使われているというクロックスだそうです。長時間の立ち仕事でも疲れにくい、何か重いものが落ちてきても大丈夫、など、機能性に信頼が置けます。

男女兼用クロックス

ライトライドというシリーズ。フォルムがかわいいのと、足の甲全体が覆われてるのはなんか安心感ありますね。


スタンダードなデザインのものはカラーバリエーションが一番豊富で、見てると欲しくなってきちゃいますねー。

黒が無難で合わせやすいのはわかってても、かわいい色があるとやっぱり気になる…。

意外と色もデザインも豊富なクロックス。

思いきって旅のお供にしてみてください♪

旅のお供と言えば、ペットボトルホルダーもおすすめ!

これを使うとバッグが小さいものでも大丈夫になるので、体感的にかなり身軽になれます。

わたしはクロックスと同様、これも普段使いしてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました