旅行中のペットボトルの持ち運びに。ボトルホルダーが安くて便利

トラベルグッズ
スポンサーリンク

旅の荷物はできる限り小さく軽くしたい!と、いつも荷物の軽量化について考えているこまだこまです。

今回は、小さくて安くて地味ですが、確実に荷物の軽量化に役立つペットボトルホルダーを紹介します。

わたしは旅行中はほぼ毎日、日常生活でも休みの日はこれを使っていて、彼氏も同じものを、同じような使い方してます。

これがあることによって大きめのバッグを持たなくてすみ、身軽に行動できるようになったのでとても気に入っているトラベルグッズのひとつです。

旅行中のサブバッグをコンパクトにしたい、日常生活の荷物をコンパクトにしたい、と考えている方におすすめです。

スポンサーリンク

わたしが使っているペットボトルホルダー

わたしが実際に、海外旅行や日常生活でも使っているペットボトルホルダーはこちら。

もう2年くらいは使っているものなので、ちょっとはしっこがほつれてきたりしてますね。でもその他は壊れたりしたことなど一度もありません。

安いのになかなか丈夫です。

カチャッ、とこの部分をはずして

ボトルの首のところに装着。

ベルトのところに通して、ボトルを腰から下げて持ち運べます。

前から見たらこんな感じ。

ペットボトルをリュックやボディバッグの中に入れて持ち運ぶよりも、腰から下げて持ち運ぶと肩への負担もなく、軽く感じます。

ただ、これだと走ったりするとボトルがぶらぶらと揺れるので、ランニングには向いてません。

観光したり散歩したり、普通の速度で歩くぶんにはとても快適。

ベルトをしないズボンやスカートを履く場合は、バッグの肩紐などに通しても使えます。

スポンサーリンク

ペットボトルホルダーを使うと、荷物の軽量化にもつながる

ペットボトルホルダーを使ってみたらメリットがたくさんありました。

わたしが感じた一番のメリットは、「荷物がコンパクトになった」こと!

「ペットボトルが入る大きさ」という基準で旅行中のサブバッグを選ぶと、けっこう大きめのものにならざるをえません。

カメラ、スマホ、充電器、財布、ガイドブック……などに加えて、ペットボトルも入れるとなると、けっこうな容量が必要です。

ボディバッグの場合だと、ペットボトルを入れるとそれだけでぱんぱんになってしまったり、そもそもペットボトルが入らない大きさのものもあります。

でもこのペットボトルホルダーを使うと、それらが一気に解決。

ペットボトルを腰から、もしくはバッグからぶら下げておけるというだけで、サブバッグの中のスペースは大きく空きます。

なので、サブバッグを限界までコンパクトなものにすることができます。

しかも、ドリンクを飲むときにいちいちバッグをあけてペットボトルを取り出す手間がないのもいいところ。

腰からサッと取り外してすぐに飲めます。

真夏のときなど頻繁に水分補給が必要な場合にも便利だし、治安があまり良くない国などで、バッグを開け閉めする回数を減らして安全面に気をつける、という意味でもgood。

値段の割に、かなり役立つ満足度の高い便利グッズです。

スポンサーリンク

ペットボトルがぶらぶらしないペットボトルホルダーならコレ!

わたしが今使っているホルダーで不満点があるとすれば、ペットボトルがぶらぶら揺れること。

まぁ、とは言え走ったりしない限りは、普段はそこに全く不便や不満は感じることはないんですが……

今使ってるホルダーが壊れたら次はこれを買ってみよう、と思っているペットボトルホルダーがコレ↓

ボトルを腰からぶら下げるタイプではなく、ベルトやポケットなどにしっかり固定するタイプのものです。

ボトルがぶらぶらしないということに加えて、今わたしが使っているタイプのものと違って、ズボンやバッグのポケットに挟める、というのも大きなメリット。

どんな服装やバッグでも対応できそうなところがイイです。

デメリットがあるとすれば、小さすぎてなくしてしまいそう……ってことでしょうか(笑)

シンプルなデザインで機能性も良さそうなので、次はこれを買ってみようと思っています。

スポンサーリンク

まとめ

ペットボトルホルダーはどれも1000円以下と安くて小さいグッズですが、フェスやキャンプ、登山など、アウトドアの場面でも使用している人が多く、地味に旅行を快適にしてくれるグッズです。

まだ使ったことがないという方はぜひ一度お試しを。ふつうに日常生活でも使いたくなりますよ~。

スポンサーリンク
トラベルグッズ
スポンサーリンク
気になったらぽちっと
こまだこまをフォローする
スポンサーリンク
こまだこまのロバの耳ブログ

コメント