るるぶ電子書籍を無料で読むならAmazonプライム。他社サービスと比較してみる

旅のノウハウ

年間4900円で、動画見放題・音楽聴き放題などいろんな特典が受けられるAmazonプライム

もうすでに利用している人も多いと思います。

その特典の中にPrime Reading(プライムリーディング)という、幅広いジャンルの本が読み放題になるサービスがあって、ガイドブックの「るるぶ」も読み放題に含まれてるって知ってました?

るるぶって、紙で買うと1冊1000円くらいするのに、それがAmazonプライムの読み放題で、けっこうな数が無料でダウンロードできちゃうんです。

これって意外と知らない人も多いんじゃないかなぁ、と。

電子書籍の定額読み放題サービスはいろいろありますが、動画見放題・音楽聴き放題もついて年間4900円というAmazonプライムは、圧倒的にお得。

30日間の無料体験もあるので、その間は完全無料で「るるぶ」だけでなくマンガや小説なども楽しめます。(学生さんはなんと半年の無料期間あり)

ですが、残念ながらすべての「るるぶ」が読み放題というわけではありません。

そこで、

  • Prime readingで無料で読める「るるぶ」のラインナップはどんな感じ?
  • 「るるぶ」の取り扱いがある他社の電子書籍読み放題サービスの値段は?
  • それぞれ、読める本のジャンルや冊数は?

ということを比較してみました。

  • ガイドブックを電子書籍にしたいと考えている
  • 「るるぶ」を無料でダウンロードできる方法を探している
  • 「るるぶ」の取り扱いがある電子書籍読み放題サービスの、それぞれの違いが知りたい

と思っている人に、当記事がお役に立ったらうれしいです。

「るるぶ」を電子書籍で利用するメリット・デメリット

まず、ガイドブックを電子書籍で利用するメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。

電子書籍に慣れないうちはちょっと抵抗があるかもしれませんが(わたしもそうでした)、使ってみるとやっぱり圧倒的にメリットの方が大きい!と感じました。

メリット

まずはガイドブックを電子書籍にするメリットからあげてみます。

  • 荷物が少なくなる
  • 紙の本より安い・もしくは無料
  • 事前にダウンロードしておけば、オフラインで見れる
  • 同行者とページの共有ができる
  • 観光客丸出しにならないので安心

といったところでしょうか。

持ち物の中でもかなりかさばる物ですよね、ガイドブックって。
紙版のガイドブックを持たなくてすむというだけで、ぐっと身軽になります 。

しかも、無料のもの多数。

ページをスクショして同行者に送信したり、情報の共有も簡単です。

海外の街なかでガイドブックを開いてキョロキョロしていると、日本人観光客丸出しって感じでちょっと危ないですが、スマホならその点も安心ですしね。
慣れないうちはちょっと不安かもしれませんが、慣れるとすごく快適になります。

ガイドブックって結局、その日1日の外出中に見るページはほぼ決まってますよね。

なので、必要なところだけすぐに見れるようにしておけば案外大丈夫です。

デメリット

ガイドブックを電子書籍にすることは、デメリットもあります。

  • ぱらぱらめくれない
  • 書き込みができない

その土地に関してまずはざっくりと全体のイメージをつかみたい……というときはやっぱり、ぱらぱらとめくれる紙の本の方がいいなぁと思います。

行きたい場所が決まっていて、ピンポイントでその場所の情報を得たい、ってときは電子でいいんですけどね。

重要な情報のところに赤マル!とか、ネットで得た情報を追加で書き込む……なんてことができないのもちょっと不便です。 

 

とは言え、これらのデメリットをさしひいても「荷物が軽くなる」「無料」というメリットはかなり大きい、とわたしは感じました。
一度に何ヶ国かまわる…という場合などは特に、それぞれの国のガイドブックを数冊持ち歩くなんてことはしたくないので、電子書籍はかなり重宝します。

いきなり電子書籍だけだと不安…という人は、紙のガイドブックも一応持っていって、電子書籍だけで不便がないか試してみるというのもいいですね。

Amazonプライム会員は「るるぶ」が読み放題。ラインナップは?

すでにAmazonプライム会員の人も多いと思うので、まずはAmazonプライム会員の書籍読み放題サービスについて。

Amazonプライムには、「Prime Reading(プライムリーディング)」という特典があり、対象の雑誌やマンガ、小説などの書籍が読み放題となっています。

そのなかに「るるぶ」も含まれていて、プライム会員の人は無料でダウンロードできてオフラインで読めるので、旅先でもとても役立ちます。

>>Amasonプライムの30日間無料体験を試してみる

  

ただ、すべての「るるぶ」が読み放題、というわけではありません。

ということで、2019年9月現在「Prime Reading」の読み放題で読める「るるぶ」のラインナップを調べてみました。

  

【国内】

北海道・青森・秋田・岩手・新潟・山形・福島・山梨・茨城・千葉・小笠原・横浜・箱根・熱海・愛知・静岡・金沢・富山・福井・滋賀・京都・兵庫・奈良・お伊勢参り・伊勢志摩・和歌山・高知・愛媛・四国・山口・長崎・佐賀・大分・宮崎・熊本・鹿児島・沖縄

47都道府県のうち、3分の2くらいは押さえてますね。

我がふるさとの鳥取はありません……(泣)

   

【海外】

台湾・ベトナム・シンガポール・マカオ・タイ・マレーシア・ミャンマー・フィリピン・プーケット・パラオ・スリランカ・バリ島・スペイン・イタリア・ドイツ・エジプト・フランス・イギリス・クロアチア・カナダ・オーストラリア・オランダ・ベルギー・ロシア・ニューカレドニア・ケアンズ・インド・ポルトガル・ドバイ・スイス・ウィーン・ハワイ・ニュージーランド・メキシコ・サンフランシスコ・ラスベガス

海外に関しては、メジャーなところはある程度押さえてあるって感じですかね。

中東やアフリカ、南米の国はないので、マイナーな国に行く人は紙の本を買うしかなさそうです。

これは、他の電子書籍サービスでも同じでした。

Amazonプライムで「るるぶ」を無料でダウンロードする方法

まだAmazonプライムに入ってない人はまずAmazonプライムに登録。
最初の30日間は無料体験期間(学生さんは半年間無料)です。

Amazonプライム会員は、Amazonの検索画面で「るるぶ」と検索してみて出てきたもののなかで、「¥0 ✓prime」と書かれているものはすべて無料でダウンロードできます。

 

スマホやタブレットで見たい場合は、まずkindleのアプリをダウンロードします。

Kindle
Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

ログインしたら、同じように「るるぶ」と検索。「¥0 ✓prime」と書かれているものは無料でダウンロードできます。

ダウンロードするときは、必ずWi-Fi環境のあるところでしてください。
じゃないと無駄にデータ容量を使ってしまいます。

事前にダウンロードしておけば、飛行機の中などのオフライン時にもさくさく快適に読めるのでおすすめです。

「るるぶ」が読み放題になる電子書籍サービス3つと、Amazonプライムを比較してみる

Amazonプライムと、「るるぶ」が読み放題になる他の電子書籍サービス3つの値段と無料期間、取り扱い点数とジャンルを比較してみました。

総合的にはやっぱりAmazonプライムめっちゃお得。
という感想です。

 

ではまず、値段無料期間から。

Amazonプライムは、読み放題以外にも対象の音楽聴き放題・動画見放題もついてこの値段。
月額料金の安さと、学生の無料期間の長さは最強です。

旅先や移動中の暇つぶしにも使えてかなりコスパがいい、というか、もはや入ってないと損なレベルだと思います(笑)

    

では、「るるぶ」とその他の書籍の取り扱い点数、ジャンルはどうでしょうか。

それぞれの特徴としては、

  • 動画・音楽も楽しみたい人→Amazonプライム
  • とにかくいろいろ雑誌が見たい人→Tマガジン・タブホ
  • マンガもがっつり読みたい人→ブック放題

って感じですかね。

以下、それぞれのサービスについて簡単にまとめます。

  

Amazonプライムは「るるぶ」の冊数は一番少ないですがメジャーどころは押さえてあるし、他のサービスが付いてくることを考えると充分な数だと言えるでしょう。
最大3台まで端末の共有が可能です。

   

タブホ(ひかりTVブック) は、最も「るるぶ」の取り扱いが多いです。
「るるぶ」他、旅行誌の取り扱いが多いのも特徴なので、よく旅行に行くという人は無料期間だけでなく継続的に利用するのもいいかもですね。
端末は最大3台まで共有可能です。

  

ブック放題は他社に比べて値段が少し高いですが、「るるぶ」の冊数もじゅうぶん多いうえに、とにかくマンガが充実。
そして、端末は最大6台まで共有可能というのもメリットです。

 

Tマガジンは他に比べてこれといった推しポイントがないんですが…(笑)
端末は最大5台まで共有可能です。

   

値段と無料期間、るるぶの取り扱い点数と、その他の書籍の取り扱い点数やジャンルなど総合的に考えると、最もコスパが高いのはAmazonプライムかなと思います。

なにしろAmazonプライムは1人が会員になっていれば、「家族会員」として家族もプライム特典の一部を利用できるというサービスもあるので。  

AmazonプライムのPrime Readingの中に自分の欲しい「るるぶ」がない場合は、最も「るるぶ」の取り扱い冊数が多いタブホ(ひかりTVブック)で探してみるとあるかもしれません。

  

Amazonプライムに関しては、以下の記事も参考にしてみてください。  

まとめ

「るるぶ」が無料で読める電子書籍サービスの値段と特徴をまとめると、

  • Amazonプライム…年間4900円(月額408円一般は30日間・学生は半年間無料
    るるぶの取り扱い70冊~
    動画見放題・音楽聴き放題サービスあり
    端末は最大3台まで共有可能

  • Tマガジン…月額440円 1ヶ月無料
    るるぶの取り扱いは100冊~
    端末は最大5台まで共有可能

  • タブホ(ひかりTVブック)…月額550円 契約日を含む月から翌月末まで無料
    るるぶの取り扱いは130冊~と最多
    旅行誌の取り扱いが多い
    端末は最大3台まで共有可能

  • ブック放題 …月額550円 1ヶ月無料
    るるぶの取り扱いは100冊~
    マンガが充実
    端末は最大6台まで共有可能

ということでした。

個人的には、動画や音楽も楽しめるAmazonプライムがコスパ最強!と思います。

とは言え他の電子書籍サービスも無料期間があるので、自分が旅行に行く時期に合わせて試しに利用してみるというのもいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました