【Audible無料体験】コインの使い方・返品・解約までわかりやすく解説。読書量を増やしたい人におすすめ!

Audible無料体験のはじめかたAmazon

歳をとるごとに集中力が落ちて、1冊の本を読み終わるまでにすごく時間がかかるようになってしまった、当サイトの管理人こまだこまです(;´Д`)

若い時に比べて、読むスピードや持続力がかなり落ちた……
どーにかならんかなぁ……

ということで、以前から気にはなっていたけど試したことのなかった本の朗読サービス、Audible(オーディブル)の無料体験を試してみました。

オーディブルは、スマホなどの端末にオーディオブックをダウンロードしておくことで、いつでもどこでも、オフラインでも本が「聴ける」というサービス。

これならあんまり労力を使うことなく1冊読める(聴ける)かな~と思いまして。

  

というわけで当記事では、

  • Amazonオーディブルとは?
  • Amazonオーディブルの登録~解約まで
  • Amazonオーディブルの使い方・返品の仕方
  • オーディブルを3か月間半額で利用する方法
  • 無料体験をやってみた感想(いろんなシチュエーションで使える!)

を紹介します。

Audible(オーディブル)は実際使ってみると、その楽しさと効率の良さに衝撃。
もっと早く知りたかったです!

本の返品・交換ができて何冊も聴ける!Audibleの30日間無料体験ページへ

 

 

Amazonオーディブルとは?

まずはオーディブルのしくみについて説明します。

利用する前に、以下の点をおさえておけば大丈夫です。

  • 会員には月額1500円で、1コインが与えられる
  • 1コインで、オーディオブック1冊が買える(値段に関わらずなんでも1冊)
  • 毎月1冊、無料で聴ける作品(ボーナスタイトル)がある
  • 会員は無料で聴き放題のポッドキャストがある
  • オーディブル会員に限り、返品可能(購入後365日以内・返品回数は制限あり)
  • 返品をして返ってきたコインで再び他のオーディオブックが買える
  • 追加で購入する場合は30%OFF

月額1500円(1コイン)=オーディオブック1冊と交換

オーディブル会員には毎月1コインが与えられ、値段に関わらず、その1コインでオーディオブック1冊と交換できます。(※1冊しか聴けない、ということではありません。このあとに詳しく説明します)

追加で購入する場合は、30%OFF。

追加購入するときは、値段が高い方の本をコインで購入し、安い方の本をクレジットで購入する、というふうにするとお得です。

使わなかったコインは自動的に翌月に繰り越され、有効期限は取得した日から6ヶ月。

購入したオーディオブックは解約してからも読めます。

毎月1冊無料で聴ける作品(ボーナスタイトル)がある

オーディブル会員は「ボーナスタイトル」として、月替わりで毎月1冊無料で聴ける作品があります。

人気作が無料で聴けるのでお得です。

オーディブル会員は無料で聴き放題のポッドキャストがある

オーディブル会員は、Amazonオリジナルコンテンツであるポッドキャストが聴き放題になります。

ポッドキャストのジャンルは、ビジネス・エンタメ・落語などさまざま。

軽くラジオ感覚で聴けるものから、聴きごたえのあるオーディオドラマまでそろっていて、このポッドキャストだけでもかなり楽しめます。

オーディブル会員は返品・交換が可能

1コインと交換したオーディオブックは、購入から365日以内であれば、オーディブル会員に限り返品・交換することができます。

オーディブルは「聴き放題」のサービスではありませんが、この「返品可能」ってとこがポイント。

聴き終わった本を返品して新しい本と交換すれば、月に複数冊聴くことができます。

わたしは30日間の無料期間中に9冊聴きました。

オーディブルの登録方法

それでは、オーディブルの登録方法について説明します。

すでにAmazonにメールアドレスやクレジットカード情報などを登録している人は、Amazonアカウントにログインしてオーディブルのページの「最初の1冊は無料。今すぐ聴こう」というボタンを押して進んでいくだけですぐに登録できます。

30日間を過ぎると自動的に有料会員に切り替わるので、そこだけ要注意です。

この日を過ぎると有料になるよ!の日は、無料体験に登録する直前の画面に出てくるので、忘れずにメモしておきましょう。

Amazonにまだアカウントを持っていないという人は、まずはメールアドレスなどを登録してログインしてからオーディブルの30日間無料体験に登録します。

本の返品・交換ができて何冊も聴ける!Audibleの30日間無料体験ページへ

オーディブルの使い方

使い方は簡単。
以下の3ステップです。

iPhone、iPadなどでios版アプリを使う人だけ4ステップになります。

  1. 30日間無料体験に登録する
  2. スマホ・タブレットにオーディブルのアプリをインストールする
  3. (※ios版アプリを使う人のみ、欲しい作品を「ウィッシュリスト」に追加する)
  4. スマホ・タブレットに本をダウンロードする

30日間無料体験に登録する

まずはAmazonアカウントにログインした状態でAudible(オーディブル)の30日間無料体験に登録します。

※無料体験が終了する解約日を忘れないようにメモしておきましょう

スマホ・タブレット・パソコンにアプリをインストール

端末にオーディブルのアプリをインストールします。

Amazonオーディオブック - Audible (オーディブル)

 

Amazonオーディオブック – Audible (オーディブル)
開発元:Audible, Inc.
無料
posted withアプリーチ

パソコンで聴く場合は、ストリーミング再生(作品をダウンロードせずそのまま再生すること)もできます。
>>>Windowsのアプリはこちら

アプリ内の操作は感覚的に理解できるようになっていて簡単。

本の検索方法も「カテゴリー別」「著者名・タイトルで検索」「新着」「おすすめ」などいろいろあって検索しやすい仕様です。

聴きたい本を選んでウィッシュリストに追加

※このステップは、ios版アプリを使う人だけ必要な操作なので、Androidやパソコンの人は飛ばしてもらって大丈夫です。

iPhoneやiPadなどでios版アプリを使う人は、アプリから直接欲しい作品を購入することができません。
アプリはあくまで、「作品の再生・管理」をするだけになります。

作品を購入するには、アプリ内で欲しい本が見つかったらまず「ウィッシュリスト」に追加しておきます。

そのあとにオーディブルのサイトにアクセスして「ウィッシュリスト」を開き、そのまま購入手続きに進む、という形になります。

Android版アプリ・Windowsアプリを使う人は、アプリから直接購入が可能なのでこのステップは不要です

好きな本をダウンロード

インストールしたアプリに、Amazonアカウントでログインします。

Android版アプリとパソコンでWindowsアプリを使っている人は、聴きたい本を探してダウンロードするだけです。

iPhone、iPadなどios版アプリを使っている人は先に説明したとおり、アプリからはダウンロードできないので、Audible(オーディブル)のサイトからダウンロードします。

1コインにつき、値段に関わらず1冊の本と交換できます。
どの本もサンプルが聴けるので、それも参考にしながら本が選べます。

  

「1コインで購入」ボタン、つづいて「注文を確定する」ボタンをクリックすると購入完了です。

再生画面では、以下のような操作ができるようになっています。

  • 再生速度の変更
  • 目次から好きなところへ飛ぶ
  • スリープタイマー(設定した時間で再生が終わるようにする)
  • ブックマーク
  • ドライブモード(運転中でも操作しやすいよう、画面表示を変える)

特に難しい操作はありません。

ダウンロードした本の返品方法

ダウンロードした本は購入後365日以内であれば返品できて、返品で返ってきたコインはまた別の本と交換することができます。

なので、返品・交換を繰り返せば月に何冊かは聴けるということに。

でもあくまでオーディブルは「聴き放題」ではないため、返品は常識の範囲内で、ということになります。

   

スマホサイトからでは返品できないので、スマホからアクセスして返品したい場合はパソコン版のサイトを表示させて手続きをしてください。  

返品の手順は以下の通りです。

  1. Amazonオーディブル(アプリではなくサイトに)にログインして、「アカウントサービス」を選択
  2. 「購入履歴(返品)」をクリック
  3. 返品したい作品の「返品する」をクリック
  4. チェック項目の中から「返品理由」を選んで返品

それでは順番に見ていきます。  

スマホからアクセスする場合はまず、右上の、●が3つ縦に並んでいるところをタップして「PC版サイト」にきりかえます
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: d3963cacb832f425e1ff62d8250485ce.jpg

   

「〇〇さん、こんにちは!」と書いてあるところをクリック、次に「アカウントサービス」をクリック

  

「購入履歴(返品)をクリック」

   

返品したい本を選んでクリックすると、「返品する」ボタンが出てくるのでそれをクリック

   

チェック項目の中から返品する理由を選んで、「返品する」ボタンをクリックしたら返品完了です

オーディブルの解約(退会)方法

オーディブル解約は、返品と同じくスマホアプリやスマホサイトからはできません。

スマホでパソコン版サイトを表示させるか、パソコンからオーディブルのサイトにログインして手続きをします。

  1. Amazonオーディブルにログイン
  2. 「○○さん、こんにちは!」にカーソルを合わせ「アカウントサービス」をクリック
  3. 「退会手続きへ」をクリック
  4. 「このまま退会手続きを行う」をクリック
  5. 退会理由を選び、「次へ」をクリック
  6. 「退会手続きを完了する」をクリックして完了

それでは順番に見ていきます。 

スマホからアクセスする場合はまず、右上の、●が3つ縦に並んでいるところをタップして「PC版サイト」にきりかえます

「〇〇さん、こんにちは!」とかいてあるところをクリックして、「アカウントサービス」をクリック

「退会手続きへ」をクリック

    

「このまま退会手続きを行う」をクリック

   

退会する理由を選んで、「次へ」をクリック

   

「退会手続きを完了する」をクリックしたら終了です

退会したあとも、購入した作品は聴くことができます。

  

また退会手続きに進んでいくと、「3か月間月額料金半額の750円にしてあげるよ」という引きとめの提案をされる場合があります。

なのでサービス利用を継続したいと思っている場合でも、一度退会手続き画面に進んでみると3か月間は半額で使えるかもなのでぜひお試しを。

オーディブルを使ってみて感じたメリット・デメリット

オーディブルをわたしが実際に使ってみて感じた、メリット・デメリットをまとめておきます。

オーディブルのメリット

  • 30日間無料で試せる
  • オフラインでも聴ける
  • 聴き放題のポッドキャストはオリジナルコンテンツが充実している
  • 会員は返品・交換ができるので、月に何冊か聴ける
  • 退会したあとも、購入した作品は聴ける

オーディブルは実際使ってみると、めちゃくちゃメリットがでかくて驚きでした!

わたしは最近ジム通いをはじめたので、筋トレしたり走ったりしながらオーディブルを聴いてるんですけど、「めっちゃ時間を有効活用してる感」がハンパないです(笑)

  

ほかにも、オーディオブックならいろんな場面で楽しめます。

  • 料理や掃除など、家事をしながら
  • お風呂に入りながら
  • 運転・移動しながら
  • 散歩しながら
  • 寝る前
  • 小さな子供がいて、なかなか本が読めないときに

わたしの友達は今0歳の子供がいて、本を読みたくても落ち着いて読める時間も環境もないと言ってましたが、オーディブルだと家事をしながらでも聴けるからいい、とのこと。

  

それから「寝る前」も意外といいんですよね。

電気をつける必要がないので、横で家族が寝ているときでも気を使うことなくベッドの中で本が楽しめておすすめです。

オーディブルのデメリット

  • 「聴き放題」ではない
  • 1冊あたりの値段が高い物が多い

オーディブルは「聴き放題」ではありません。

でも「返品・交換」は認められているので、よほど悪質な返品を繰り返さなければ月に何冊か聴けます。

   

ただ「購入」を考えた場合は、1冊あたりの作品の値段は紙の本から考えると高額になるので、そこがデメリットになるかなと思います。

とは言え、紙の本をを買ったときにやってしまいがちな「積読(買ったまま読まずに積んでしまうこと)」がなくなるのは間違いないです!

なんせ「聴くだけ」なんで、読書のハードルがかなりさがりますからね。

「本とお金をムダにすることがない」のはむしろメリットと言えるかもしれません。     

   

なので個人的には、どんな高額な本でも複数冊聴けて月額1,500円というのはそこまで高くないかなぁと思います。  

本の返品・交換ができて何冊も聴ける!Audibleの30日間無料体験ページへ

オーディブルを通常の半額料金で3か月間利用する方法

「オーディブルの解約(退会)方法」のところでもふれましたが、オーディブルは3か月間だけ月額750円で利用する方法があります。

それは、「退会」手続きへと進むこと。

オーディブルに限らず、Amazonはサブスクを解約しようとするとだいたい「安くするからもうちょっと続けない?」と言ってきます(笑)

オーディブルは、「退会」手続きをする画面に行って初めてその提案がされるので、そこでその「3か月間月額750円プラン」に切り替えればオッケー。(※ただしこの画面は、毎回出てくるとは限らない)

3か月間で2,250円もお得に利用できます。

最後に:「こんなのもあるんだ~」と思ったオーディブルの作品

オーディブルの作品のジャンルは幅広くて、「こんなのもあるんだ~」と驚くものもいろいろありました。

ということで最後に、わたしが個人的に気になったコンテンツをいくつかピックアップして紹介します。

  

まずは、女優さん・俳優さん・声優さんが作品を朗読してくれる「Actor’s Voice」

橋本愛、田中麗奈、花澤香菜など、けっこう豪華メンバーがそろっていて、どの作品も気になります。

俳優さんも豪華~!!

堤真一さんの「火花」はわたしが初めて聴いたオーディオブックでしたが、その演技の上手さに「さすが…!」と感動しました。

本のタイトルより朗読者で選ぶ、っていうのも楽しいオーディオブックです。

     

     

「英語学習」というのも、なるほどオーディオブックに向いている本です。

オーディブルで英語のリスニング力を鍛える、というのもアリ。
海外や国内のニュースを英語で聴けるチャンネルもあります。

   

   

そして、「聴いて楽しむ」と言えば「落語

志ん生、談志、小さん……わたしの好きな落語家さんのコンテンツもけっこうありました(´▽`)

   

   

「あ、こういうのもあるのか、なるほど……」となったのが「官能・アダルト」というジャンル。

これはもう聴いてのお楽しみ、ということで……興味のある方はぜひ(笑)

   

   

そして、無料期間を利用中の人におすすめなのは、1コインで4つの作品が楽しめて超お得な「Welcome Pack」

小説、自己啓発、語学、などのジャンルから4本をセットにしたもので、値段的にはかなりお得。

「スキルアップ・パック」のほかにも「リーダーズ・パック」など、いろんな種類のパックが選べます。

  

   

以上、ここで紹介したのはほんの一部ですが、意外とおもしろい作品がいろいろあるんだな~という発見がありました。

そして、なにか他の作業をしながら本が聴けるというのは予想していた以上に画期的!

オーディブルは、時間を有効活用する手段としては最も簡単な方法です。

しかも30日間は完全無料。

わたしと同じように、実際に使って衝撃を受けてみてください(^^)

本の返品・交換ができて何冊も聴ける!Audibleの30日間無料体験ページへ

   

2大オーディオブックサービスであるオーディブルとaudiobook.jpの特徴を比較して、オーディオブックが初めての人は、まずはオーディブルから始めることをおすすめしてます。

  

その他、オーディブルの使い方に関する記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました