Amazonギフト券を匿名で送る・受け取る方法。住所・名前バレを防ぐには?

Amazon

あらゆる商品が購入できて有効期限は10年と、プレゼントにぴったりのAmazonギフト券

TwitterやInstagramなどオンライン上でしかつながりのない、直接は知らない相手にも、お互いに住所や名前がバレることなく匿名で送れます。

相手がAmazonの「ほしい物リスト」にギフト券を入れて公開している場合にはそこから送ることもできますが、ここではそれよりも簡単な以下の2つの方法を紹介。

  1. Eメールタイプギフト券を送る
  2. カードタイプギフト券を店頭で購入後、ギフト券番号を送る

それぞれの手順と注意点についてと、Amazonギフト券を匿名で受け取るときの注意点についても解説します。

【最も簡単】Eメールタイプギフト券を匿名で送る

Amazonギフト券Eメールタイプは、最も少額から・最も簡単に送れるギフト券

Twitter・Instagram・チャットのDMなどを使って、名前バレすることなく匿名でプレゼントできます。

  • オンラインで完結
  • 15円~50万円まで、1円単位で金額を決められる
  • オリジナル写真・動画を添付できる
  • 支払いはクレジットカードのみ

Eメールタイプギフト券の送り方と注意点

Eメールタイプギフト券を匿名で送るときの注意点は、「贈り主」の欄に本名を書かないこと。

デフォルトだと「贈り主」のところにはアカウント名が自動入力されるので、匿名に変更するのを忘れないようにしてください。

Eメールタイプギフト券を送る手順
  • STEP1
    Amazonギフト券Eメールタイプの購入画面を開き、デザインを選ぶ
    Amazonギフト券Eメールタイプの送り方

    既存のデザインから選ぶなら「イラスト」・「アニメーション」をタップ。

    「他を見る」をタップすると、全部で100種類以上のデザインが表示されるのでそこから選びます。

    オリジナルの写真や動画を使いたい場合は「画像・動画」をタップ。

    Amazonギフト券Eメールタイプの送り方

    好きなデザインを選んで、「動画・画像を検索」をタップ。自分で撮った写真や動画などがアップロードできます。

  • STEP2
    詳細を入力

    各項目を入力していきます。

    金額:15円~50万円まで1円単位まで設定可能
    配送:テキストメッセージを選択(Eメールでも可)
    宛先:自分の電話番号を入力
    贈り主:匿名で送りたいなら本名じゃないか確認
    メッセージ:文字数制限内で入力

    Amazonギフト券Eメールタイプを匿名で送る方法

    「贈り主」のところにはアカウント名が自動入力されるので、匿名にしたい場合はここで匿名に変更。(アカウント名自体は変更の必要なし)

    すべて入力したら、クレジットカード支払いにして「今すぐ購入」「注文を確定」ボタンをタップして購入完了です。

  • STEP3
    SMSで届いたURLをコピーして相手に送る

    5分ほどすると自分宛にAmazonからAmazonギフト券のURLが届くので、URLをコピーしてSNSのDMなどで相手に送ります。

    Amazonギフト券Eメールタイプを匿名で送る方法

    URLを開くとギフト券が表示されますが、そのときに「Amazonアカウントに適用」を押してしまうと自分のアカウントにギフト券が登録されてしまうので気をつけてください。

  • STEP4
    相手が「アカウントに適用」を押せば完了

    相手がURLを開くと、送信者が選んだデザイン・金額・名前・メッセージでギフト券が表示されます。

    Amazonギフト券Eメールタイプを匿名で送る方法

    自分の電話番号や本名などの個人情報はどこにも表示されず、完全に匿名でのやり取りとなります。

    相手が「Amazonアカウントに適用」ボタンを押せば、ギフト券はアカウントに登録されて受け取り完了です。

注文するときに、「贈り主」の名前を匿名にするのを忘れずに!

【コンビニで買える】カードタイプのギフト券を購入後、ギフト券番号を匿名で送る

コンビニなどの店頭でカードタイプのギフト券を買って、ギフト券番号を相手に送る、という方法もあります。

  • コンビニ・ドラッグストアなど店頭で購入できる(※取り扱い店舗一覧
  • 3,000円・5,000円・1万円・2万円・バリアブル(1,500円~5万円の間で1円単位で金額を決められる)がある
  • 支払いは基本現金のみ(店舗による)

カードタイプギフト券の送り方と注意点

Eメールタイプギフト券との違いと注意点は、最低金額が1,500円~とちょっと高いこと、基本的に現金払いのみであることです。

カードタイプギフト券を送る手順
  • STEP1
    カードタイプギフト券を店頭で購入

    好きなギフト券を店頭で購入します。

    (※取り扱い店舗一覧

  • STEP2
    カード裏面のギフト券番号を相手のDMなどに送信

    カードの裏面のシールをはがすと、ギフト券番号が出てきます。

    この番号を、Twitter・InstagramのDMなど自分と相手にしか見えない場所で相手に送信。

    第三者にも見える場所で送ってしまうと、知らない人にギフト券番号が登録されてしまう恐れがあるので気をつけてください。

  • STEP3
    相手にギフト券番号を登録してもらう

    受け取った側が、ギフト券をアカウントに登録する手順です。

    Amazonトップページの人型マークをタップ⇒「アカウントサービス」をタップ。

      

    「Amazonギフト券を登録する」をタップ。

      

    ギフト券番号を入力して「アカウントに登録する」ボタンをタップして受け取り完了。

    Eメールタイプギフト券と比べると、ギフト券番号を直接入力しなければいけない分ちょっとだけ手間です。

現物のカードのギフト券番号を相手に送るだけなので、住所バレ・名前バレの心配なし。番号は自分と相手にだけ見える場所で送ること。

Amazonギフト券を匿名で受け取る&お礼メールを送る

Amazonギフト券を匿名で受け取った側は、送られたURLを開いて「Amazonアカウントに適用する」ボタンをタップするだけで自分のアカウントにギフト券を登録できます。

また、贈り主に匿名でお礼メールも送れますが、デフォルトだとアカウント名が自動入力されるので、匿名に変更するのを忘れないよう注意してください。

Amazonギフト券を匿名で受け取る手順
  • STEP1
    SNSのDMなどで匿名でギフト券が届く
  • STEP2
    メッセージを開いてギフト券をアカウントに登録

    メッセージを開くとギフト券の券面が表示されるので、「Amazonアカウントに適用」ボタンをタップ。

    これだけで、ギフト券が自分のアカウントに適用されます。

  • STEP3
    贈り主にありがとうメールを送る

    ギフト券登録後、「ありがとうメールを送信する」をタップすると以下のような画面が表示されます。

    赤枠で囲まれている名前のところには自分のアカウント名が自動入力されるので、ここが本名になっている場合は匿名に変更するのを忘れずに。

    また、差出人の下に自分のメールアドレスが表示されていますが、このアドレスは相手には表示されないので大丈夫です。

    お礼メールを送信すると、相手には以下のようなメールが届きます。

    メールアドレスや電話番号などの個人情報はどこにも表示されず、完全に匿名でやり取りすることができます。

お礼メールの「メッセージ」「差出人」のところに書かれた名前が匿名になっているか確認!

Amazonギフト券を匿名で送る・受け取る場合の注意点まとめ 

Amazonギフト券を住所・名前バレすることなく相手に送る場合、クレジットカードが使えないならカードタイプギフト券を店頭購入、クレジットカードが使えるならEメールタイプギフト券を送るのが最も簡単でおすすめの方法です。

そして、送るときには「贈り主」の名前を匿名にする、受け取ってお礼メールを送るときには「差出人」の名前を匿名にする、ということを忘れないでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました