Kindle unlimitedとは?【30日間無料】使い方・Prime readingとの違い・解約手順などまとめ

Kindle unlimitedとは?メリット・デメリット解説トラベルグッズ

Kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)とは、Amazonの定額制・電子書籍読み放題サービスのこと。

本の読み放題サービスはいろいろありますが、そのなかでも最も幅広くいろんなジャンルの本が読めるのがKindle unlimitedです。

   

そもそもAmazonの電子書籍サービスに関しては、Kindle(キンドル)、Kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)、Prime reading(プライムリーディング)と名前がいろいろあってややこしいので、まず先に整理しておきますね。

概要
Kindle
(キンドル)
Amazonの電子書籍関連サービスのこと
Amazonが販売している、電子書籍を読むための端末の名前
kindle unlimited
(キンドルアンリミテッド)
Amazonの電子書籍読み放題サービス
Prime reading
(プライムリーディング)
Amazonプライム会員の特典のひとつ、電子書籍読み放題サービス
Kindle unlimitedより読める本の数はかなり少ない

Kindle(キンドル)とは、Amazonの電子書籍サービスの名前。

そして以下のような、電子書籍を読むための端末の名前でもあります。

ややこしいですね。

   

ということで当記事では、

  • Kindle unlimitedでできること
  • Kindle unlimitedを使うときの注意点
  • Kindle unlimitedとPrime readingとの違い
  • Kindle unlimitedの登録・解約方法

についてまとめました。

  

多ジャンルの本が読み放題・初回の30日間は無料で体験できるKindle unlimited。

使い方も解約もかんたんなので、迷ったらぜひ試してみてください。

Kindle unlimitedとは?【基本情報】

Kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)とは、Amazonの電子書籍読み放題サービスです。

まずは基本情報をおさえておきましょう。

  • 月額料金……980円
  • 読める本の数……和書:約12万冊~、洋書:約165万冊~
  • 読める本のジャンル……雑誌・マンガ・小説・ビジネス書など多ジャンル
  • 対応端末……スマホ・パソコン・タブレット(6台まで)
  • 支払い方法……クレジットカード・デビットカード
  • 無料期間……30日間

他の定額読み放題サービスと比べて違うところは、「読める本のジャンルが幅広くて多いかわりに値段が少し高い」というところ。

とは言えふつうに本を買うことを考えると、月に1~2冊も読めば元はとれる計算になります。

kindle unlimitedの使い方

kindle(電子書籍)を読むにはまず、専用ソフトまたは専用アプリをインストールする必要があります。

パソコンの場合

kindleをパソコンで読む場合は、以下のパソコン用のソフトをダウンロード(無料)すると読めるようになります。

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]
Kindle for PC (Windows)

スマホ・タブレットの場合

スマホ・タブレットの場合は、以下の専用アプリをインストールすると読めるようになります。

Kindle電子書籍リーダー:人気小説や無料漫画、雑誌も多数

Kindle電子書籍リーダー:人気小説や無料漫画、雑誌も多数
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

アプリを開くと右下に出てくる「ストア」をタップして、上の方に出てくる「Kindle unlimited読み放題」をタップすると、読み放題の対象本一覧を見ることができます。(Androidの場合)

  

ふつうにAmazonの検索画面で本を探した場合、「¥0 Kindle unlimited」という表示があり、「読み放題で読む」というボタンが出ている本が読み放題の対象本です。

 「読み放題でよむ」ボタンを押してダウンロードすると、「ライブラリ」のところに本が保存されて、いつでも好きなときに読むことができます。

   

読みたい本を探してみて、以下のように値段と「注文を確定する」ボタンが出ていれば、それは対象本ではないので気をつけてください。

Kindle unlimitedでできること

Kindle unlimitedでできることをまとめました。

  • 雑誌・小説・マンガなど、いろんなジャンルの本が読み放題
  • オフラインでも読める
  • 1つのアカウントで6台まで利用できる
  • 初回は30日間無料

雑誌・小説・マンガ、いろんなジャンルの本が読み放題

Kindle unlimitedは、雑誌や小説、マンガ、ビジネス書など、いろんなジャンルの本が読み放題です。

他の定額制読み放題サービスは、「雑誌」「マンガ」などに特化したものが多いですが、Kindle unlimitedはまんべんなくいろんなジャンルの本が読めるのがいいところ。

読み放題の対象本は定期的に入れ替わるので、飽きたり読みたい本がない、ということもありません。

>>>Kindle unlimitedの対象本を見てみる

オフラインでも読める

Kindle unlimitedの対象本は一度ダウンロードしてしまえば、通信環境の悪いところやオフラインでも読むことができます。

なので飛行機の中や、海外に行ったときにも使えて便利。

事前にWi-Fiのあるところでダウンロードすればデータ通信量も気にせず、どんな環境でも快適にサクサク読めます。

1つのアカウントで6台まで利用できる

Kindle unlimitedは1つのアカウントで端末6台まで利用可能。

スマホ・パソコン・タブレットと、使いたい時や場所に合わせて、いつでも好きな端末からログインして本を読むことができます。

てことは、月額980円で家族みんなが読み放題を使えるということに。

本1冊分の値段でこれはかなりお得です。

初回は30日間無料

Kindle unlimitedは、初回は30日間無料体験ができます。

無料期間が終わると自動的に月額980円の有料会員に移行するので、解約日には気をつけてください。

無料期間終了日は、「アカウントサービス」の「お客様のKindle unlimited」というところから確認できます。

「終了日」と書かれている日にちが無料期間が終わる日で、その翌日から課金されます。

  

最初から「無料期間だけ利用してサービスの継続をするつもりはない」という人は、このページから解約手続きもできるので、登録と同時に解約手続きもすませておくことをおすすめします。

早めに解約手続きをしても、無料期間の30日間はサービスは利用できるので大丈夫です。

Kindle unlimitedを使うときの注意点

注意点というか、使うときに「ん?」となるところがあるので、確認しておきます。

  • すべての電子書籍が読み放題というわけではない
  • ダウンロードして一度に手元に置ける本は10冊まで
  • 読み放題の対象本は入れ替わる

すべての電子書籍が読み放題というわけではない

「Kindle unlimitedはAmazonの電子書籍読み放題サービス」と言っても、Amazonで販売している本のすべてが読み放題になるわけではありません。

対象となる本は「¥0 Kindle unlimited」と書かれている本だけで、最新作や話題作は読み放題の対象でないことが多いです。

雑誌は、一部最新号が読めます。(バックナンバーも)

ダウンロードして一度に手元に置ける本は10冊まで

kindle unlimitedは、「同時に読めるのは10冊まで」となっています。

本を読む際には一度ダウンロードして読むことになるんですが、いくらでもダウンロードできるというわけではなく、一度に手元に置いておけるのは10冊まで、というシステムです。

   

11冊目をダウンロードしようとすると、以下のように「本の利用を終了して続ける」という画面が出てきます。

この画面になったら、いま手元にある本の中からどれか1冊を返却すると、11冊目の本をダウンロードすることができます。

   

返却したい本を選んで「利用を終了して続ける」とタップすると、返却と同時に新たな本がダウンロードされます。

10冊を同時進行で読むってことはないので、このシステムに不便を感じることは特にありませんでした。

読み放題の対象本は入れ替わる

読み放題の対象本は、定期的に入れ替わります。

新しい本が読み放題に追加されたり、読み放題だった本が対象からはずれていたり。

今読み放題の本が今後もずっと読み放題とは限らないので、気になる本があったらまずはダウンロードしておくことをおすすめします。  

>>>kindle unlimitedの対象本を見てみる

Prime reading(プライムリーディング)との違い

Amazonの電子書籍サービスには「Kindle unlimited」のほかにも、「Prime reading」というものがあります。

Prime readingとは、Amazonプライム会員になると受けられる特典のひとつです。

(※Amazonプライムは、Amazonでの買い物の送料が無料になる、音楽聴き放題、プライムビデオが見放題……などほかにもたくさん特典があります)

  

そしてPrime readingでは、Kindle unlimitedの読み放題対象本の中の、ごく一部だけが読み放題となっています。

Kindle unlimitedPrime reading
料金月額980円月額500円
年額4,900円
(=Amazonプライムの会費)
対象者Amazon会員Amazonプライム会員
読み放題対象本和書12万冊~
洋書165万冊~
Kindle unlimitedの対象本の中から数百冊
無料期間30日間一般は30日間
学生は6か月間(プライムスチューデント)

Prime readingはKindle unlimitedのお試し版、といった位置づけ。

Prime readingはKindle unlimitedに比べると読める本の数が圧倒的に少ない、というのが大きな違いです。

>>>Amazonプライム会員の特典を見てみる

>>>Prime readingの対象本を見てみる

Kindle unlimitedの登録・解約のしかた

Kindle unlimitedは登録したら自動更新となっています。

うっかり解約し忘れた!とならないように、登録した直後に解約手続きもしておくと、自動更新で課金されることもないので安心です。

登録

Kindle unlimitedの登録は、Amazonのアカウントを持っている人はこちらのページから「30日間無料体験をはじめる」のボタンをタップするだけでおわります。

Amazonアカウントを持っていない人は、住所や氏名、支払いのためのクレジットカード情報などを入力してからの登録になります。

サービス利用開始日と無料期間の終了日は、「アカウントサービス」の「お客様のKindle unlimited」というところから確認できます。

解約

解約は、登録情報を確認するのと同じ「アカウントサービス」の「お客様のKindle unlimited」というところからできます。

「Kindle unlimited会員登録をキャンセル」→「メンバーシップを終了する」をタップするだけで解約手続きは終了。

最初から無料体験期間だけの利用を考えている人は、登録と同時に解約手続きもすませておきましょう。

登録直後に解約しても、無料体験期間中はちゃんと本は読めるので大丈夫です。

Amazonが販売するタブレットを購入するとKindle unlimitedが3か月分(2,940円)無料

kindleはスマホやパソコンなどでも読めますが、Amazonから専用タブレットも販売されていて、それを購入するとKindle unlimitedが3か月分(=2,940円)無料になります。

Kindleタブレット

Kindleタブレットは、普通のタブレットと違い「読書専用」のタブレットになります。

メールや動画を見るなどの他の機能はないので、「読書に集中したい」という人におすすめ。

画面は白黒でブルーライトゼロなので目に優しく、軽くて持ち運びも楽ちんです。

一度の充電で数週間はバッテリーが持つので、旅行中などでもバッテリーを持って行く必要がないのはいいですね。

  

また、3か月間のKindle unlimited無料利用にくわえて、Amazonプライム会員の人はこのKindleタブレットを持っていると毎月1冊電子書籍が無料で読めるという特典もあります。(オーナーライブラリー)

「広告つき」と「広告なし」とが選べて、キャンペーン情報などのお知らせが表示される「広告つき」の方が2,000円安く買えるんですが、あとで「広告がジャマだから消したい」と思っても変更はできないので注意してください。

Fireタブレット

Fireタブレットは、Kindleタブレットと違って動画や音楽なども楽しめる、一般的なタブレットです。

普通のタブレットに比べるとかなり安く、「ちょっと試しにタブレット買ってみようかな」という人にはうれしい値段。

Amazonとしては、タブレット単体で儲けようというのではなく、これを入り口にしてAmazonの月額サービスを使ってもらいたいということで安くしているんだと思います。

   

ちなみに、KindleタブレットとFireタブレットにはそれぞれ「キッズモデル」もあり、どちらにも本の読み放題が含まれています。

お子さんのタブレットデビューを考えている方は、これらを購入するとかなりお得です。

このKindleキッズモデルは、1,000冊以上の子ども向けの本が1年間読み放題

Kindleで買った本を追加することもできます。

読書専用タブレットになるので、お子さんに持たせるには安心です。

   

Fireキッズモデルのほうは、Amazon Kids+(Amazon FreeTime Unlimited)が1年間使い放題になります。

Amazon Kids+とは?
3歳~12歳の子供を対象に、書籍、ビデオ、学習用アプリやゲームなど、数千点のキッズコンテンツが使い放題になるというもの。

Kindleキッズモデルと違い、こちらは動画やゲームなども楽しめます。

プロフィールを大人に変えれば普通のFireタブレットとしても使えるので、お子さんと一緒のタブレット利用を考えている人は、こちらを検討してみるのもいいかもしれません。

Kindle unlimitedまとめ

Kindle unlimitedについてのポイントを最後にもう一度まとめておきます。

  • 月額980円
  • 読み放題対象本のジャンルが幅広い
  • 最新作はあまりない
  • 同時に読めるのは10冊まで
  • 1つのアカウントで端末6台まで利用できる
  • 無料期間は30日間
  • Amazonが販売するタブレットを買うとKindle unlimitedが3か月間無料(2,940円分)

ということでした。

  

月額980円というのはふつうに本を買うことを考えたら安いとは言え、毎月払い続けるにはちょっと高いなぁ…と思う人もいると思います。

そういう人はずっと継続してサービスを利用するのではなく、1~2か月くらい利用してある程度読みたい本を読んだら解約→しばらくしてまた読みたい本が見つかったら再登録というふうに、単発で利用するのがおすすめです。

読み放題の対象本は定期的に入れ替わりますし。

  

解約・再登録はとてもかんたんなので、サービス利用をやめたり再開したりが気軽にできます。  

  

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました