AlexaにKindle本を読み上げてもらいオーディオブック化。速度設定も声で簡単操作!

kindle本をアレクサで読み上げAmazon

わたしはここ1年ほど、プロの声優さん・俳優さんが本を朗読してくれるオーディオブックサービスのAudibleを愛用しています。

「聴く読書」って楽だしいつでも聴けるしサイコ~と思っていたら、友人がちょうどEcho Dot(アレクサ)をプレゼントしてくれて、「Alexa(アレクサ)もKindle本の読み上げしてくれるよ」とのこと。

「えーじゃあふつうの本もオーディオブックとして楽しめるってこと?めっちゃ便利な機能じゃん!」と思ったのでさっそく試してみたら、これはなかなかアリですな。

となったので当記事では、Alexaを使ってKindle本の読み上げをしてもらうやり方について解説します。

 

解約も簡単
Kindle unlimited30日間無料体験好きな端末で読み放題!

Kindle unlimitedの使い方

    

Amazonでの買い物がお得になるギフト券チャージキャンペーン

読み上げに対応している本・していない本の確認方法

まずKindle本の読み上げについては、マンガや雑誌など、一部対応していないものがあります。

その本が読み上げに対応しているかどうかの確認方法は、以下のとおりです。  

PCの場合

本の商品情報のページを、下の方にスクロールしていくと以下のような「登録情報」というところがあります。

こちらの、「Text-to-Speach(テキスト読み上げ機能)」というところが「有効」になっていれば、読み上げに対応しています。

kindle本が読み上げに対応しているかどうか調べる方法

スマホの場合

PCの場合と同じく、本の商品情報ページを下にスクロールしていくと「KINDLE版について」というところがあります。

そこの、「TTS(Text-to-Speach)」というところが「有効」になっていれば、読み上げに対応しています。

kindle本が読み上げに対応しているかどうかスマホで調べる方法

Alexa(アレクサ)のkindle本読み上げ機能の使い方

Alexaにkindle本を読み上げてもらう方法は、以下の2つになります。

  • Alexaに話しかけて指示を出し(音声操作)、読み上げてもらう
  • Alexaアプリに読み上げてもらう

もちろんどちらの場合も、事前に読み上げてほしいKindle本をダウンロードしておきましょう。

Alexa(アレクサ)に話しかけて指示を出し(音声操作)読み上げてもらう

Alexaに話しかけて、以下のように指示を出すと本を読み上げてくれます。

  • 「アレクサ、本読んで」
  • 「アレクサ、○○(本のタイトル)読んで」
  • 「アレクサ、止めて」
  • 「アレクサ、もうちょっとゆっくり(もしくは速く)読んで」
  • 「アレクサ、最初から読んで」
  • 「アレクサ、○○秒巻き戻して」
  • 「アレクサ、音大きくして」

「第3章にとんで」とか細かい指示を出すと「わかりません」と言われてしまったので、口頭ではあまり難しい操作はできない?みたいです。

そういう場合は、スマホのアプリ画面で目次を見て、任意の場所から再生するといいです。

   

下のところに再生中のタイトルが出るのでそこをタップ。

アレクサアプリのkindle本再生画面

  

すると以下のような大きな画面になるので、画面左下のメニューをタップすると目次が出てきます。

アレクサアプリのkindle本再生画面

  

目次が出てきたら、任意の場所をタップすればそこから読み上げてくれます。

アレクサアプリのkindle本再生画面の目次

  

再生を一度中断した場合、次回再生するときは中断したところの続きから読み上げてくれます。

スマホアプリの方で聴いていて、続きをAmazon Echoから聴くという場合にも、ちゃんと続きから読んでくれます。

Alexa(アレクサ)アプリに読み上げてもらう

スマホやタブレットにインストールした、Alexaアプリに読み上げてもらうこともできます。

Amazon Alexa

Amazon Alexa
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

手順は以下のとおりです。

  1. Alexaアプリを立ち上げ、「再生」ボタンをタップ
  2. 「KINDLEライブラリ」から、読みたい本をタップ
  3. 再生する端末を選ぶ
  4. 再生

   

実際の画面を順に見ていきます。

Alexaアプリを立ち上げ、「再生」ボタンをタップ
アレクサアプリでkindle本を読み上げてもらう手順

  

「KiINDLEライブラリ」から、読みたい本をタップ
アレクサアプリでkindle本を読み上げてもらう手順

  

再生するデバイスを選ぶ
アレクサアプリでkindle本を読み上げてもらう手順

「このデバイス」を選ぶと、お手持ちのスマホやタブレットで聴くことができます。

  

再生中の画面はとてもシンプル。

タップでできることは、再生・一時停止・30秒ごとの巻き戻しと早送りだけです。

アレクサアプリでkindle本を読み上げてもらう手順


読むスピードを変えたいときは、スマホに向かって「アレクサ、もうちょっと速くして」などと声で指示を出す必要があります。

事前にデバイスの設定のところから、「Alexaハンズフリーを有効にする」をオンにしておきましょう

  

タップでは調整できない、っていうのはちょっと不便ですね。

ただ、一度調整した読み上げスピードは記憶されるので、外出先などで聴きたい場合は事前に調整しておくといいと思います。

そしてこちらももちろん、途中までAmazon Echoで聴いていても、ちゃんとその続きからアプリで再生されます。

  

また、Alexaとkindleアプリは連携しています。

Alexaで途中まで本を聴いて続きはKindleで読む、とした場合も、再生を中断した場所にとんでくれるので、スムーズに続きが読めます。(kindle→Alexaの場合も同じ)

  

アプリで聴く場合は「バックグラウンド再生」ができるのも便利。

ネットにアクセスして違うページを見ていたり、LINEをしたりしながらでも本が聴けます。

Alexa(アレクサ)の読み上げ機能を使ってみた感想

Alexaの読み上げ機能を実際使ってみて最初に思ったのは、「意外とイケるじゃん」ってことでした。

もっとカクカクした、いかにも機械的な感じの読み上げになるのかな?と思ってたんですけどそれほどでもなく、まぁまぁ聴けます。

ただやっぱり、本によってはかなりの頻度でイントネーションがおかしかったり、漢字の読み方を間違えたりすることもあるので、そのへんは脳内で修正が必要。

特に小説の場合は人名など読み間違いが多くなるようで、聴いていて「?」となってしまうこともけっこうありました。

なのでAlexaの読み上げは、ストーリーに没入したい小説系よりも、ビジネス書などの方が向いているかなと思います。

プライムリーディング約900冊が読み放題)

キンドルアンリミテッド(和書は約12万冊が読み放題)

本を聴くならAudibleもおすすめ

ちゃんとした朗読で本を聴くなら、Audible(オーディブル)が断然おすすめです。

月額1,500円という値段がネックになるとは思いますが、いつでもどこでもプロのナレーションで本が快適に聴けることで、読書量が簡単にアップ

「本を読む時間・気力・体力がないけど効率的にインプットしたい」と考えている人は、Audibleは一度試す価値ありです。

自分で読むのがしんどければ、人に読んでもらえばいいんです(笑)

30日間の無料体験では、どんな高額本でも1冊無料でもらえます。

Audibleで聴けるおすすめ声優・芸能人一覧

Audible無料体験のはじめかた

 

まとめ

以上、Alexaを使ったKindle本の読み上げについてまとめると、

  • 読み上げ速度の調整ができる(Alexaアプリの場合、タップではできず声で指示を出す必要がある)
  • AlexaとKindleは連携しているので、「聴く→読む」「読む→聴く」とした場合もすぐに中断箇所にとんでくれてスムーズ
  • Alexaアプリはバックグラウンド再生ができる

ということでした。

   

AIっぽいイントネーションの読み上げ&けっこう漢字の読み間違いが多いのがちょっと気になると言えば気になりますが、「ふつうの本が無料でオーディオブック化できる」というのはかなりのメリット。

この機能を使えば、家事をしながら・運動しながら・寝る前にベッドの中で……など、いろんなシチュエーションが読書タイムになるので画期的です。 

  

でも当然ながら、プロの声優さんや俳優さんが朗読してくれるAudibleのほうが内容もすっと入ってくるし圧倒的に快適。

値段・機能性・パフォーマンスなど総合的に考えると、AlexaAudibleの両方をうまく使っていくのがおすすめです。

   

   

Amazonでの買い物がお得になるギフト券チャージキャンペーン

  

Amazonギフト券キャンペーン以外のキャンペーンについてはこちら。

Amazonのキャンペーン・セール・クーポン一覧まとめ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました