持たないと損!海外旅行保険に無料で入れるクレジットカード3選

旅のノウハウ

海外旅行に行くときに、必ず加入しておきたい海外旅行保険。

例えば1週間海外に行く場合、旅行先によって違いはあれど保険料は安くても2,000円以上はかかってきます。
(空港のカウンターで保険に加入している人もよく見かけますが、ネットで加入するよりも料金がかなり高めに設定されているのでやめた方がいいです)

 

わたしのように海外旅行が好きで年に何回か行くという人は、そのたびに保険に入らなければいけないのは面倒だったり、お金がもったいない……と感じたりしますよね。  

そんなときに知っておきたいのが、クレジットカードに付帯している海外旅行保険

これをうまく使えば無料で海外旅行保険に加入できて、病気やケガなどほとんどの場合はこのクレジットカードについてくる海外旅行保険だけでもじゅうぶんにカバーできます。

 

そこで本記事では、年会費無料で海外旅行保険がついてくるおすすめカードにしぼってピックアップしてみました。

いま海外では現金での支払いができない券売機や店舗も多く、ネットでのホテル予約もクレジットカードがないとできないなど、クレジットカードは旅の必需品です。

どうせ持って行くなら、海外旅行保険が無料でついてくるカードを持ってお得に旅をしましょう!

まずはこの1枚を持とう

海外で病気やケガをした場合、保険に入っていなかったらどうなる?

そもそも、海外旅行保険って絶対入らなきゃいけないの?という疑問について。

   

万が一海外旅行中に病気やケガをして、保険に入っていなかった場合の治療費がどれくらいになるのか見てみましょう。

ソニー損保のサイトから、実際にあった例をいくつか引用してみます。

アメリカでの事例

  • 腹痛・不正出血があり受診。卵巣のう腫と診断され3日間入院・手術。費用:527万円
  • ハイキング中に滑落し救急車で搬送。腰椎骨折と診断され10日間入院。費用:2,890万円

イギリスでの事例

  • ホテルで体調不良を訴え倒れ救急車で搬送。硬膜下血腫と診断され32日間入院・手術。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。費用:1242万円

韓国での事例

  • 雪道で足を滑らせ転倒し救急車で搬送。大腿骨頚部骨折と診断され10日間入院・手術。看護師が付き添い医療搬送。費用:449万円

ベトナムでの事例

  • ホテルのロビーに集合した際、体調不良を訴え嘔吐し受診。くも膜下出血と診断され25日間入院。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。費用:923万円

いや怖っ!
目を疑うような金額です。

ここにあげたのは特別大きな金額の例ですが、ここまで大きな事故やケガではなく、ちょっとした体調不良での診察だけでも日本の国民健康保険が適用されない海外での医療費は、日本に比べてとても高額。

保険に入っていかなかった場合は全額自己負担となってしまうので、保険は必ず入っておくべきでしょう。

無料で入れる保険があるならなおさらです。

まずはこの1枚を持とう

海外旅行保険がついているクレジットカードの選び方

海外旅行保険がついているクレジットカードはたくさんあるけどどれにすればいいの?
って迷いますよね。

まずはカードの選び方のポイントについてまとめておきます。

「傷害(疾病)保険」で最大いくらもらえるか?

海外旅行保険の内容については死亡保険・携行品損害などいろいろありますが、実際の治療費の例を見てもらうとわかる通り、最も高額請求となるのが病気やケガのときの治療費

また、海外旅行保険でもっとも事故件数が多い項目も「治療費・救援費用」です。

  

保険料最大○○○○万円!とうたっていても、それは死亡した場合に支払われる保険料だったりするので要注意。

死亡保険の金額が充実しているものよりも、まずは最も起こる可能性の高い、病気やケガをしたときに支払われる保険金が充実しているものを選びましょう。

自動付帯と利用付帯の違いを理解しておこう

クレジットカードの海外旅行保険には、「自動付帯」「利用付帯」という2つの付帯条件があります。

ここをちゃんと理解しておかないと、あとで「保険金が支払われない!」ということになりかねないので、しっかり確認しておきましょう。

 

ざっくり言うと、

  • 自動付帯…クレジットカードを持っているだけで適用される保険
  • 利用付帯…クレジットカードで旅行代金を支払うことで適用される保険

です。

保険が自動付帯のカードは、カードを発行してから1度もカード決済をしなくても適用され、旅行前にカード会社に連絡をする必要もありません。

   

それに対して利用付帯のカードは、旅行のツアー代金や「公共交通乗用具」の利用代金を、該当するクレジットカードで支払った場合に保険が適用されます。

「公共交通乗用具」とは、飛行機・電車・バス・タクシー・船。

たとえば、自宅から空港に行くための電車代を利用付帯のクレジットカードで払えば、その旅行に保険は適用されるということです。

利用付帯のカードについては、カード会社によって保険の適用条件の細かいところが違っていたりするので、手持ちのカードの適用条件を事前にチェックしておきましょう。

保険料は合算できるから、クレジットカードは複数枚あると安心

それぞれのクレジットカードについている海外旅行保険は、合算することができます。

つまり、カードを3枚持っていれば3枚分の保険料を合算したものを受け取ることができるということです。

万が一大きな病気や事故になってしまった場合、カード1枚分の保険料では足りないかもしれません。

でも例えば、傷害(疾病)保険が200万円のカードを3枚持っていた場合、
200万×3=600万円
の補償を受けられることになります。

  

そもそも、海外旅行に行くときにはクレジットカードの紛失や盗難など、なんらかの事情で使えなくなった場合のことも考えて、カードは複数枚持っていくのが普通。

そしてどうせ持っていくなら、海外旅行保険がついているカードがベスト

カードの複数持ちで、保険料を上乗せしましょう。

 

(※保険料の合算に関しては、疾病治療や傷害治療の費用は手厚くなりますが、死亡したとき・重度の障害が残ってしまったときの「死亡・後遺障害」については合算されません。

「死亡・後遺障害」についての保険を手厚くしたい場合は、ゴールドカードやプラチナカードといった年会費のかかるものを持つのがおすすめです。

VISAとMasterの両方を持っておこう

カードを複数枚持つときに大事なのが、VISAとMasterCardの両方をバランスよく持っておくということ。

お店やATMによっては使えないカードもあるし、それぞれのカードの限度額もあります。

そして磁気不良や機械へのカード吸い込みなど、なんらかの事情でカードが突然使えなくなってしまうことも考えられます。

保険料を上乗せするため、そして万が一どれかのカードが使えなくなってしまったときのために、カードはVISAとMasterCardの両方をバランスよく複数枚持って行きましょう。

年会費無料で海外旅行保険がつくおすすめクレジットカード4選

それでは、海外旅行保険がついているクレジットカードの選び方のポイントがわかったところで、おすすめのカードを紹介していきたいと思います。

海外旅行好きはみんな持ってるエポスカード

まず、最低でもこれだけは持っておきたいのはエポスカード

海外旅行好きの人には常識で、国内でも使える特典がいろいろあるので人気の高いカードです。

海外旅行保険付帯のカードをまだ1枚も持っていない、という人はとりあえずこのカードを作っておくと安心

エポスカードの主な特徴は、

  • 入会費・年会費無料
  • 即日発行
  • 傷害(疾病)治療費用が270万円と高額(自動付帯)
  • カード発行で2,000円分のポイントがもらえる

入会費・年会費が無料のカードの中では、疾病治療費用が270万円というのはトップクラス!

しかも自動付帯なので、カードを発行してから一度も決済をしたことがなくても保険は適用されます。

年会費も無料で、他のクレジットカードでポイント貯めてるからエポスカードは使う機会がないんだけど……という人でも大丈夫。

海外旅行保険のためだけにでも発行しておくことをおすすめします。

  

さらに即日発行ということで、出国まで時間がないという人もOK。

さらに、発行すると2,000円ぶんのポイントがもらえるというのも嬉しいですね。

     

ただ持っているだけでも役立つエポスカードですが、楽天トラベルの国内旅行予約に使える1,000円OFFクーポンが毎月もらえるなど、けっこう使えるカード。

お得な使い方については以下の記事に詳しいので、参考にしてみてください。

普段の買い物でポイントも貯まりやすい楽天カード

自動付帯のカード2枚に続いておすすめしたいのは、楽天カードマンやお買い物パンダのCMでもおなじみの楽天カード

もうすでに持っている人も多いと思いますが、一応特徴としては

  • 入会費・年会費無料
  • ポイントが貯まりやすい
  • 疾病治療費用は最大200万円(利用付帯)
  • カード発行で2000円分のポイント、初めてのカード利用で3000円分のポイントがもらえる

楽天市場での買い物がお得になるだけでなく、その他普段使いでもかなりポイントが貯まりやすいカード。

いろいろと使いやすいので、わたしはメインカードとして楽天カードを使っていて、毎月4,000円分くらいはポイントが貯まってます。

傷害疾病)治療費用も最大200万円と、年会費無料のカードの中ではエポスカードについでトップクラスです。

 

注意点としては、こちらのカードはエポスカードと違って「利用付帯」のカードということ。

「利用付帯」とは上で説明したように、 クレジットカードで旅行代金を支払うことで適用される保険です。

つまり、楽天カードは持っているだけでは海外旅行保険に加入したことにはなりません。 

海外旅行保険に加入するには、ツアー代金や、家から空港までの電車代など、出国前に旅費の一部でいいので楽天カードで支払いをしておきましょう。

  

楽天カードを持っていると、楽天トラベルでの予約がお得になるクーポンもあります。

25歳以下なら迷わずセゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード

あなたが25歳以下ならこれ一択

迷う必要はありません。

このカードの特徴は、

  • 26歳になるまで年会費無料
  • 傷害(疾病)治療費用最大300万円(自動付帯)
  • 海外でのカード利用でポイント2倍
  • 海外旅行からの帰国時に、手荷物1つを無料宅配サービス
  • 海外用Wi-Fi、携帯電話レンタルを会員限定料金で利用可能

とにかく、年会費無料のカードとしては他と比べるまでもないほど、受けられるサービスが充実しています。

保険は自動付帯で、傷害(疾病)治療費用も、本記事で紹介したどのカードよりも高額の300万円!

その他、海外旅行にかなり役立つサービスがたくさんあるので、若者が海外へ行くことを応援してくれているカードと言えると思います。

あなたが25歳以下なら、迷うことなくとりあえずこのカードは持っておくべきです。

まとめ

以上、海外旅行保険がついているクレジットカードを選ぶときのポイントと、おすすめカードを3つ紹介しました。

まとめると、カードを選ぶときのポイントは

  • 傷害(疾病)保険の金額をチェック
  • 自動付帯か、利用付帯かチェック
  • カードは複数枚持って保険料を上乗せ
  • VISAとMasterCardをバランスよくもつ

ということでした。

そしてこれらをふまえたおススメカードは以下の3つ。

エポスカードは、保険が自動付帯で傷害(疾病)治療保険料が最大270万円と最も高額となるので必須。

年間50万円ほどの利用でインビテーション(招待)が届き、永年無料でゴールドカードにグレードアップすることもできます。

永年無料でゴールドカードが持てちゃう♪
海外旅行好きはみんな持ってるエポスカード
まずはこの1枚を持とう

    

もし今海外旅行保険が付帯したカードをまだ何も持っていないなら、普段の使いやすさなどもあわせて考えるとエポスカード楽天カード の2枚をとりあえず持っておくと安心です。

楽天のサービスを利用するなら必携
普段使いでポイントがどんどん貯まる!楽天カード

  

これらのクレジットカードについている海外旅行保険に無料で入ったうえで、それでもまだ心配なときに、追加で必要なぶんだけ普通の海外旅行保険に入るというふうにすれば、無駄にお金を使わなくてすみます。

海外に行くたびに保険に入っていたら、保険料もバカにならないしもったいないですからね。

無料で加入できるクレジットカード付帯の保険を利用して、お得に旅をしましょう!

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました