一人旅は寂しいし不安だから楽しい。まずは「プチひとり旅」のすすめ

旅のノウハウ
スポンサーリンク

女で一人旅が好きだと言うと、「怖くない?」「寂しくない?」「一人で行って何が楽しいの?」などと今まで何回も言われてきました。

まぁ、そう言いたくなる気持ちもわからなくはないです。実際怖いときも寂しいときもありますからね。

でも、それを補って余りある魅力が一人旅にはあるんだよぉ!!!

ていうことって、なかなか話しても伝わらないことが多いです。というかむしろ、「へ~、よくやるね」みたいな風に言われて話が終わってしまうことが多い……。

わたしはむしろ、一人旅は寂しいときもあれば不安なときもあるから楽しい、と思っているんですけどね。

  

わたしの彼氏もわたしと同じく、旅行好き・一人旅好きです。

なので、同じ期間にそれぞれが違う場所へ一人旅に行く、なんてこともたまにですがあります。

でもこれを人に言うと、「変わってる」「おかしい」とかって言われるんですけども……

誰かと行く旅行と一人で行く旅行は、同じ時期・同じ場所でも全然別モノであることをお互いに知っているから、「一人旅に行きたい」という気持ちを尊重しあうようにしているんですよね。

 

ということで当記事は、ひとり旅好きで今まで20か国以上ひとり旅をしたことのあるこまだこまが、

「ひとり旅に行ってみたいけど寂しくなりそうだし、行こうか迷ってる……」「ひとり旅に行ってみたいけど勇気が出ない……」と思っている人に、

「ひとり旅っていいよ~~~」って言いたいだけの記事となっています。

 

ちなみに女ひとり旅の危険回避のための具体策については以下の記事に書いてますので、女性の方はよかったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

一人旅の最大のメリットは「圧倒的自由」と「出会い」

この子たちは今どんな大人になっているんだろう?

言うまでもなく、「ぜんぶ自分の好きなようにやっていい」っていうのがひとり旅の一番のメリットです。

何かをしたいと思ったときに、誰にも相談・了承を得なくていい。

その日・その時の自分の気分ですべての予定を決められます。

こんなことって、普段の生活や複数人での旅行ではありえないですよね。

ホテルで朝目が覚めたとき、まっさらな一日を前に「今日は何しよう?どこに行こう?」と考えるときのあの圧倒的に自由な感じは、一人旅をした人にしか感じられないものだと思います。

ここに行く予定だったけどやっぱやめてこっちに行こう、疲れたから今日はちょっと休もう、電車の方が速いけどあえてバスで行ってみよう、美術館で一日ゆっくり過ごそう

誰かと一緒だとするのがためらわれるような提案も、一人ならすぐに実行に移せます。

相談をしなくていいぶん、一人でぐいぐい行動を起こせるスピード感はすごく快適で気持ちいい!です。

   

そして、それと同じくらいわたしが大きなメリットだと思うのは、「出会いがある」こと。

わたしが女性であることも大きく関係していますが、一人旅をしていると、複数人で旅行しているときには絶対にない出会いがあります。

  

「ミステリーハンターになりたい」と言っていた日本人女性、昔日本でジャーナリストをしていたというハンガリー人男性、自転車の後ろに乗せてくれた画家のスペイン人男性、韓国では独身女性はバカにされるのよ、と怒りながら自分の教員人生について語ってくれた韓国人女性………

わたしが一人旅をしていたからこそ、いっときの間仲良く話したり一緒にお酒を飲むことになった人たちで、旅行をしたときから10年以上たった今でもなお記憶に残る人たちにたくさん出会いました。

もしもわたしが友人や恋人と一緒だったら、彼らがわたしに話しかけてくれることはなかったでしょう。

複数人で旅行していると、どうしても仲間内でずっと話すことになるので、現地に暮らす人や、同じ旅行者との出会いってなかなか生まれないんですよね。

   

一人でいると、怪しい人も含めてですがいろんな人に声をかけられたり、こちらから何かを質問したりと、知らない人と話をする機会が増えます。

一人旅は誰かと一緒に旅をしたときより他人と接する機会が増えるので、そのぶん心に残る出会いもたくさんあります。

「一人旅=さみしい」

というよりもむしろ、

「一人旅だからこそ出会いがあって楽しい」

というのがわたしの体感。

・1人でいることの圧倒的自由
・1人でいるからこその出会い
この2点は、一人旅をすることの大きな大きなメリットだと言えます。
スポンサーリンク

一人旅のデメリットは「シェアできない」こと

サボテンの実はおいしかったです

一人旅は自由で出会いがあって楽しい!最高!と思ってはいますが、とは言えいいことばかりではありません。もちろんデメリットもあります。

一人旅をすることをためらう人は、このデメリットの方が気になってしまってるんですよねきっと。

わたしが感じた一人旅のデメリットは、

  • 複数人で行くより旅の予算がかかる
  • 感動を分かち合える人がいない
  • 食事のときにシェアできないので、いろんなものが食べられない
  • 場所や状況によっては寂しく不安になることがある

自分で書いておいて思いましたが、確かにこれらはなかなかのデメリットです(笑)

まず宿泊費については、海外だと人数ではなく一部屋あたりの値段になるので、一人よりも二人で部屋をシェアして宿泊した方が安上がりになります。

一人だと、絶景を見ても「すごいねーーー!」と口に出して感動を分かち合えないのが寂しい。

食事のときも一人なのでシェアできず、いろんなものを少しずつ食べる、ということができません。そしておいしくても黙々と食べるしかなくて寂しい(笑)

 

要するにこれらはすべて、「シェアできないこと」からくるデメリットです。

当たり前だけど、何をしても一人(笑)

わたしは普段から一人でいることに寂しさをさほど感じないタイプですが、それでも食事のときだけは、「誰かもう一人いたらなぁ…!!!」と強く思います。

  

そんなわたしが最も寂しさを感じたのは、13年前初めての海外ひとり旅となるインドのカジュラホというところで体調を崩し、一日ホテルの部屋で寝込んでいたときでした。

ひとりで一日中ぐったりとしながらホテルの天井を眺めていると、寂しいというかもはや「何やってんだろわたし……」という虚しさと、わたしの体大丈夫なんかい……という不安に襲われてきました。

やっぱり体がやられるとメンタルもやられます。旅先で一人だとなおさら。

つらさや不安を誰かと「シェアできない」という状況がますますつらい……

となっていたこのとき、カジュラホへ向かう途中に知り合った日本人男性がわたしの部屋を訪ねてきて、ポカリとバナナを差し入れてくれました。

このときのことは今でもときどき思い出すほど、めちゃくちゃ嬉しかったです。

今思えばこれは、「一人旅の寂しさ・不安と、一人旅だからこその出会い」をいっぺんに味わった出来事でした。

 

一人旅は、シェアできなくて寂しい。

これは確かに大きなデメリットです。

「寂しい」と感じる瞬間が全くない人なんていないと思います。

でも、このデメリットがあるからこその一人旅!です。

寂しい気持ちや不安な気持ちとうまく付き合っていくのも一人旅の醍醐味というか、「味」なんだよなぁ、とわたしは思っています。

スポンサーリンク

一人旅をすると強くなる

一人旅をすると強くなります。

「何でも一人で全部決められる」という自由はつまり、「何でも一人で全部対処しなければならない」という不安

このことと向き合った人は、旅に出る前より確実にちょっとだけ強くなってます。

  

わたしは13年前に初めての海外一人旅でインドに行ったときに初めてこれを身をもって感じ、

「おおお、一人旅ってそういうことなのね…!」となったときの衝撃は、一生忘れません(笑)

不安でさみしくて、でも同時にわくわくして。

知らない土地で、自分一人ですべてを決断して旅を続けていくのは大変だけど、旅行に必要な能力(調査力・判断力・行動力)やメンタルは確実に鍛えられます。

そしてそれらは、日常生活においても大事なもの。

自分で道を切り開いていく感覚が味わえるのは、一人旅ならではです。

スポンサーリンク

スマホのおかげで一人旅のハードルはかなり下がった!

こんなこと言い出したらほんとにおばさんになった証拠だと思うんですが、

「今はいいわよ~昔はスマホなんてなかったからほんと大変だったのよぉ~~~!!!」

と、若い子たちには言いたい(笑)

わたしが初めて海外旅行に一人で行ったときはスマホなんてもちろんなく、今思うと「よくそんなんで旅してたな⁉」と驚くことばかりです。

昔は今みたいに、ホテルの部屋に寝っ転がってネットで次のホテルやバスをちょちょいと予約~なんてことができなかったので、現地についてから歩き回ってホテルを探したり、ネットカフェに行ってそこから予約をしたり、バス会社にいちいち出向いてチケットをとったりしていました。

地図ももちろん紙の地図です。

  

それがスマホの誕生で、旅はなんと楽で快適になったことか!!!

でもさみしいことにスマホを使うようになってから、一人旅をしているときの出会いは減ったんじゃないかなぁと感じています。

昔はわからないことがあれば誰かに聞いて助けてもらったり、否応なく他人との交流が生まれていたのが、今はスマホで調べればたいがいのことはわかってしまうし、一人でなんとかなってしまうので……。

  

おばさんとしてはそれが少しさみしい気もしますが、でも実にスマホによって旅のハードルが大きく下がったのはいいことです。

スマホを便利に使って、そして時にはスマホから離れて一人旅をめいっぱい楽しみましょう!

スポンサーリンク

同行者と一日別行動してみる「プチ一人旅」のススメ

そうは言ってもやっぱり一人旅って怖い!って人にすすめたい方法。

それは、友達や恋人と旅行に行ったときに「一日別行動してみる」というやり方です。

海外旅行の一人旅だと特に、まず一番に不安なのが「空港から街への移動」だと思います。

なのでそこの部分は同行者と一緒にすませて同じホテルにチェックイン。

そして、旅行期間が3~4日以上あるなら「1日だけ別行動してみる」っていうのもおもしろいですよ。

 

街に慣れてきた2日目や3日目ぐらいだと、1人で行動してもそんなに不安もないと思います。

夕方にどこかで合流して、お互いが今日一日あったことを話しながら夕飯を食べる……というのもどこか不思議で新鮮な感じがして楽しいです。

お互いに、お菓子や雑貨などのちょっとした「おみやげ」を買って交換したりなんかして。

いきなり一人旅に出かけるのは不安…という人は、同行者と一日別行動する「プチ一人旅」をしてみると一人旅のイメージもわくし、練習になるのでいいですよ。

同行者の了解が必要ではありますが……(笑)

スポンサーリンク

ひとり旅に出たくなるおすすめの旅本

最後に、わたしが好きな「ひとり旅に出たくなる本」をいくつか紹介してこの記事のしめくくりにしたいと思います。

どれもわたしが好きな作家さんで、その著作を何度も読み返している人たちばかりです。

まずは言わずと知れた「深夜特急」

大沢たかお主演でドラマ化もされた、わたしが一番最初に影響を受けた旅本です。

スマホどころかガラケーもない時代、インドのデリーからロンドンまで路線バスだけで横断しようと決めた著者の、長い一人旅の旅行記。

著者はいきなりストップオーバーで、予定していなかった香港・マカオに立ち寄ることになり、そこでカジノの「大小(タイスウ)」という丁半博打にのめり込み、なんと旅の全資金を失いそうになる……

という、1巻から予想外の展開。

全巻を通して、寂しさや不安も含めた一人旅の楽しさに満ちていて、読むと一人旅に出たくなること間違いなしです。

 

この本の中に出てくる場所にわたしも行ってみました。

>>【マカオ】ホテルリスボア宿泊記。カジノの世界にどっぷり浸かる。

>>カスカイスからシントラ周遊パスでロカ岬&シントラ観光

長きにわたって影響を与えてくれる貴重な本です。

 

早稲田大学探検部卒のノンフィクション作家で、毎回破天荒な旅や取材で知られる著者。

TBSの「クレイジージャーニー」にも出演されていました。

この本は、「幻の西南シルクロード」を踏破するため、ミャンマーの反政府ゲリラの協力を得ながらジャングルの中を進んでいく様子が書かれているんですが、ほんと高野さんハチャメチャ過ぎ!

旅の内容は本当に過酷で危険なのに、読みながらなぜか笑いがこみあげてくるのは高野さんならではだと思います(笑)

 

この本に限らず、高野さんはいつも破天荒なことを飄々とやっていておもしろく、わたしはその著作のほとんどを読みました。

こんな危険な場所に行けるのも男ならではだよなぁ…と思うことも多々あり(女はまた別の種類の危険もあるので)、一人旅という意味ではやっぱり男はいいなぁとうらやましくもあります。

 

「酒好き・よくわからない飯好き」のわたしとしては、この2冊もおすすめ。

 

わたしは以前イベントで高野さんにお会いして、お話をさせてもらったことがあるんですが、思っていた以上に小柄で華奢な体つきに驚きました。

わたしよりも華奢だったような……。

そのときのことは以下の記事に書いています。

『ゴールデンバガンランチセミナー』ミャンマーの納豆料理の豊かさに驚く

 

わたしのなかで下川裕治さんは高野さんと並んで、好きな旅行作家さんです。

この本は、30年前の下川さんのデビュー作である「12万円で世界をあるく」を、現代でふたたびやってみた、という企画。

1回12万円の予算で交通費・滞在費などすべてをまかなう、というビンボー旅行のようすが書かれています。

何がすごいって、下川さんは現在(2019年)65歳!

LCC や格安バスに長時間乗ったり、駅の固く冷たい床で寝たりと、若者でもつらくなるような旅を今も続けられています。

大人になると、それなりのホテルに泊まるようになるのが「普通」なのだとは思いますが……

下川さんのような「生涯バックパッカー」といった風情もそれはそれでなんかいいなぁ、と思ったりします。

 

これは「旅行記」ではないんですが、ジャーナリストである著者がイタリアでの生活の中で出会った人たちや食について書かれた本。

内田さんの本を読んだのはこの本が初めてで、それでファンになって他の本も一気に読みました。

イタリア在住歴30年以上で、ほどよい距離感を保ちながら相手のふところにスッと入っていける著者だからこそ書けるイタリアの人と食の魅力。

こんな風に人と付き合っていけるのってうらやましいなぁと思うし、イタリアにも行きたくなる本です。

 

最後はオーケンでしめくくりたいと思います。

「筋肉少女帯」というバンドのボーカルで、作家としても活動している大槻ケンヂのタイとインドでの旅行記。

インド旅行記というと、妙にテンションが高かったり変にスピリチュアルだったりするものが多いなか、オーケンの旅行記はタイトル通りのほほんとしていて独特の味わいがあって好きです。

「ほてほてと歩く」という表現が暑い国にぴったりで、自分が暑い国に行ったときは必ず、

「あ、今わたしほてほて歩いてるな……」とオーケンの表現を思い出してしまいます。

散歩の延長のようなオーケンの旅行記、さくさく読めるしのほほんとするし、自分も散歩の延長のように旅に出たくなるのでおすすめです。

スポンサーリンク
旅のノウハウ
スポンサーリンク
こまだこまをフォローする
スポンサーリンク
こまだこまのロバの耳ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました