住之江競艇場の中央招待席で観戦。「BOATBOY」のクーポンを使ってみた

旅打ち競艇◎目指せ24場制覇
スポンサーリンク

お盆休みで実家の鳥取に帰るだけじゃもったいない!ってことで、東京に帰る途中に住之江競艇に2日間旅打ち。

今回はちょうど、競艇雑誌の「BOATBOY」に付録でついている無料引換券が使えるということで、それを利用して「中央招待席」というところで観戦してみました。

中央招待席受付までの流れと、席の感想などをレポートします!

スポンサーリンク

「BOATBOY」に付録でついている中央招待席引換券を使ってみた

月刊「ボートボーイ」2019年9月号の表紙

わたしが毎月愛読している「BOATBOY

月刊「ボートボーイ」付録のクーポン

この雑誌を買ったことある人ならご存知でしょうが、ご覧のとおり付録として、全国の場の入場招待券とか、指定席無料入場券がついてるんですよね。(月によってついてない場もあります)

もうひとつの競艇雑誌「マクール」にもこのクーポンはついてますが、「BOATBOY」の方がクーポンの量は多いです。

以前、平和島競艇場でも「BOATBOY」のこの無料券を使って指定席で観戦しました。

ちなみに関東の場では、平和島競艇場が一番この無料券をつけてくれる印象です。

場によっては平日しか使えなかったりするのに、平和島は必ずと言っていいほど土日を含む指定席無料招待券がついてます。

太っ腹~!

指定席無料招待券を使うと、それだけで「BOATBOY」そのものの値段、650円の元が取れちゃうというありがたいチケットです。

 

てことで、今回の住之江。

確認してみると、お盆期間中に使える招待券があった~!!

月刊「ボートボーイ」の付録の「ボートレース住之江中央招待席引換券」

がっつりお盆期間を含んでくれてます。

が、よく見たら「各日先着10名様」と書いてありますね。

「中央招待席」ってどういう席?と思って調べてみると、公式サイトにも載ってないし(わたしが見つけられなかっただけ??)、ネット上にも情報がほとんどない……。

なんだこれ???

ちょっと不安になりながらも、ダメもとで開門よりちょっと早めに行ってみることにしました。

スポンサーリンク

中央招待席の設備と雰囲気、観戦してみた感想

住之江競艇場の南門入り口

開門30分前くらいから、住之江公園駅直結の南入場門の前に人が並び始めたので、わたしたちも並びました。

改札機が壊れている?のかなんなのか、警備員のおじさんたちがおもむろに改札機の上に洗面器を置きはじめました。

ここに入場料の100円を入れろってことですね。てか洗面器って(笑)

「中央招待席」について警備員さんに聞いてみると、「中央ホールの右側の方に入り口がある」とのことだったので、とりあえず開門後急いで行ってみました。

住之江競艇場の1階場内

「先着10名様」ということだったので急いで歩いてみたものの、前にはだ~れもいない(笑)

とりあえず田中圭の大きさにびっくり。

住之江競艇場の1階中央ホール

とにかくやたらデカい田中圭がいる中央ホールを通り過ぎて、右方向へ。

住之江競艇場の1階「中央招待席」入り口

水面に出る手前に、ひっそりと「中央招待席」と書かれた扉を発見しました。

わかりづらぁ!

扉を開けると受付の警備員さんがいるので、そこでチケットをわたして名前・住所・電話番号を記入します。本人しか入れません。

このときにもらう通行証は再入場のときに提示する必要があるので、なくなさいようにしましょう。

住之江競艇場の1階「中央招待席」の室内のようす

部屋は2階になります。室内のようすはこんな感じ。50人くらいは入りますかね。

想像していたよりもかなり質素で、狭いスペースです。

机やイスも古く、最低限の設備といった感じ。

住之江競艇場の1階「中央招待席」から見た水面

席からの水面の見え方は、白い窓枠がちょっとジャマかな……。

この窓枠は一番前に座っても、後ろに座っても必ず視界に入ってくるのでそれがちょっとイヤですね。

特別見やすいということはありません。

住之江競艇場の1階「中央招待席」に設置されているドリンクの自販機

ドリンク自販機はありますが、指定席と違って有料です。

緑茶は無料。

トイレはこの室内に1つ設置されていますが、男女共用の和式

男女共用、かつ和式ってのは、特に女性客からしたらかなりのマイナスポイントじゃないでしょうか…。

住之江競艇場の1階「中央招待席」の室内にあるモニター

席にも、席から見える場所にもモニターはないので、前に立たないでと言われても立たざるを得ないですよねそりゃ。

室内にあるモニターはこの3台のみ。

住之江競艇場の1階「中央招待席」内にある投票機

投票機は2台設置されていました。

住之江競艇場の1階「中央招待席」から見た水面
中央招待席からの眺め

室内が狭いということもあるのか、場内よりもクーラーがきいていてとても涼しかったです。長時間いるとちょっと寒いくらいかも?

自分の席があって、テーブルもあるのでゆったり座れる、というのはいいところ。

モニターが席の後ろにしかない、特別水面が見やすいというわけではない、というのと、

室内にあるトイレが男女共用かつ、和式

というのはマイナスポイントです。

 

総合すると個人的には、「特別ここにこだわる理由は全く無い」と思いました。

無料でテーブルがある席に座れる、ということにこだわるならいいかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

旅打ちで「BOATBOY」の無料チケットを使うと、普段使うよりなぜか得した気分になるので使ってみましたが、住之江の「中央招待席」は設備的には正直びみょーかな?と思いました。

まぁなんたって無料なので、テーブル席があるってだけでもありがたいのかもしれないですけどね。

水面の見やすさを求めているわたしは、途中から中央招待席を抜けて一般席で観戦してました。

住之江は水面がものすごく近いので、外だと臨場感はんぱないです!

 

中央招待席は、住之江のファンクラブ会員は無料で利用できる(おそらく先着順)みたいなので、利用者のほとんどはファンクラブ会員の方ですね。

しょっちゅう住之江に来ていて、たまにここで観戦、という感じならいいかもしれません。

遠くから旅打ちで行くなら、この席にこだわる必要はないです。

 

●住之江競艇場の指定席は種類が多くて混乱するので、席の特徴や値段などまとめてみました。

 

●Aシートでの観戦レポと、指定席フロア内のようすについての記事です。

 

●住之江のおすすめグルメとして、2階中央売店のホルモン(350円)を推してる記事も書きました。

コメント

  1. 月子 より:

    こまさん、お久しぶりです~

    尼崎のブログにコメントを入れたのですが、
    文字認証?でしくじってしまいました(笑)

    尼崎は、去年一人で初めて訪ねたのですが、
    ぜんざいがおいしかったな~という記憶のみ。

    住之江もぜひ行ってみたいのですが、
    ナイターということもあり、タイミングが難しくて。

    ボートボーイのクーポン券、使ったことがないのですが・・・
    というか、最近は本すら買ってない。

    男女兼用の和式トイレは、正直、ドン引きです(笑)
    それでなくとも、女子は少数派なので、
    トイレくらいは、ちゃんと女子専用にしてほしいですよね。

    歴史がある競艇場だからかな?

    いや、そこはきちんと男女分けてほしいですよね。

    いつもいろいろ情報をありがとうございます!

    夏の疲れが出ませんように・・・

    月子

    • こまだこまこまだこま より:

      おひさしぶりです~月子さん!

      そうですよね、ナイターって時間の使い方が難しいんですよね~。
      昼間の中途半端な時間をどう過ごそうかとか、終わってから飲みに行こうにも時間遅いしな~、とか。
      まぁ大阪くらい都会だとなんとでもなるんですけど、桐生が毎回困ります(笑)

      記事にしようと思ってすっかり忘れてたんですが、わたし桐生のファンクラブに入ってるんですよ~。
      んで、ファンクラブの特典としてボートボーイを毎月送ってくれるんです!
      それだけですでに会費のもとが取れちゃうっていう。
      さらに入場券や指定席券もついてるので、なかなかお得だと思います、桐生のファンクラブ。
      ボートボーイのクーポン券も、使えたらお得ですよ~。
       
      トイレは男女兼用ってだけでもイヤなのに、和式じゃさらに行く気うせますよね(笑)
      室内の設備自体がかなり古い感じだったので、ほんと昔のままなんでしょうね~。
      逆に、中央招待席以外はすごくきれいでしたよ(笑)

      月子さんこそいつもコメントありがとうございます!
      ブログ更新って、めんどくさいなーーーーってなっちゃうときも多々あるので(笑)、コメントはほんと励みになります!

      これからも、自分の旅打ちの記録の為&旅打ちしたい人に役立つような記事が書けるようにがんばります!(^O^) 

タイトルとURLをコピーしました