秦英悟選手公認応援店!「ほろ酔い処よろず屋」に行ってみた

競艇選手が通うお店に行ってみた

今回たずねたお店は、京都の河原町にある居酒屋「ほろ酔い処よろず屋」さん。

「競艇選手が通うお店」っていうのとは違いますが、知る人ぞ知る?
とある界隈では有名な女将さんとお店だと思います(笑)

JLCの番組内でも、「秦英悟の大ファンの女将がいる」ということで話題にのぼったことがあったとか。

わたしはもともとTwitterで秦英悟ファンである女将さんの存在を知って、おもしろい人だな~と思ってフォローしていたんですが、あとでお店をされていることを知り「いつか行ってみよう」と思っていました。

 

今回はボートレースびわこで行われたヤングダービーを観戦するため、京都に宿をとっていたのでようやく初訪問。

なかなかに異彩を放つ?(笑)女将さんとお店だったので紹介したいと思います。

「ほろ酔い処よろず屋」へのアクセス

お店は、繁華街から少し離れた河原町通り沿いにあります。

最寄り駅は阪急京都線の京都河原町駅か、京阪本線の清水五条駅

京都河原町駅からは徒歩8分、清水五条駅からは徒歩6分です。

ほろ酔い処 よろず屋
〒600-8027 京都府京都市下京区難波町410−2 河原町エイトビルB1F

【営業時間】
19:00~翌3:00まで
不定休 SNS(Instagram・Twitter)でお知らせ

TEL:075-778-1299

お店のTwitterアカウント(@yorozuya0201)があるので、そちらから店休日などの確認をしてから行かれると確実だと思います。

秦英悟選手が優出しているときは、何曜日であっても店休だと思われますので注意してください(笑)

女将は秦英悟選手の応援団長!おひとり様歓迎の居酒屋

お店は繁華街から少し離れたところの、地下1階。

明るい看板が出ているのと、ドアに店名が大きく書かれているのでわかりやすいと思います。

  

地下への階段を下りていく前に目にとまったのが、ドアの横に貼られているこちら。

わたしは女将さんのキャラクターや風貌はTwitterで見て知っていましたが、なんにも知らない人がいきなりこれを見たらちょっとびっくりしそうですね(笑)

お店に入る前からパンチきいてます(笑)

  

そして9割以上がおひとり様のお客さんってのもびっくり。

料理やお酒はもちろんのこと、女将さんと話したくて来る人が多いってことですかね。

  

階段を下りて店内に入ると、予想していたよりも広くて、昔は喫茶店かなにかだったのかな?と思う内装。

カウンターが7~8席くらい?と、4人掛けのボックス席もありました。

  

ちょっと雑然とした感じの店内とカウンター。

そして開かれたパソコンの画面はもちろん競艇(笑)

この日は若松のGⅢオールレディースJALカップ、優勝戦をやってました。

  

わたしはもともと女将さんとTwitterでやりとりがあったので初対面って感じがあまりせず、席につくやいなや自己紹介もそこそこにボート談義。

ずっといろいろと話してしまい、注文をするのにずいぶん時間がかかってしまいました(笑)

  

女将さんは福島県のご出身ということで、福島の日本酒や、福島で日本酒やウイスキーを作っている笹の川酒造のチェリーウイスキーなんてのもおいてあります。

  

フードメニューも、定番のものから福島のおつまみなどいろいろ。

テーブルに置いてあるメニューのほかにも、「本日のおすすめ」がカウンター内の黒板に書いてありました。

  

ということで、わたしたちは「本日のおすすめ」からとりあえず、空芯菜炒め・徳島名物「イリカス」・ポテトサラダなどを注文。

フードはどれも一皿500円前後で、少しずついろいろ食べるにはほどよい量でした。

おひとり様のお客さんが多いということだったので、おひとり様仕様になってるんですかね。

料理はどれもおいしかったです!

徳島名物「イリカス」っていうのは初めて食べましたが、広島で食べた「せんじがら」に似てますね。
内臓系のおつまみに、そえられた柚子胡椒がすごく合う~。

  

油淋鶏もさっぱりとおいしかったです。

あとからよくよくメニューを見て気づいたんですが、ドリンク2杯とおつまみ3品がセットになった「よろず屋セット」(1,500円)てのがあったんですね。

これを最初に注文すればよかったのか~!

話に夢中になり過ぎて、気づきませんでした(笑)

   

ぐるりと店内をみわたすと、秦英悟選手のヘルメット、写真、サインなどなど。

  

「SG出たい!!」と書かれたサインは、プレゼント企画に応募して見事ゲットされたものだそうで。

応募要項の備考欄に、秦英悟選手への熱い想いや、なぜこの色紙が欲しいのか、などを長文でつづった結果、想いが通じて当選されたとのことです(笑)

やっぱ熱量がある人はスゴイですね!(笑)

  

そしてなんと、秦英悟選手は奥様と一緒にこちらのお店にいらしたこともあるとか!

えっ、てことは応援してる選手が自分の手料理を食べてしかもお金払ってくれたってことですよね!!?やばっ‼(←お店だから当たり前ですが……)

  

秦英悟選手のヘルメットには店名「よろず屋」も書かれているし、まさに「秦英悟選手公認応援店」

いろいろ話を聞いていると、「いや、それもう身内じゃん!!」って感じでした(笑)

選手とこんな関係を築けるってほんとにスゴイ……。

  

ボート歴2~3年のわたしたちからしたら、女将さんのするボート談義は知らないことだらけだし濃い話も多くて、すごくおもしろかったです。

一口にボートファンと言っても、こうしてお店を訪ねてブログ書いてる私自身も含めて、いろんな人がいていろんな楽しみ方があるんだなぁ~って改めて思いました。

   

     

秦英悟ファンの人もそうでない人も、ボート好きなら濃い話ができること間違いなしの楽しいお店「ほろ酔い処よろず屋」

繁華街をちょっと抜け出して、立ち寄ってみるとおもしろいかもしれません(^^)

ほろ酔い処 よろず屋
〒600-8027 京都府京都市下京区難波町410−2 河原町エイトビルB1F

 

【営業時間】
19:00~翌3:00まで
不定休 SNS(Instagram・Twitter)でお知らせ

TEL:075-778-1299

Twitter:@yorozuya0201

コメント

タイトルとURLをコピーしました