【旅打ち競艇@浜名湖】カジノホテルを思わせるきれいさと、広い水面が魅力の競艇場!

旅打ち競艇◎目指せ24場制覇
スポンサーリンク

「浜名湖競艇場は眺めがすごくよくてきれいで一番好きな場」ということを、とある競艇関係者の方から聞いていたので楽しみにしていた浜名湖競艇場。

実際に行ってみたら、施設自体も眺めもほんとにきれいで、すごく気持ちのいい場でした!

しかも今回のレースはヤングダービーということで、未来のSGレーサーがここに集まっているのかと思うと、通常のGⅠとは違ったわくわく感がありますね!!

カジノホテルのようにきれいな場内のようすと、有料席のロイヤルルーム・プレミアムエリアのようすもあわせてレポートしていきたいと思います!

スポンサーリンク

 お祭りムード一色のヤングダービーは特別な楽しさ!

f:id:komadakoma:20180925141323j:plain

30歳未満の若手レーサーを対象としたプレミアムGI、ヤングダービーを観戦するため浜名湖に行ってきました!

しかも今回は日曜の準優と月曜の優勝戦、二日つづけて観戦。

浜松は東京から近いからねっ!

優勝戦観てから帰っても余裕です。

今までもいくつかGIのレースを本場に足を運んで観ていますが、今回はなんだか雰囲気がいつもと違ってお祭りムード一色といった感じ!

「ヤングダービー」だからなのか、浜名湖競艇場の演出なのか、なんだか場内がちょっと浮足立っているような感じがするのは気のせい?

「ボートの時間」でおなじみの永島さんと、「ういちの一人舟」などでおなじみのパチスロライターういちさんもいました。

(準優で二人とも万舟当ててた!)

スポンサーリンク

浜名湖競艇場の水面特徴

いつものように、公式サイトから引用させていただきます。

ボートレース浜名湖 Official Site – 水面特性・進入コース別情報

コース別の成績を見ると、1コース1着率は全国平均よりやや低め。

そのぶんの勝率が2コースから5コースにふりわけられていて、いずれも1着率は全国平均を上回る。

特に、3コースと5コースの1着率が高い。

広い水面を生かした豪快なまくりの攻撃が決まっているものと考えられる。

コースが広いぶん、逆に6コースは遠くなり全国平均を下回っている。

決まり手は、ジカまくり、まくり、まくり差しがいずれも全国平均を上回っていて、なかでも特にまくり差しが多い。

奇数コースに攻めるタイプの選手がいるときは要注意。

風向きで傾向がはっきりと変わるのが、まくりとまくり差し。

通常、向かい風はダッシュがきいてまくりが決まりやすいと言われているが浜名湖は逆。

追い風のほうがまくりが決まりやすく、向かい風で強くなるのはまくり差し。

追い風で増えるまくりはセンターコースのもの。

向かい風では、インコースの1着率がやや下がる。

2コースと6コースのまくりは、向かい風で出現率が高いので注意。

スポンサーリンク

浜名湖競艇場の中のようす 

浜名湖競艇場の入り口

新居町駅から徒歩5分。

遠くから見るとなんだかカジノホテルを思わせるような外観で、いい意味で競艇場ぽくない雰囲気。

これは楽しみ!!

はりきって1階から順に探索していきます!

1階

f:id:komadakoma:20180926125617j:plain

コインロッカーは入り口付近など、1階に4ヶ所あります。

浜名湖競艇場の水面


データとしては知っていましたが、やっぱり水面が広くてきもちいい!!

でも1階スタンドからだと、びわこのようにレース場の向こうの水面まで見渡せる、という感じではないかな。

f:id:komadakoma:20180926130636j:plain
f:id:komadakoma:20180926130841j:plain

スタンドから1マークまでの距離はちょっと遠い…。

でもびわこが遠かったので、それよりは近いかな?

f:id:komadakoma:20180926130948j:plain

右側にあるボートの看板…新幹線から見えるやつですね。

浜名湖競艇場のスタンド

外にはベンチなどはなく、階段があるのみ。

午前中は日が当たって暑いですが、午後からはスタンド全体が日陰になったので、みんなここに腰かけてレースを観たり飲み食いしたりしてました。

意外と過ごしやすくていかも、この階段。

浜名湖競艇場1階投票所

中はとても清潔感があって、明るくて広くて気持ちがいい!

古くさくてちょっと薄暗いような某競艇場に比べると、同じ競艇場でこうも違うものかと……。(某競艇場は、それはそれでとても好きですが)

f:id:komadakoma:20180926132333j:plain

B級グルメの屋台がいくつか出てました!

これはさすがにグレードレースのときだけ出てる屋台ですかね?

もうこれだけでお祭り気分。

f:id:komadakoma:20180926132403j:plain

2マーク側にはテーブルセットがありました。

ここでのんびりビール飲みながらレース観戦ってのもいいなぁ~。

f:id:komadakoma:20180926144225j:plain

モスも入ってます。

メニューは限られたもののみ。

15時を過ぎると、50円安くなるみたいです。

f:id:komadakoma:20180926144526j:plain

レストラン「ピット・イン」はちょっと古い感じ。

初日のお昼はここで食べました。

1階の飲食スペースはこの他に、コンビニの「デイリー・ヤマザキ」があります。

f:id:komadakoma:20180926132825j:plain

車が展示してあったりペッパー君がいたり、VRでボートレース体験ができたり、とにかく「イベント感」がすごい!

浜名湖競艇場内のボルダリングスペース

でも一番イベント感があるものと言えばやっぱこれ?

f:id:komadakoma:20180926133516j:plain

わたしもこれやる気満々だったんですが、並んでいるのがこれくらいの小さい子供ばっかりだったので、なるほどそういうことなのか……と思い、大きいお姉さんは遠慮しときました。

それにしても、こんなの設置してる競艇場初めて見たー。

f:id:komadakoma:20180926133802j:plain

2マーク側にある「サンホール」では、アンガールズのトークショーをやっていて、かなり人が集まってました。

優勝戦がある最終日は、ここで出場選手のインタビューなどが行われます。

f:id:komadakoma:20180926153342j:plain

男性は入室禁止の、「女性子供室」

あんまり遊具とかはなさそうですが広々としてます。

f:id:komadakoma:20180926134054j:plain

浜名湖は、競艇初心者の人をどっぷり競艇にハマらせてやろう!!

という意欲が感じられていいですね。

f:id:komadakoma:20180926153801j:plain

「インフォメーション」の中で販売されているグッズの他に、特設のグッズ売り場が出展していましあ。

そのなかでも気になったのが、白いカゴに入ったポーチや、その横にあるバッグたち。

なんとこれらは、選手たちが実際に着ていた勝負服で作られたものだそうです!

すばらしいアイディア!

浜名湖競艇場で売られていた、選手の勝負服で作られたグッズ
浜名湖競艇場で売られていた、選手の勝負服で作られたグッズ

てことで、ターンマークのかわいい刺繍が入った小さなポーチを購入!(1500円)
裏はポケットになっていて、舟券などが入れられるようになっています。

ちなみに「全速まくり」のストラップは江戸川のガチャガチャでひいたもの。

児島競艇場で当たらなかったターンマークマグネットもガチャガチャでゲット!(200円)

このポーチをさげてるやつがいたらそれは高確率でわたしですので、見かけたら声をかけて、あなたの買い目を教えてください。

2階

浜名湖競艇場の2階スタンド

2階の一般席の新しい方のスタンド。

f:id:komadakoma:20180926141354j:plain

一般席をしばらくうろついていて気がつきました。

浜名湖は、予想紙をイスの背にかぶせて席取りをしている人がほとんどいない!!

他の競艇場ではたいていそれがされていて、座りにくいことこのうえないんですよね。

お客さんのマナーの良さに感動。

f:id:komadakoma:20180926141754j:plain

予想屋さんはみんな同じポロシャツを着ています。

びわこと同じく、ここの予想屋さんも大人しめ。声を張り上げている人はいませんでした。

桐生の予想屋さんは、なんであんなにうるさいんだろう。笑

かと言って、浜名湖みたいに静かでも、予想がちゃんと売れてるのか心配になるけど。

f:id:komadakoma:20180926142428j:plain

売店もすごくちゃんとしててきれい。

串カツ100円、おにぎり100円、どらやき120円、などなど。

競艇場定番?の巻き寿司やバラ散らしなども。

浜名湖競艇場の2階一般席

南スタンドはオレンジ色のシート。

ここでも席取りする人がいなくて快適。

f:id:komadakoma:20180926143305j:plain

まぁどこの競艇場でもそうなんですが、一番前の席だとテーブルとして使えるスペースがあるんで、指定席みたいでいいですよね。

しかも午後からは全席日陰になるので、日当たりの心配もありません。

モニターには2連単と3連単、両方のオッズが出ているのが助かります。

f:id:komadakoma:20180926143805j:plain

2階から1階を見下ろすと、デパートかホテルのようなつくりときれいさで、ほんとに競艇場じゃないみたい。

これなら家族連れも来やすいのかも。

2階南スタンド側「フラワーレストラン」

f:id:komadakoma:20180926152509j:plain

「フラワーレストラン」

ここではうな丼が1000円で食べられて、土用の丑の日は半額の500円になるらしいです。

通常メニューはこちら。(別の日にここで食べてみたので追記します)

日替わりランチは620円と、お手頃価格なのがうれしいですね。

店内はきれいで、けっこう混んでます。

天丼(620円)

エビ2匹と、ナス、カボチャ、というラインナップ。

エビが2匹もいるのは嬉しいんですけど、やっぱ中身のわりに衣がデカいのはご愛嬌、ってとこでしょうかね(笑)

まぁでもカラッと揚がっておいしかったです。

こちらは日替わりランチ(620円)

アジフライとエビフライにサバの煮つけ……ってなんでサイドメニューも魚⁉って感じですけど、これで620円なら安いか。

お得感のあるランチでした。

個人的には、このあとに紹介するレストラン「ピット・イン」よりこっちの方がちゃんとしてておいしいと思います。

「ピット・イン」はちょっとジャンクな感じ?

2階レストラン「ピット・イン」

f:id:komadakoma:20180926154835j:plain

カツカレー700円、ラーメン500円など。

やっぱり気になるのは220円の焼餃子

浜名湖競艇場2階レストラン「ピット・イン」

カウンター席がいくつかと、あとは大きなテーブルに相席になるスタイルです。

浜名湖競艇場2階レストラン「ピット・イン」の本日のおすすめカレー

わたしは「本日のおすすめ」のカレー。サラダもついて600円はお得。

ただルーは具がないタイプの、業務用!って感じの味。

まぁなんというか、ふつうです。

f:id:komadakoma:20180926155716j:plain

彼氏は焼きそば(320円)と餃子(220円)にビール(500円)

これで1000円しないってのはいいですね。

味は、見た目通りとのこと。

3階有料席

3階は有料席で、南スタンド席(全席前売り予約あり)と、ロイヤルルーム(一部前売り予約あり)があります。

ロイヤルルームのプレミアムエリアというところで観戦してみたレポートはこちら。

ロイヤルルーム、めちゃめちゃ最高です。

スポンサーリンク

水面の向こう側にある公園、ボートランドに行ってみた

浜名湖競艇場の敷地はとにかく広い。

1マーク側から水面の向こう側にかけての外側が、公園になってます。

でも日陰があんまりないので、夏場は長時間いるのには向いてないかも…。

浜名湖競艇場の公園ボートランド
f:id:komadakoma:20180927023223j:plain
浜名湖競艇場のボートランドから見たレース水面

1マーク側からのこんな眺めも!

ここから見ると、バックストレッチの広さがほんとによくわかるー!

これは握り放題ですね。

スポンサーリンク

人生初の推しメンが誕生、関浩哉選手!

f:id:komadakoma:20180927030734j:plain

今まで彼のレースを生で観たことがなかったものの、前からちょっと気になってはいた関浩哉選手。

準優勝戦で走る姿を観たら、なぜかわかりませんがものすごく好きになってしまい、見事人生初の推しメンが浜名湖にて誕生しました。

準優で関浩哉選手は1着、そして優勝候補の仲谷颯仁選手がまさかの敗退により、優勝戦では関浩哉選手が1号艇に。

そして見事、トップスタート02を決めて優勝!!

浜名湖競艇場で2018年に行われたヤングダービーの優勝者インタビューに答える関浩哉選手

なんすかこのかわいい生き物は……。

関浩哉選手の優勝が生で観れてほんとよかった!!

優勝おめでとうございまーーーーす!!!

スポンサーリンク

浜名湖競艇場へのアクセス

【電車】

東海道本線 新居町駅北口から地下通路を通って徒歩5分

【無料送迎バス】

本場開催日のみの運行

浜松駅バスターミナル17番からは、

9:30、9:40、9:45発の3本が運行。

その他、いろんなとこからバスが出てます。

【車】

<東名高速道路を利用する場合>
浜松西IC(県道65号線)⇒坪井町交差点:右折(国道1号線)⇒新居弁天交差点:左折後すぐに左折⇒ボートレース場 約30分

<新東名高速道路を利用する場合>
浜松浜北IC(県道152号線)⇒米津交差点:右折(国道1号線)⇒新居弁天交差点:左折後すぐに左折⇒ボートレース場 約50分

詳しくはこちら↓

ボートレース浜名湖 Official Site – アクセス案内

コメント

タイトルとURLをコピーしました