リゾートバイトは1週間からでもOK。求人数は「リゾバ.com」が最多でおすすめ

リゾートバイト
スポンサーリンク

リゾートバイトというと、だいたい1ヶ月~3ヶ月くらいの求人が主です。

でもリゾートバイト未経験の人のなかには、「いきなり知らない土地で1ヶ月以上働くのはちょっとハードルが高い…」と感じている人も多いと思います。

また、日程的に1ヶ月とか無理…って人もいるでしょう。

  

そんな人におすすめなのが1週間前後の勤務。

数は少ないながらも求人はあって、派遣会社を通して探すならリゾバ.com が断トツで1週間以内の勤務の求人数が多いです。

交通費を出してもらって観光地に行けて、気分的にもリフレッシュできるのでリゾバ初心者さんにもおすすめ。

まずは1週間だけお試しで行ってみて、リゾバという働き方が自分に合っているかやってみる、っていうのもいいと思います。

 

というわけで本記事では、

・リゾバの1週間勤務にはどんな仕事があるか
・1週間でどれくらい稼げるか
・リゾバで1週間勤務の求人の探し方
・求人を探すときの注意点

についてまとめました。

1週間勤務の求人が多い派遣会社>>リゾバ.com
スポンサーリンク

1週間だけ働くリゾバ、仕事を選ぶときのポイントは?

1週間だけ働くリゾバの仕事は、通常のリゾバと変わらずいろいろな求人があります。

求人の数自体はそう多くないものの、仲居・レストランホール・フロント・調理補助・スキー場など職種は多岐にわたるので、自分に合った仕事が見つかるはず。

ただその中でも、仕事を選ぶときのポイントがあるのでおさえておきましょう。

経験者は優遇される。経験アリの仕事を選ぼう

1週間という超短期の募集だと、雇う側からすればできるだけ「即戦力」である方がありがたいもの。

なので、経験者が優先的に採用されたり優遇されることが多いです。

募集には「未経験可」と一応書いてあったり、自分がその仕事を未経験でもやってみたい職種というのは見つかるかと思いますが、1週間だけの勤務ならなるべく経験のある職種を選んだ方がいいでしょう。そのほうが採用されやすくなります。

働くこちら側としても全くの未経験の仕事だと、やっと仕事に慣れてきた頃に雇用期間が終わる…ということになってしまうので、なるべくなら経験のある仕事を選びましょう。

近場の勤務地を選ぼう

リゾートバイトでは通常、一定の条件を満たすと自宅から勤務地までの交通費が支給されます。

ただ、あまりに自宅から勤務地が遠すぎる場合、1週間程度の勤務では交通費が支給されないか、もしくは採用を断られてしまう場合があります。

雇う側からすると、遠方から来た1週間しかいない人のために往復の交通費は出せませんもんね。

なるべく自宅から近い勤務地を選びましょう。

また、「交通費支給」と書いてあるところでも全額ではなかったりするので、事前に確認が必要です。

寮費・光熱費・食費が無料のところを選ぼう

1週間という短い勤務でお金を貯めようと思うと、生活費を抑えることが肝心。

となると、寮費・光熱費・食費が無料(まかない付き)の職場が一番です。

1週間の勤務だとおそらく休日は1日で、さほど観光にもお金を使わないでしょうし、生活費が無料だと手取りのほとんどを貯金にまわせます。

どうせなら効率よくお金を貯めちゃいましょう。

リゾバの1週間の求人は相部屋での募集も多いので注意

1週間という短期だと、求人の約半分くらいは相部屋にになってきます。

やっぱり個室は長期で働いてくれる人のためにとっておこう、ということなんですかね。

1週間くらいなら相部屋でも大丈夫でしょ?ってことでもあるかもしれません(笑)

  

1週間だと他のスタッフと仲良くなる時間があまりないんですが、部屋が同じだと一気に距離は縮まるので、それはそれでいいこともあります。

ただ相部屋だと、寮の部屋の設備などがどんな感じなのかは個室以上に気になるところなので、派遣会社の人にしっかり確認しておきましょう。

早めに応募しよう

1週間前後の求人はそもそも絶対数が少ないので、人気の職場からうまっていってしまいます。

なので、なるべく早い時期から求人を見て比較検討、そして早めの応募をおすすめします。

1週間勤務の求人が多い派遣会社>>リゾバ.com
スポンサーリンク

1週間のリゾバで稼げるのはだいたい5~6万円前後

リゾバ.comでの1週間以上勤務の求人の大半は時給1000円以上となっているので、ここでは時給1000円で、1日8時間6日間働いた(週休1日)として計算してみます。

・時給1000円×8時間×6日間=48000円

これはあくまで残業がない場合の給料です。

1週間程度で募集を受け付けているところはだいたい繁忙期で忙しく、残業になることも多いです。

ということで、6日間のうち仮に3日間、1時間の残業をした場合

・1250円(残業代は時給の1.25倍)×3日間=3750円
・48000+3750円=51750円

となります。

 

1週間(7日間)の雇用の場合、労働基準法により最低でも1日は休まなければいけないので、6日間勤務したとして計算しました。

残業の有無で給料はけっこう変わってきますが、6日間勤務の場合の給料はだいたい5万円~6万円前後です。

また、1週間の雇用だと社会保険を引かれることがないし、その他寮費や光熱費、食費が無料の職場を選べば、この金額がそのまま手取りということになります。

スポンサーリンク

リゾートバイトで1週間だけ働く場合の注意点まとめ

ということで、リゾバで1週間だけ働く場合のポイントや注意点をまとめました。

・経験のある仕事を選ぼう
・自宅から近い勤務地を選ぼう
・寮費・光熱費・食費が無料の求人を選ぼう

・相部屋の求人も多いので、寮の設備は事前にしっかり確認しよう
・早めに応募しよう

ということでした。

1週間の雇用だとおそらく休日は1日だけなので、観光したとしてもそんなにお金を使うこともないし、スタッフと飲んだりしてお金を使ってしまう…なんてこともないと思います。

お金に関しての一番大きなポイントは、寮費・光熱費・食費が無料の求人を選ぶこと。

1週間という短い滞在期間だからこそ、かかるお金は最低限に減らして効率よくお金を貯めたいですね。

スポンサーリンク

リゾートバイトに1週間だけ行くならリゾバ.com

リゾバで1週間という求人は、そもそも数があまり多くありません。

1ヶ月以上~といったものが大半です。

そんななかでも、大手派遣会社のリゾバ.com 1週間前後の求人数が最も多いのでおすすめ。

他の派遣会社は1週間の求人がない、もしくは2ケタくらいしかないのに比べて、リゾバ.comは常時3ケタの求人数があって探しやすいです。

そしてリゾバというと若い人が行くイメージですが、リゾバ.com では40代や50代歓迎の仕事も多く幅広い年齢に対応しているし、職種もさまざまなので仕事選びには困りません。

  

また、「こだわり検索」という検索機能も便利です。

リゾバ.comの「こだわり検索」

「友達やカップルでの応募」「通しシフト」などいろんな条件で検索できて、希望の条件が探しやすいんですよね。

きっとあなたにあった仕事が見つかりますよ。

 

 

その他の大手派派遣会社については、【2019】リゾートバイト派遣会社ランキング【TOP5】あなたに合った派遣会社はどれ?の記事でそれぞれの会社の特徴を比較しています。

ぜひ参考にしてみてください。

比較している会社は以下の5社です(求人数順)

スポンサーリンク
リゾートバイト
スポンサーリンク
こまだこまをフォローする
スポンサーリンク
こまだこまのロバの耳ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました