リゾートバイトのナイトワーク体験談。実際の給料や1日の過ごし方はどんな感じ?

リゾバのナイトワーク体験談リゾートバイト
スポンサーリンク

まず、ナイトワークってなに?という人のために。

ナイトワークとは、ガールズバー、キャバクラ、スナックなど、いわゆる水商売のお仕事の総称です。

リゾートバイトでナイトワークの求人というのはけっこうあって、その多くが沖縄や北海道などの離島、または温泉地だったり、なにげに魅力的な土地が多いです。

でもナイトワークというと時給が高い反面、「なんかちょっとコワい…」と不安に思う人もいるんじゃないでしょうか。

 

わたしは、静岡と宮古島の2か所でリゾバのナイトワークをしたことがあるので、この記事では

  • わたしのリゾバ・ナイトワーク体験談
  • リゾバのナイトワークのメリット・デメリット
  • リゾバのナイトワークの求人の探し方

についてまとめてみました。

わたしの体験からいうと、リゾバのナイトワークは遊びながら稼げるのでほんとにおすすめ。

わたしが10年若ければまた行きたい!と思うほどです(現在アラフォー)

 

宮古島のナイトワーク体験談については以下の記事に詳しく書いているので、よかったらこちらも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

わたしの初めてのナイトワーク体験は28歳のとき、静岡のリゾバ

それまでわたしは、リゾートバイトでペンションや旅館で働いたことはあったものの、「ナイトワーク」、いわゆる水商売は未経験でした。

外見に自信があるわけでもないので、そういうところで働こうという発想自体がなかったんですよね。

  

でも、「リゾバで何かおもしろい求人ないかな~」と探していたところ、目に飛び込んできたのが「ナイトワーク」というジャンルでした。

そして当時わたしは28歳

初めて水商売をするには遅い年齢ですが、基本的にわたしは「やったことないことはやってみたい」というタイプなので、「30歳になる前に行っとくか!」という軽いノリで応募してみることにしました。

 

わたしが選んだのは東京から近い静岡で、その求人は2週間から働けるということだったので、まずは2週間で応募。

無理、自分には向いてないと思ったら2週間で帰ろう。最悪2週間ならどうにかがんばれるだろう……

と思い勇気を出して行ってみると意外にもこれが楽しくて、しかもお金もめちゃくちゃ貯まる…

ってことで、結果トータル2年間もそこで働いてしまいました(笑)

そのときにできた貯金は、今現在もすごく役に立っています。

スポンサーリンク

リゾバのナイトワークの求人は主に3つ

リゾバのナイトワークの求人は、ガールズバー、キャバクラ、スナック(ラウンジ)のだいたい3種類にわけられます。

どこも基本的にはお客さんのお酒をつくりながら楽しくお話やカラオケをして、自分もお酒を飲む、というお仕事です。

勤務時間・時給・服装、お店の雰囲気などがそれぞれ違ってくるので、自分に合った職場を選びましょう。

ガールズバー

  • 時給は低め
  • カウンターを挟んで接客するので、お客さんと一定の距離を保って接客できる
  • 服装は制服だったり、自由なところも多い
  • 風営法に当たらないので、営業時間(勤務時間)が長くて意外に稼げる
  • 18歳~20代前半の女の子が多い

   

💡お客さんと一定の距離が保てる反面、常に向かい合って話をするのは逆に疲れる、という場合も。

キャバクラやスナックより営業時間が長いので、時給は低くても案外稼げます。

キャバクラ

  • 最も時給が高い
  • 指名料がつくので、がんばり次第で稼げる
  • 服装はドレス。髪型など、外見には最も気を使う
  • お客さんの隣に座るので、たまに触られたりすることも
  • 18~30代まで、女の子の年齢はわりと幅広い 

  

💡服装や髪形をがんばらなきゃいけないのがめんどくさいです(笑)でも指名料やドリンクバックなどでがんばれば給料はどんどんアップするので、やりがいはアリ。

スナック

  • 時給はガールズバーと同じくらいか、ちょっと高め
  • ガールズバーと同じく風営法に当たらないので、お店によっては深夜営業することも
  • 服装はキャバクラに比べるとカジュアル
  • お客さんの隣に座るので、たまに触られたりすることも
  • 「ママ」がいて、雰囲気は和気あいあいとしたアットホームな感じ
  • 20~40代まで、女の子の年齢は最も幅広い

  

💡常連さんが多くこじんまりとアットホームな雰囲気で、ゆるい感じで働けます。30代後半でも働けるのは魅力。

ちなみに、わたしが働いたのは「ガールズバー」と「ラウンジ」

「ラウンジ」って何???って感じですが、わたしが働いたお店は「キャバクラ」と「スナック」の間、って感じでした。     

リゾバのナイトワークは勤務地やお店によっても給料がかなり違ってくるので、適当に決めずにいろんな条件をじっくり比較したうえで決めましょう!

  

普通の求人サイトにも募集はあるし、派遣会社のサイトにもナイトワークの募集はあります。

初めての人は派遣会社を通した方が安心だと思うので、そういう人には以下の2社がおすすめです。

参考:リゾートバイト派遣会社TOP5社の特徴を比較。あなたに合った派遣会社はどれ?

スポンサーリンク

リゾバのナイトワークは稼げる?わたしの実例を紹介

宮古島ではわりとよくウミガメも見れます

お店の営業時間や時給、システムによってはかなり稼げます!

時給が高くても営業時間が短いと思ったほど貯まらないこともあるし、営業時間の長いガールズバーは、キャバクラやスナックより時給が低くても結果的には稼げる、ということもあります。

   

ドリンクバックや指名料などがつけば、自分のがんばり次第によって給料もアップするので、やりがいがあってわたしは好きでした。

ふつうの仕事だと、時給に+αってないですもんね。

寮費は無料のところも多いし、仲良くなったお客さんにご飯をごちそうになったり観光案内をしてもらったりと、給料以外のところで得することもかなり多いです(笑)

  

わたしの例でいうと、時給はいいけど勤務時間が短かかった宮古島のラウンジより、勤務時間が長くてドリンクバックがつきやすいシステムだった静岡のガールズバーの方がすごく稼げました。

比べてみると、

【静岡のガールズバー】

  • 時給1500円×9時間(20時~5時まで)+ドリンクバック2000円(1杯につき200円×10)=15500円
  • 15500×25日(週休1日)=387500円  

【宮古島のラウンジ】

  • 時給1800円×5時間(20時~1時まで)+2000円(ドリンクバックや指名料など)=11000円
  • 11000円×25日(週休1日)=275000円

 

1日の給料にはバラつきがありますが、だいたいこんな感じでした。

普通の職場を考えると、かなり効率よく稼げます。

接客が苦でなくてお酒も多少飲めるなら、 こんなに楽しくてお金が貯まるリゾバの求人というのも他にないので、個人的にはかなりおすすめ!

もっと若いうちからやりたかったなぁ、と思います(笑)

スポンサーリンク

リゾバのナイトワークはどんな女の子が働いてる?

リゾバのナイトワークは、短期や長期で本当にいろんなタイプの女の子がたくさん働いています。

20代の子がもちろん多いですが、30代前半の人(わたし)もちらほらいました。

いかにもキャバ嬢っていう感じの子もいるし、なんであなたはこの仕事をしようと思ったの?っていうような感じの子もいるし(おそらくわたしもそのタイプ)、年齢もキャラクターもほんとにいろいろ。

 

そんななか全体の傾向としてなんとなく感じたのは、意外(?)にも仕事ができる子が多い!ということ。

リゾバ慣れしているのか、ナイトワーク慣れしているのか、20代前半でも仕事ができる子が多いなぁという印象でした。

でももちろんリゾバ初心者や、わたしのようなナイトワーク初心者もけっこういて、そのへんはあまり気負わず、慣れればできるようになるので大丈夫でした。

遊ぶだけじゃなくて稼ぎたい!稼いだら○○をしたい!という目的意識を持っている人も多かったし、そのためにどうするか?というのをちゃんと考えて真面目に仕事している人が多かったような気がします。

リゾバで、しかもナイトワークというとなんとなくゆるい印象を持っていたので、そこはちょっと意外な感じでした。

 

女の子同士も、毎日一緒に働いて同じ寮に帰っていると、すぐに打ち解けます。

寮に帰ってから「あのお客さんかっこよかった」とか「あの客最低」とか、共通の話題があるのでわりとすぐに仲良くなれる気がします(笑)

わたしは28歳でのナイトワークデビューだったので、若い子たちの中に入ってやっていけるか不安だったんですが、基本的にはみんな和気あいあいとしてるし、リゾバが初めて・ナイトワークが初めてとか、年齢とか関係なく仲良くなれる感じでした。

客の奪い合いみたいなギスギスすることもほとんどないし、そのへんはかなり平和。

 

たまにみんなからちょっと嫌われてしまうタイプの子もいますが、そういう人ってどこにでもいますよね(笑)

ナイトワークだからと言ってどうこうということはなく、普通の職場と同じような感覚でした。

スポンサーリンク

リゾバのナイトワーク、ドレスや衣装はレンタルできる?

服装や髪形ってどうするの?って思いますよね。

わたしが働いていたガールズバーでは制服が支給されいてて、宮古島のラウンジでは無料でレンタルできるドレスが寮にたくさん置いてありました。

正直、制服が一番楽でいいんですけどね。

髪形については自分でアレンジしたり、女の子同士でやってあげたりしてました。

 

ドレスに関しては、リゾバで求人を出しているようなところはある程度お店側が用意してるんじゃないかなぁと思います。

ただわたしが働いていたお店にあったドレスはどれも古臭いものばかりだったので、ほとんどの女の子は自前の衣装を用意してました。

わたしも最初はお金をかけたくなかったのでお店のドレスを着ていたんですが、だんだん飽きてくるし、やっぱりかわいい衣装が着たくて何着かネットで購入(笑)

行く前はお店の雰囲気にあった衣装がわからないと思うので、事前に他の女の子の写真を見せてもらったり、どんな服を着ればいいのか具体的に聞いておくといいと思います。

スポンサーリンク

リゾバのナイトワーク、寮はどんな感じ?

快適なリゾバライフを送るには、寮もかなり重要なポイントです。

これはお店によっていろいろと違うと思いますが、わたしが実際に働いた静岡と宮古島の例を紹介します。

静岡のガールズバーの寮は、ボロい一軒家で共同生活 or アパートで完全個室

わたしが働いていた静岡のガールズバーの寮は、2タイプ。

ボロい一軒家で他の女の子たちと共同生活をするなら寮費タダ、アパートで完全個室なら寮費は月に2万円、という条件でした。

とにかく貯金を増やしたかったわたしは、ボロい一軒家で共同生活を選択。

キッチンやお風呂は共同で、あとはそれぞれの部屋で生活していました。

  

かなり築年数のいった古~~~い一軒家だったので、地震でちょっとの揺れがものすごい揺れに感じられて、そのたびに「東海地震かっ!!?」とビビりまくっていたのも今ではいい思い出です。。。

宮古島のラウンジの寮は、アパートまるまる一棟貸し切り

宮古島のラウンジの寮は、アパートまるまる一棟がリゾバスタッフ専用でした。

1階部分に共有スペースとなる広いリビングとキッチン、3台の乾燥機付き洗濯機があって、2階から上はそれぞれがワンルームの個室で生活。

寮費は月に1万円でした。

部屋は完全個室でありながら、共有スペースで他の女の子たちと話したり映画を観たりもできるのがよかったです。

そして寮の目の前はきれいな海、夜は屋上にあがれば満点の星空が見えて、言うことなしの寮でした。

寮の環境については事前にしっかり確認しよう!

寮の環境はお店によってさまざまです。

個室か?Wi-Fiはあるか?築年数は?近くにコンビニやスーパーはあるか?

などなど、事前にしっかり確認しておきましょう。

スポンサーリンク

リゾバのナイトワーク、一日の過ごし方はどんな感じ?

働くお店の営業時間によって変わってきますが、わたしが働いたガールズバーとラウンジではこんな感じでした。

静岡のガールズバー編

徒歩圏内に温泉旅館がたくさんある場所だったので、気軽に日帰り入浴できました

ガールズバーは風営法に当たらないので、営業時間は20時~翌5時までと長め。

なので、完全に昼夜逆転生活になって起きるのはお昼過ぎ、という生活でした。

交通の便もさほどいいところではなかったので、そんな中途半端な時間に起きても気軽にでかけられる場所は近所のスーパーや商店街くらい。

部屋で映画を観たり、読書をしたりすることが多かったです。

ただ1つよかったのは、温泉街だったのであちこちの旅館の日帰り温泉に歩いて行けたことですかね。

   

休みは週に1日しかなかったので、今思い出すとよくやってたなーと思いますが、若さですね(笑)

接客という仕事と、お金が貯まるのが楽しくて苦になりませんでした。

  

休みの日は仲良くなった女の子たちと出かけたり、お客さんに観光案内してもらったり。

それから、行こうと思えば東京にも気軽に行ける距離だっていうのも心理的には気楽でよかったです。

長時間勤務+ドリンクバックでかなり稼げたので、むしろ節約してがっつり貯金しました。

宮古島のラウンジ編

ラウンジは営業時間が20時~1時までと短め。

勤務時間が短くて元気がありあまってるため、営業終了後にお客さんや女の子たちと、たまに一人でも飲みに行くことが多かったです(笑)

うっかり朝まで飲んだりしてしまった場合は別ですが、仕事を終えて普通に帰ってすぐに寝れば、翌日はふつうに午前中に起きて、日中はめいっぱい遊べます。

  

女の子たちと海やドライブ、釣りやゴルフを楽しんだりと観光ざんまい。

毎朝「今日は何しよう?」と思えることが楽しかったです。

あまりにも時間があるので、スキューバダイビングの免許をとったり三線を買って練習してみたり、初めてゴルフに挑戦してみたりといろいろやりました。(宮古島はゴルフの打ちっぱなしやコースに出る値段が安い!)

 

給料に対して遊ぶ時間やアクティビティが多すぎる(笑)ので、ストイックに稼ぐ!貯金!というよりは、稼ぎながら楽しく遊ぶ、という感じでした。

スポンサーリンク

リゾバのナイトワークのメリット

個人的にはほとんどメリットしかない、と思うので、思いつくかぎりあげてみます。

  • だいたい1ヶ月働けば往復交通費が出る
  • 稼げる
  • 毎日日中は観光できる
  • お店には常連客が多く、安心して働ける
  • スタッフの女の子たちとは客のとりあいとかもなく仲良く働ける
  • 30代過ぎでも働いている人は意外といる
  • 地元の人や観光客との出会いがたくさんある
  • 地元じゃないので身バレの心配がない

ってとこでしょうか。

   

交通費を出してもらって観光地に行けて、しかも日中は観光しながら貯金もできる、ってすごくないですか

ほんとに、もっと若いときからやればよかった!と思うので、まだ迷ってるあなたはぜひ行ってください(笑)

スポンサーリンク

リゾバのナイトワーク、たった1つのデメリット

リゾバのナイトワークの唯一のデメリットと言えば、求人は離島などの田舎が多いので、都心部のお店に比べると給料は低い、ということでしょうか。

とは言え離島のリゾバ求人のなかではナイトワークが最も高時給だし、お客さんにいろいろとよくしてもらったりと、給料以外のところで得をすることもほんとに多いです。

    

お店の時給や営業時間、ドリンクバックや指名料があるかどうかでも給料はかなり変わってくるので、給料体系については事前にしっかりチェックしましょう。

スポンサーリンク

リゾバのナイトワークの求人の探し方

リゾバのナイトワークの求人を探すには2つの方法があります。

  1. 求人サイトで探す
  2. 派遣会社のサイトで探す

わたしは1回目は求人サイトで探して直接雇用で働きました。

でもそのときは職場に問題が多く本当にうんざりしたので(それでも2年間働けたのは、仕事自体は楽しかったから&お金が貯まるから 笑)、2 回目は派遣会社を通して求人を探しました。

 

派遣会社を通して求人を探すメリットは

  1. 給料のことや寮のことなど、聞きづらいことも事前に詳しく聞ける
  2. 職場でなにか問題があった場合、担当スタッフに相談できる
  3. 寮費や食費が無料の求人もある
  4. 各派遣会社の特典が受けられる

などなどたくさんあります。

スポンサーリンク

リゾバのナイトワーク、面接は電話・写真・Skype・メールで

わたしが初めて応募した静岡のガールズバーは、派遣会社を通さず普通の求人サイトから応募したので、直接ママと電話やメールでのやり取りで面接をしました。

写真は、顔写真と全身の写真を撮って送信。

わたしは特別美人というわけではないし、年齢もいっちゃってたんで(笑)受かるか不安だったんですが、なんとか大丈夫でした。

  

この面接のときに、疑問や不安に思うことはいろいろと聞いておきましょう!

  • 働く期間とお休みについて(延長は可能か?など)
  • 時給とドリンクバック、指名料などのシステムについて
  • 寮は個室か?Wi-Fiはあるか?
  • 寮の近くにコンビニやスーパーなどはあるか?

などなど。

  

わたしが働いた静岡のお店はオープンして間もなかったということもあり、女の子のフォローができていなかったり、いろいろとシステムがおかしいところがあったりと、嫌なところが多々ありました。

ということでリゾバナイトワーク2回目となる宮古島のときは、派遣会社を通して求人を探すことに。

  

派遣会社を通せば聞きづらいことも事前に細かく聞けるし、あとで何か問題があっても担当スタッフに相談できるので安心感が違います。

まずは派遣会社に登録して、担当スタッフにこちらの希望条件を伝えるか、その前に良さそうな求人が見つかれば応募。

そして電話かSkypeで面接、という流れです。

 

ナイトワークの求人がある派遣会社は以下の2つです。

リゾバ.comのほうがナイトワークの求人数は多いですが、登録する前に両方を比較することをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

わたしの静岡・宮古島でのリゾバのナイトワーク体験談(実際の給料や一日の過ごし方)と、リゾバのナイトワークのメリット・デメリット、求人の見つけ方などについて書きました。

 

個人的にはリゾバのナイトワークは出会いがたくさん(男女問わず)あって楽しいし、お金も貯まるし、めちゃめちゃおすすめです。 

ナイトワークやリゾバが初めてだから不安……という人は、わたしのように最初は最短の契約期間の2週間で働いてみて、できそうだったら延長する、というふうにすると気持ち的には楽かも。

   

でもだいたい往復の交通費は1ヶ月以上働かないと出ない(2週間だと片道)ので、最初からがんばって1ヶ月やってみる!ってのもいいですね。

2週間ってほんとわりとあっという間なんで。(昼間がっつり遊べるから、なおさらあっという間……)

それに、長く働けばそれだけ自分のお客さんもできるし、そうなると指名料やドリンクバックで稼げるようになりますよ~。

参考:リゾートバイト派遣会社TOP5社の特徴を比較。あなたに合った派遣会社はどれ?

スポンサーリンク
リゾートバイト
スポンサーリンク
こまだこまをフォローする
スポンサーリンク
こまだこまのロバの耳ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました